8 月の預かり資産が 1,618 億円を突破し過去 2 年間で最大 2019 年度決算では預かり資産国内 No.1 に

ビットコイン取引量国内 No.1(注1)の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社 bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:三根 公博、以下「当社」)は、2020 年 8 月時点で預かり資産 1,618 億円(注2)を突破し、過去 2 年間で最大となっていることをお知らせします。また暗号資産取引所各社 2019 年度決算資料において、当社は預かり資産国内 No.1(注3)となりました。

当社の預かり資産はビットコイン価格とともに推移し、2019 年 12 月から今年にかけてリップル(XRP)、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、ネムと複数の新規通貨取扱いを開始してきたことで増加しました。

当社はビットコイン取引量において、2016 年から 4 年連続で国内 No.1(注4)を維持しておりますが、預かり資産においても国内 No.1 の暗号資産取引所です。これは当社に対する信頼の賜物と考えております。今後もより多くのお客様に暗号資産の魅力に触れていただき、安心・安全の暗号資産取引をご提供できるよう、さらなるサービスの充実に努めてまいります。

【株式会社 bitFlyer について】
当社は、「ブロックチェーンで世界を簡単に。」をミッションに、2014 年に設立されました。現在、ビットコイン等の暗号資産取引プラットフォームにおいて、世界最高水準のセキュリティ(注5)を提供し、ビットコイン取引量国内 No.1 を維持しています。そして日米欧の 3  地域において暗号資産交換業を運営する認可を受けた世界で唯一(注6)の暗号資産取引所です。
サービスサイト:https://bitflyer.com

(注1)Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019 年 1 月- 12 月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
(注2)預かり資産とは、法定通貨および暗号資産(法定通貨評価額)を合計したもの。2020 年 8 月末日時点。
(注3)当社調べ。一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)会員各社の 2019 年度決算資料を比較。
(注4)Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年- 2019 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
(注5)Sqreen 社調べ。2018 年 1 月発表、世界140 の暗号資産取引所の中で当社がセキュリティ No.1 の評価を獲得。 
(注6)当社調べ。2020 年 10 月時点。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社bitFlyer >
  3. 8 月の預かり資産が 1,618 億円を突破し過去 2 年間で最大 2019 年度決算では預かり資産国内 No.1 に