コーン・フェリー、Forbes「米国のリクルーティング企業ランキング」で2年連続1位に

リクルーター、転職者、企業人事等5万人が選んだ信頼の置けるリクルーティング企業調査

グローバルな組織コンサルティングファームのコーン・フェリー(NYSE:KFY|コーン・フェリー・ジャパン 東京都千代田区 日本共同代表:滝波純一、五十嵐正樹)は、米Forbes社の実施する「米国のリクルーティング企業ランキング2020(America’s Best Recruiting Firms 2020)」のエグゼクティブサーチのカテゴリーで2年連続1位になったことを発表します。



Forbesは2016年から独マーケットリサーチ企業のStatistaと提携し、アメリカで最も優れたリクルーティング企業の年間ランキングを発表しています。本ランキングは2つのカテゴリーから構成されます。
1. 年収10万ドル以上の管理職ポジションが対象のエグゼクティブサーチ企業
2. 年収10万ドル未満のプロフェッショナルポジションが対象のプロフェッショナルサーチ企業

全米のリクルーター、転職者、企業の人事管理職、約5万人に対してオンライン調査を実施し、回答者が関りを持ったリクルーティング企業(自社を除く)を最大10社まで推薦する形でランキングを作成しました。

コーン・フェリーは今年度のランキングで、「1. 年収10万ドル以上のポジションが対象のエグゼクティブサーチ企業」カテゴリーで2年連続となる1位を獲得。「2. 年収10万ドル未満のポジションが対象のプロフェッショナルサーチ企業」カテゴリーでも2位にランクされました。

全ランキングはこちらでご覧いただけます(英語)。
https://www.forbes.com/best-executive-recruiting-firms/#22d042dd29be

ランキングの算出方法はこちらでご覧いただけます(英語)。
https://www.statista.com/page/forbes-best-recruiting-firms-2020

現在、アメリカではコロナ禍の影響により多くの企業が人員削減や雇用凍結に踏み込んでおり、採用を検討している企業にとって採用業務は失敗の許されない切迫な問題となっています。求める人材要件に合致する候補者のリストアップや採用プロセスにおける助言など、企業にとって採用業務のパートナーとなるリクルーティング企業の重要性が一層増しています。

日本共同代表でエグゼクティブサーチ部門の責任者を務める五十嵐正樹のコメント:
「コーン・フェリーの仕事がクライアントと候補者の両者から評価された点を大変うれしく思います。コロナ禍によりエグゼクティブサーチの実行の仕方は根底から変化しました。デジタルツールの活用が効率的なコミュニケーションを可能にし、これまでは物理的に困難だった海外にいる候補者へのアクセスやアセスメント実施が容易になりました。これにより、国籍やロケーションにこだわらず、世界規模で人材採用の究極の目的である質の高いマッチングを実現することが可能になりました。コロナ後の世界においても、サーチビジネスの進化は止まることはないでしょう」


コーン・フェリーについて
コーン・フェリーは、グローバルな組織コンサルティングファームです。クライアントの組織設計、適材適所を支援し、社員の処遇・育成・動機付けといった課題についてもコンサルテーションを提供します。さらに、専門性を高めることによる人材のキャリアアップを支援します。

メディアの方からの本件についてのお問い合わせ先:
コーン・フェリー・ジャパン株式会社 マーケティング 松田清史
Tel: 070 3193 6371/E-mail: Kiyofumi.Matsuda@KornFerry.com
  1. プレスリリース >
  2. コーン・フェリー・ジャパン >
  3. コーン・フェリー、Forbes「米国のリクルーティング企業ランキング」で2年連続1位に