CHEQ Japan は、2022年7月25日(月)~2020年7月27日(水)に日本で開催される「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2022」に出展いたします

海外に比べて、日本ではまだまだデジタル広告やウェブサイトの不正トラフィック(IVT)に対し、摘発事例が多くありません。そのため、ITに詳しい悪意を持ったユーザは、摘発されにくい日本のデジタル市場をターゲットに詐欺行為を拡大しています。不正トラフィック(IVT)がビジネスにどのような影響を与えるのか、そして、不正トラフィック(IVT)に対する防御策などを2022年7月25日(月)~2020年7月27日(水)に日本で開催される「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2022」にてご紹介をさせて頂きます。

自社のデジタル環境がどれくらい脅威に晒されているか、会場内 の1F CHEQ Japanブース(ブース番号: 311)にて無料で診断させていただきます。

弊社ブースにお越しいただきました先着100名の方にささやかなプレゼントをご用意しています。
ぜひお立ち寄りください。

【ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミットについて】
ガートナーは来る7月25~27日に、ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2022​( https://gartner.com/jp/jsi )を開催します。本サミットでは、セキュリティ戦略の再編、セキュリティ文化の醸成、リスク・オーナーシップの委譲、新たなセキュリティ・アーキテクチャの確立といったさまざまな視点から、最高情報セキュリティ責任者(CISO)およびセキュリティ・リーダーに向けた実践的な提言を行います。 

CHEQ LogoCHEQ Logo


【CHEQ Paradome について】
CHEQ Paradome は、Yahoo、Twitter、Google、Facebook、Instagram、Baidu、Bing、LinkedIn、Snapchat、Pinterest、Yandexなどの複数のプラットフォームで不正なクリックをブロックする世界初のソリューションです。 大手企業を中心とする日本国内の多くのユーザーがこのソリューションを導入し、不正クリックを防止しています。

【CHEQ について】
CHEQ は、Go-to-Market 部門のために開発されたセキュリティスイートです。世界中で1万2千社以上のお客様にご利用されており、ボットや偽ユーザーからファネルや、Web サイト、データ分析を保護しています。数々の受賞歴に輝くサイバーセキュリティテクノロジーにより、ペイドマーケティングからコンバージョン施策、データ分析に至るまで、不正トラフィックによる影響からファネル全体を保護します。

【その他お役立ち情報】
製品概要 CHEQ Paradome:https://cheq.ai/ja/platform-overview/
CHEQ Blog:https://cheq.ai/ja/blog/
無料診断をご希望の方はこちら:https://cheq.ai/ja/demo/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CHEQ JAPAN >
  3. CHEQ Japan は、2022年7月25日(月)~2020年7月27日(水)に日本で開催される「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2022」に出展いたします