プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

マンションリサーチ株式会社
会社概要

坪単価成長率で見る!東京都23区中古マンションの資産性の絶対的「強さ」と「地域差」

~中古マンション流通レポート 2021年8月vol2~

マンションリサーチ株式会社

コロナ禍でも継続している、中古マンション価格の高騰。とくに東京都23区の高騰率は顕著であり、都心部の中古マンションの資産性の強さを改めて認識させられる状況です。

マンションナビを運営するマンションリサーチ㈱は、2016年~2021年現在までの東京都23区の中古マンションの成約坪単価推移を調査いたしました。

投資用中古マンション※・実需中古マンション※の価格を区ごとの成約坪単価とその増減率から、23区中古マンションの資産性の強さと地域差を検証します。
<<本記事詳細>> https://t23m-navi.jp/magazine/news/tokyo23ku-growth-rate/

※投資用中古マンション:所有者は住んでおらず、賃貸する事で賃料収入を得る為のマンション
※実需中古マンション:所有者が実際に住む為のマンション

【調査対象およびデータにおける注意点】
■調査対象は東京都23区の投資用および実需(居住用)の中古マンション
■築年数ごとの価格のばらつきを少なくするため取引件数が最も多い「2001年以降築」の中古マンションに限定
■不動産価格の一部は推測値とする
まずは、「投資用」中古マンションの価格推移を見ていきます。
  • 2016年~2021年の「平均成約坪単価」と「前年比増減率」

「マンションリサーチ株式会社調べ」
上記表は、2016年以降の投資用マンションの「平均成約坪単価」および「前年比増減率」です。
マイナス成長を示す赤字も見られますが、その値は小さく、ほとんどがプラス成長であることがわかります

「坪単価」と「成長率」の相関が強い

 

 

「マンションリサーチ株式会社調べ」
上記は、「2021年現在の平均坪単価(青の棒グラフ・左目盛)」と2016年~2021年現在の「平均坪単価増減率(オレンジの折れ線グラフ・右目盛)」を示しています。

上記から読み取れるのは、まず23区すべてがプラスの成長率となっていること。しかし、地域差は非常に大きいことがわかります。

最も成長率が小さい墨田区では、約5年間で「+6.8%(年平均+1.32%)」ですが、最も高い千代田区では「+45.2%(年平均+7.75%)」と大幅な成長です。

千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区を含む「都心5区」はいずれも「+20%」を超えており、23区の中でも高い資産性と成長率となっています。

「2021年現在の坪単価」と「年間平均坪単価成長率」は非常に強い相関性を示しており、高単価の区ほど過去5年間の成長率が大きかったようです。
  • 東京都23区「実需(居住用)」中古マンションの坪単価推移
続いては、「実需」(=自己居住用)中古マンションの坪単価推移を見ていきます。
過去5年間の「平均成約坪単価」と「前年比増減率」

「マンションリサーチ株式会社調べ」
上記表は、2016年以降の実需マンションの「平均成約坪単価」および「前年比増減率」です。
投資用マンション同様、ほとんどの区・年がプラス成長となっています。

多くの区が過去約5年間で「+20%」を超える成長率

「マンションリサーチ株式会社調べ」
投資用マンション同様、東京都23区すべてで2016年~2021年現在の坪単価成長率がプラスになっており、資産性の高さを示しています。

ただ投資用マンションと比較すると、「2021年現在の坪単価」と「2016年以降の平均坪単価成長率」にそこまでの相関は見られません。全体的に「+20%以上」と高い成長率となっている区が多く、必ずしも坪単価が高いエリアが成長率も高いというわけではないようです。

23区の中では比較的、坪単価の低い北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区でも高い成長率が見られています。

とはいえ、千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区を擁する都心5区の強さは投資用マンションと同様。資産性の高さとともに高い成長率を誇っています。
  • 総括:東京都23区の中でも「都心5区」の資産性の強さが顕著に
投資用および実需の中古マンション、いずれも東京都23区すべての区で2016年から2021年までの坪単価成長率はプラスとなりました。

投資用マンションは「坪単価」と2016年からの「坪単価増減率」の相関性が非常に強く、坪単価が高いエリアほど成長率も高い傾向にあります。

一方で、実需のマンションは、半数以上の区で「+20%以上(年平均+3.7%)」と大幅な成長となっているようです。

そして、投資用、実需、いずれも高い坪単価と成長率を誇っているのは、やはり千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区の都心5区。東京23区すべての区で中古マンションの坪単価が上昇しており、資産性の強さが見られるものの、地域差は大きく、投資用マンションではその傾向がより顕著に出ています。

東京都23区内でも、坪単価と過去5年間の増減率には大きな差がありました。また、マンションが投資用なのか居住用なのかによっても坪単価増減率は異なります。

【マンションリサーチ株式会社サービスURL】
■不動産売却一括査定サービス『マンションナビ』
https://t23m-navi.jp/
 
■不動産データクラウド
https://fudosan-data.jp/

■分譲マンションデータ販売
https://mansionresearch.co.jp/s/data_sale

【マンションリサーチ株式会社について】
マンションリサーチ株式会社では、 不動産売却一括査定サイトを運営しており、 2011年創業以来「日本全国の中古マンションをほぼ網羅した14万棟のマンションデータ」「9000万件以上の不動産売出事例データ」及び「不動産売却を志向するユーザー属性の分析データ」の収集してまいりました。 当社ではこれらのデータを基に集客支援・業務効率化支援及び不動産関連データ販売等を行っております。

会社名  : マンションリサーチ株式会社
所在地  : 東京都千代田区九段北1丁目2番11号 エイム東京九段ビル3階
設立年月日: 2011年4月
資本金  : 1億円
Web    : https://mansionresearch.co.jp/ 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://t23m-navi.jp/magazine/news/tokyo23ku-growth-rate/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

マンションリサーチ株式会社

12フォロワー

RSS
URL
https://mansionresearch.co.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都千代田区神田美土代町5−2 第2日成ビル 5階
電話番号
03-5577-2041
代表者名
山田 力
上場
未上場
資本金
1億円
設立
2011年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード