FullDepth × 新江ノ島水族館 ~79年ぶりの原記載地での再発見~ 相模湾産 「コトクラゲ」 展示開始

昭和天皇がご採集されて以来初、江の島沖の水中ドローン調査で採集

株式会社FullDepthは、新江ノ島水族館との深海探査共同プロジェクトで非常に珍しい「コトクラゲ」の採集に成功し、8月5日(水)より新江ノ島水族館にて展示を開始しました。

江の島沖水深130 mで発見したコトクラゲ江の島沖水深130 mで発見したコトクラゲ

「コトクラゲ」は有櫛動物(ゆうしつどうぶつ)、クシクラゲの仲間です。1941年に昭和天皇が江の島沖水深70mの底生生物調査にてご採集され、翌年の1942年に京都大学の駒井卓博士によってLyrocteis imperatorisと命名、新種記載されました。
その後、2005年に鹿児島県野間岬沖で67年ぶりに採集されるまで、記録がありませんでした。近年になって沖縄県恩納村沖、駿河湾などから採集記録がありますが、相模湾ではいまだ記録がなく、79年ぶりの原記載地(新種記載時の生物採集場所)での採集と思われます。

採集した「コトクラゲ」展示個体は2020年7月30日に、江の島沖水深130 mの岩礁域で当社の水中ドローン「DiveUnit300」を用いた調査で発見・採集されました。今回の成果は、昨年度より開始した新江ノ島水族館(所在地:神奈川県藤沢市、館長:竹嶋徹夫)との深海探査共同プロジェクトの一環でもあります。
採集例が極めて少ないコトクラゲの原記載地での再発見は、学術的にも価値があります。
調査が不十分な相模湾の100 m以深の岩礁域における水中ドローン調査が、相模湾の生物相を知るうえで、有用でありまた必要であることを改めて示すものでもあります。
 
「コトクラゲ」の相模湾周辺での主な採集記録
1896年 相模湾 沖ノ瀬 初記録
1941年 相模湾 江の島沖 昭和天皇がご採集
2013年 伊豆大島南方沖 大室ダシ
2014年 駿河湾 雲見崎沖、波勝崎沖
2020年 相模湾 江の島沖 今回、原記載地での再発見

 

コトクラゲ  学名 Lyrocteis imperatoris
有櫛動物門 有触手綱 クシヒラムシ目
沖縄から相模湾まで分布しますが、採集記録は極めて少ないことで知られます。有櫛動物はクシクラゲ類とも呼ばれます。クラゲと名が付きますが、ミズクラゲなどが分類される刺胞動物ではありません。黄色やオレンジ、赤い水玉模様など、様々な体色のものがいて、海底の岩やヤギ類に付着し、細長い触手を伸ばしてプランクトンなどを捕食します。

■本調査で使用した産業用水中ドローン「DiveUnit300」
株式会社FullDepth (FullDepth Co., Ltd.)
代表者: 代表取締役社長 CEO 伊藤 昌平
設立:    2014年6月4日
住所:    東京都台東区蔵前三丁目10番8号 ブルックライズ東京 3F
URL:   https://fulldepth.co.jp/
事業概要:   産業用水中ドローン等の企画、開発、製造および販売

​産業用水中ドローン「DiveUnit300」







本調査研究は、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の支援を受けて実施しています。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FullDepth >
  3. FullDepth × 新江ノ島水族館 ~79年ぶりの原記載地での再発見~ 相模湾産 「コトクラゲ」 展示開始