オフショア開発が進化する。LIGがエンジニア不足を解決する新しいソリューション「BiTT(ビット)開発」の提供を開始!

「Build Team Together」LIGと一緒にチームをつくりませんか?

株式会社LIG(本社:東京都台東区、代表取締役:吉原豪、以下 LIG)が、日本とフィリピンの二軸で開発のお手伝いをする「BiTT(ビット)開発」の提供を開始しました。従来のオフショア開発やLABO型開発とは違い、課題分析、要件定義、デザインから開発・保守運用まで一貫してサポートいたします。


日本ではエンジニア不足が叫ばれ、技術不足、リソース不足、コストの高騰など、サービス開発にあたりさまざまな問題を抱える企業さんも少なくないと思います。

そんなお悩みを解決できる新しいソリューションを、LIGが開発いたしました。その名もBiTT(ビット)開発。


■BiTT(ビット)開発とは?

「Build Team Together」略してBiTT開発。

BiTT開発とは、クライアントとLIGがチームとなり、開発を進める手法です。受託形式ではなく、日本とフィリピン、両拠点にいるLIG社員がみなさんと一緒のチームに加わって進めていきます。

オフショア開発やLABO型開発との違い
BiTT開発はオフショア開発(≒海外を活用した開発スタイルの総称)の一種にあたります。BiTT開発に近いものとしては、エンジニアをチーム単位&人月単位で貸し出す「LABO型開発」が挙げられますが……
 

この図のとおり、フィリピンにいるエンジニア社員だけでなく日本にいるLIG社員もプロジェクトへ参画することで、要件定義やデザインまで一貫してサポートさせていただくのがBiTT開発なんです。


■BiTT(ビット)開発が解決できること
①リソース不足を解決します
日本は労働人口の減少とともに、さらにIT人材が不足していくことが予想されます。採用もどんどん難しくなっていくはずです。一方フィリピンの人口推移予想は右肩上がりで、20年後には1.4億人を越えるといわれています。さらに働き盛りの20代が人口の半数を占めており、30〜40代も含めると80%にも上ります。

LIGはフィリピンに拠点を構えており、すでに日本拠点を超える約100名のメンバーが働いています。フィリピンでは幼少期より英語教育が徹底されているため、エンジニア全員が流暢な英語を話すことができます。また大半が大学ないしは専門学校を卒業している優秀な技術者です。

②コストを抑えることができます


日本での自社採用の2分の1、SESや受託開発の4分の1ほどに費用を抑えることができます。またこちらの費用の中には年次ボーナス、管理費、オフィス代、販管費などの費用も含まれています。

③LIGクオリティをお約束します

日本で13年に渡りWeb開発を行ってきた実績があるLIG。現在Web開発に携わるメンバーが60名います。ありがたいことに国内外からデザイン力や技術力の評価をいただき、これまでに30以上ものWebデザインアワードを受賞しています。

そんな弊社は2015年からフィリピン・セブ島で自社の開発拠点をつくりました。2拠点での開発について4年間培ってきたノウハウもあります。またセブには現地採用したエンジニアだけでなく、日本人のディレクターも働いているため、コミュニケーションも取りやすい環境にあります。

日本本社とセブ支社でのコミュニケーションは日常的に英語で行われています。もしも貴社の担当の方が英語力に自信がなかったとしてもご安心を。弊社のメンバーがお手伝いをさせていただきます。


■開発スタイルは?

LIGのプロジェクトマネージャー、ディレクターが貴社に適宜伺い(場合により常駐)、要件定義・仕様策定などを行い、セブの開発チームと連携しながらプロジェクトを進めます。

日本側(LIG)がやること

  • ヒアリング
    課題の抽出・要件定義、プランニング
  • デザイン/設計
    仕様書作成・デザイン作成
  • プロジェクト管理
    フィリピンへのタスク管理・スケジュール管理

フィリピン側でやること

  • 採用と管理
    採用業務一式・人事評価・労務管理・チームビルディング・季催事
  • プロジェクト開始前
    貴社の商品、プロジェクト研修・オフィス、開発環境の準備・スキルチェック、研修
  • プロジェクト開始後
    開発業務・保守運用業務・タスクマネージメント

■LIGにお任せください!

高い人件費に地代家賃。日本国内だけで採用をして、国内のオフィスに集めて開発することに合理性がなくなってきています。今後の10年を考えると、日本のIT人材の枯渇は間違いなく加速するでしょう。

これからは東南アジアなどの優秀な人材を活用できる企業が必ず有利になります。とはいえ今から海外進出しようとしても、日本と異なる法務、労務、税務をおこない、オフィス探しに採用もして、マネジメントや文化の違いに四苦八苦……。すぐ軌道に乗せるのは難しいかもしれません(しっかりワークするには2〜3年かかるといわれています)。

だからこそ4年の実績があるLIGと一緒に、貴社のためのBiTT開発チームをつくりませんか?

現在、BiTT開発へのお問い合わせを絶賛受付中です。

お問い合わせはこちらから!
https://liginc.co.jp/contact/creating


【本リリースに関する報道・メディア関係者からのお問い合わせ先】
Tel:0570-015-030(代表)
Mail:contact@liginc.co.jp

【会社概要】
会社名:株式会社LIG(英: LIG inc.)
代表者:代表取締役 吉原 豪
設立:2007年6月 
所在地:〒111-0056 東京都台東区小島2-20-11 LIGビル 1F
主な事業内容:
・Webサイト制作事業(企画/マーケティング/ブランディング/デザイン/システム開発)
・自社メディア運用事業
・コンテンツ制作事業
・アート事業(壁画制作/絵画販売)
・地方創生事業「おもしろ!JAPAN」
・シェアオフィス・コワーキングスペース「いいオフィス by LIG」運営
・Webクリエイタースクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」運営
・ゲストハウス「LAMP」運営
・アウトドアスクール「サンデープラニング」運営
・英会話スクール「MeRISE英会話 上野校 by LIG」運営
https://liginc.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LIG >
  3. オフショア開発が進化する。LIGがエンジニア不足を解決する新しいソリューション「BiTT(ビット)開発」の提供を開始!