【中高生のメタバース利用の実態】メタバース利用頻度、約半数が「週1以上」と回答利用内容は「ゲーム」が64.4%で最多

〜55.4%から「仕事」や「教育」の分野で浸透してほしい」との声〜

 イベントプロデュース事業を行う株式会社グローバルプロデュースのグループである株式会社グローバルメタバース(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:光畑真樹)は、メタバース利用経験がある中学・高校生101名に対し、中高生のメタバース経験に関する実態調査を実施いたしました。
  • 調査サマリー

 
  • 調査概要
調査概要:中高生のメタバース経験に関する実態調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年10月17日〜同年10月19日
有効回答:メタバース利用経験がある中学・高校生101名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

≪利用条件≫
1 情報の出典元として「株式会社グローバルメタバース」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。
URL:https://www.global-produce.jp/
 
  • メタバースの利用頻度、約半数が「週1以上」そのうち約2割が「毎日」
 「Q1.どの程度の頻度でメタバースを利用していますか。」(n=101)と質問したところ、「毎日」が17.9%、「週に数回程度」が15.8%、「週に1回程度」が15.8%という回答となりました。

Q1.どの程度の頻度でメタバースを利用していますか。Q1.どの程度の頻度でメタバースを利用していますか。

・毎日:17.9%
・週に数回程度:15.8%
・週に1回程度:15.8%

・月に数回程度:12.9%
・月に1回程度:8.9%
・年に数回程度:10.9%
・年に1回程度:5.9%
・年に1回程度未満:11.9%
 
  • 利用内容は「ゲーム」が64.4%で最多、続いて「ライブやイベント」が39.6%
 「Q2.主に利用しているメタバースの内容を教えてください。(複数回答)」(n=101)と質問したところ、「ゲーム」が64.4%、「ライブやイベント」が39.6%、「ショッピング」が31.7%という回答となりました。

Q2.主に利用しているメタバースの内容を教えてください。(複数回答)Q2.主に利用しているメタバースの内容を教えてください。(複数回答)

・ゲーム:64.4%
・ライブやイベント:39.6%
・ショッピング:31.7%

・クリエイティブ:22.8%
・投資:16.8%
・会議・共同作業:13.9%
・その他:4.0%
 ー17歳:撮影
 
  • メタバースの面白さ、約半数が「空間の中で思いのまま過ごすことができる」「リアルの自分とは違う自分になれる」と回答
 「Q3.メタバースを利用して感じる面白さや特徴を教えてください。(複数回答)」(n=101)と質問したところ、「遊び方に決まりはなく、空間の中で思いのまま過ごすことができる」が47.5%、「リアルの自分とは違う自分になれる」が45.5%、「年齢・性別・人種など関係なく様々な人たちと交流できる」が33.7%、「リアルではできない体験ができる」が33.7%という回答となりました。

Q3.メタバースを利用して感じる面白さや特徴を教えてください。(複数回答)Q3.メタバースを利用して感じる面白さや特徴を教えてください。(複数回答)

・遊び方に決まりはなく、空間の中で思いのまま過ごすことができる:47.5%
・リアルの自分とは違う自分になれる:45.5%
・年齢・性別・人種など関係なく様々な人たちと交流できる:33.7%

・リアルではできない体験ができる:33.7%
・ゲームをしながらお金を稼ぐことができる:27.7%
・自分たちでワールドを作ったり、発展させたりできる:26.7%
・世界中のイベントに参加することができる:26.7%
・没入感がある:18.8%
・その他:1.0%
・特にない:5.9%
 
  • 他にも「世界中の様々な人たちと出会える」や「使い方がとても簡単」などの声も
 Q3で「特にない」以外を回答した方に、「Q4.Q3で回答した以外に、メタバースを利用して感じる面白さや特徴があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=95)と質問したところ、「世界中の様々な人たちと出会える」や「使い方がとても簡単」など63の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・18歳:世界中の様々な人たちと出会える。
・18歳:使い方がとても簡単。
・13歳:色んなワールドがある。
・18歳:家から出ることなく、他の人と交流できる面白さ。
・17歳:性別にとらわれずに自己評価ができること。
・16歳:非日常感を味わえること。
・15歳:本当に存在しているように感じる。
・18歳:アバターが可愛い。
 
  • 今後、約6割が「仕事」、約5割が「教育」や「ゲーム」分野でメタバースの浸透を希望
 「Q5.今後、どのような分野でメタバースが浸透してほしいと思いますか。当てはまるものがあれば教えてください。(複数回答)」(n=101)と質問したところ、「仕事」が55.4%、「教育」が54.5%、「ゲーム」が54.5%という回答となりました。

