アリーナでファーストクラスのおもてなし!?Bリーグ初!座席までデリバリー「ダイニー」導入

試合観戦に集中できる!アリーナグルメやグッズの購入が席で完了!

株式会社GWC(代表取締役社長:山野勝行)が運営するプロバスケットボールチーム「アースフレンズ東京Z」では、2019年3月30日(土)より、株式会社dinii (代表取締役社長:山田真央)と提携し、店舗向けモバイルオーダー・プラットフォーム「ダイニー」を導入。アリーナグルメをめぐる行列の解消による待ち時間の削減の実証実験を開始いたします。

 


導入背景
アースフレンズ東京Zは、Bリーグホーム戦通算入場者数10万人を突破!入場者数も年々増加しています。アースフレンズ東京Zのホームゲームでは地元蒲田で人気のバルやそこでしか手に入らないオリジナル選手パン、チームグッズなどが立ち並んでおり、大盛況を見せております。



その一方で、コンコースが狭いため、グルメやグッズの待機列が発生し、待ち時間が生じてしまっています。また、基本的には店舗での決済は現金のやり取りとなるため、支払いの際に小銭を探す手間、お釣りを渡す手間が発生し、課題となっています。こういった原因から、行列による待ち時間が億劫で、アリーナ内での購買を見送るお客様も少なくありません。そこで「ダイニー」を導入。3月30日、31日アリーナグルメをめぐる行列の解消による待ち時間の削減の実証実験を開始いたします。
 

 

Bリーグ初!座席までデリバリー
お客様は「ダイニー for アースフレンズ東京Z」上から商品を事前に注文・決済することができます。注文した商品は、待ち時間なしでテイクアウトすることができるとともに、1階席やコート周り席のお客様は座席まで商品をデリバリーしてもらうことが可能です。座席まで物品をオンデマンドでデリバリーするサービスは、Bリーグにおいて初導入となります。


常にコートから目が離せないバスケットボールの試合において、お客様の座席まで飲食物やグッズをお持ちするデリバリーは、顧客体験を大きく向上させると考えています。

 

最高のエンターテイメントを目指して
アースフレンズ東京Zとdiniiは、試合会場を盛り上げるエンタメ要素として、今後様々なコンテンツをプラットフォーム上に乗せて参ります。コンテンツをどんどん高めていくとともに、試合会場全体のエンターテイメント性を全面に押し出して、他にはないアースフレンズ東京Zならではのアリーナを作っていく所存です


店舗向けモバイルオーダー・プラットフォーム「ダイニー」とは
「ダイニー」は、行列を効率的に捌きたい飲食店やオペレーションを楽にしたい小売店に対して、お店のブランドを全面に押し出したモバイルオーダーサイト・アプリが作れるサービスです。店舗スタッフは、洗練された店舗オペレーションにより、難しい機器の操作をすることなく、簡単にオペレーションを回すことが可能です。
ユーザーは、各店舗から商品を事前決済することで、待たずに商品を受け取ることが可能です。長時間かけて待機列に並ぶ負担や現地でのお金のやり取りなども必要なく、スマートな購買体験を味わうことができます。

 

◆アースフレンズ東京Z
B.LEAGUE B2・中地区所属。ホームアリーナの大田区総合体育館がある大田区を中心に、世田谷区・品川区・目黒区などの城南エリアで活動する男子プロバスケットボールチーム。結成当初から「日本代表が世界で勝利することに貢献する」「世界に通用する日本人選手を輩出する」ことをミッションに掲げ、地域やファンと一つになり、夢や希望を与える熱い戦いを繰り広げています。
【URL】https://eftokyo-z.jp

 
◆株式会社 dinii
店舗向けモバイルオーダー・プラットフォーム「ダイニー」の開発・運営。来るべき日本のキャッシュレス化に向けて、小売業界・スポーツ業界へのモバイルオーダーの導入は必要不可欠。小売業界・スポーツ業界の実際と、IT技術導入の「ギャップ」を橋渡しするために、「現場の声」・「手ざわり感」を最優先してプロダクトを開発しています。
【URL】:https://about.dinii.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アースフレンズ東京Z >
  3. アリーナでファーストクラスのおもてなし!?Bリーグ初!座席までデリバリー「ダイニー」導入