Q5.今後、どのような分野でメタバースが浸透してほしいと思いますか。当てはまるものがあれば教えてください。(複数回答)Q5.今後、どのような分野でメタバースが浸透してほしいと思いますか。当てはまるものがあれば教えてください。(複数回答)

・仕事:55.4%
・教育:54.5%
・ゲーム:54.5%

・音楽:46.5%
・イベント:40.6%
・デート:19.8%
・投資:14.9%
・その他:1.0%
・特にない:4.0%
・わからない/答えられない:5.0%
 
  • 「仕事」を選ぶ理由として、76.8%が「通勤が不要になるため」メタバースの浸透を期待
 Q5で「仕事」と回答した方に、「Q6.その理由を教えてください。(複数回答)」(n=56)と質問したところ、「通勤が不要になるため」が76.8%、「新しい仕事が生まれるため」が53.6%、「居住地に関係なく働くことができるため」が51.8%という回答となりました。

Q6.その理由を教えてください。(複数回答)Q6.その理由を教えてください。(複数回答)

・通勤が不要になるため:76.8%
・新しい仕事が生まれるため:53.6%
・居住地に関係なく働くことができるため:51.8%

・自由に商品を売ることができるため:42.9%
・コミュニケーションが活性化するため:35.7%
・アイデアが生まれやすくなるため:35.7%
・身なりに気を配る必要がないため:32.1%
・その他:1.8%
・特にない:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%
 
  • 「教育」を選ぶ理由として、60.0%が「ゲーム感覚で学ぶことができるため」メタバースの浸透を期待
 Q5で「教育」と回答した方に、「Q7.その理由を教えてください。(複数回答)」(n=55)と質問したところ、「ゲーム感覚で学ぶことができるため」が60.0%、「登下校中の事件や事故がなくなるため」が56.4%、「他者に対する心理的抵抗がなくなるため」が56.4%という回答となりました。

Q7.その理由を教えてください。(複数回答)Q7.その理由を教えてください。(複数回答)

・ゲーム感覚で学ぶことができるため:60.0%
・登下校中の事件や事故がなくなるため:56.4%
・他者に対する心理的抵抗がなくなるため:56.4%

・没入感があり、集中して授業を受けられるため:49.1%
・他言語と触れ合う機会が増えるため:43.6%
・いじめがなくなる可能性があるため:38.2%
・その他:1.8%
・特にない:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%
 
  • メタバースの面白い使い方として、「メタバース結婚式」や「物理シュミレート」「選挙」などの案多数
 「Q8.メタバースの面白い使い方があれば、教えてください。(自由回答)」(n=101)と質問したところ、「メタバース結婚式」や「物理シミュレート」「選挙」など64の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・16歳:メタバース結婚式。
・16歳:物理シミュレート。
・18歳:選挙。
・18歳:メタバースを用いたオンライン授業。
・18歳:お料理教室。
・18歳:旅行。
 
  • まとめ
 今回は、メタバース利用経験がある中学・高校生101名に対し、中高生のメタバース経験に関する実態調査を実施しました。

 中高生のメタバースの利用頻度を伺うと、約半数が「週1以上」でそのうち約2割が「毎日」と回答しており、利用用途の6割以上が「ゲーム」であることが判明しました。

 そこで、メタバースの面白さを伺うと、約半数が「空間の中で思いのまま過ごすことができる」や「リアルの自分とは違う自分になれる」と感じられる点を挙げており、他にも「世界中の様々な人たちと出会える」という魅力や「使い方がとても簡単」などの声もありました。

 今後のメタバース活用分野として、約6割が「仕事」で最多、次いで約5割が「教育」や「ゲーム」の分野でメタバースの浸透を期待していることが分かりました。それぞれ理由を伺うと、仕事で活用されることで「通勤が不要になる」という点に魅力を感じており、教育においては「ゲーム感覚で学ぶことができる」という点がメリットだという声が多数挙がりました。

 まだまだ発展途上であると考えられる「メタバース」技術ですが、中高生のアイディアとして「結婚式」や「選挙」にも使えるのではないかという案もありました。新たな技術の活用には柔軟な発想が求められ、アイディア次第ではその活用方法が主流となることもありえます。多くの企業が参入を検討する「メタバース」の世界で、画期的な新サービスの登場を待つ中高生も多いようです。
 
  • 会社概要
企業名  :株式会社グローバルメタバース
代表者  :代表取締役社長 光畑真樹
本社所在地:東京都渋谷区神宮前1-15-5
事業内容 :メタバースイベントの開催、メタバースプラットフォームの企画など




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルプロデュース >
  3. 【中高生のメタバース利用の実態】メタバース利用頻度、約半数が「週1以上」と回答利用内容は「ゲーム」が64.4%で最多