【宿泊施設に”気づき”と”キズナ”を】加盟施設向けイベント『宿研キズナサミット2018』開催報告

宿屋の収益最大化に向けた研究成果発表などを実施。38社46名の宿泊施設従事者が参加。

宿泊施設専門の集客パートナー、株式会社宿泊予約経営研究所(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:末吉秀典)は、2018年11月28日(水)、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル(横浜市)にて、加盟施設向けイベント『宿研キズナサミット2018』を開催いたしました。
  • 宿研キズナサミットとは
2012年より毎年開催している、全国のご加盟施設様向けイベントです。
(開催告知チラシはこちら:https://prtimes.jp/a/?f=d19164-20181205-6778.pdf
毎年様々なテーマでセミナーやワークショップを行い、様々な角度から”気づき”を提供しています。
懇親会では、普段出会う事のない全国の宿泊施設経営者さま同士が交流し、”キズナ”を深めます。

宿研キズナサミット2018宿研キズナサミット2018

  • 今年は宿研スタッフによる成果発表を開催
今年は当社スタッフが主役となり、宿泊予約経営『研究所』として、日ごろの成果を発表する事で、参加施設の方々へ”気づき”を提供しました。

【宿研キズナサミット2018 開催概要】

①基調講演:株式会社チャックスファミリー 代表取締役 安孫子 薫 氏
「ディズニーランドの『おもてなし』の仕組み」 ~お客様満足と従業員満足~

②特別企画:当社スタッフ
「宿屋の収益最大化に向けた研究成果発表」
・売上アップを目指せる宿になるために ~ライバル宿との差別化~
・単価アップの実現 ~価値の認識と発信~
・キャンセル率の改善
・ブランディングによる売上を上げる取り組み
・AIは宿泊業界も壊すのか 本当は怖いAIの話
・信州最南端の辺境の宿がいかにして選ばれる宿となったか

当社スタッフ登壇の様子当社スタッフ登壇の様子


③懇親会

懇親会の様子懇親会の様子

  • 宿屋の収益最大化に向けて
当イベントには38社46名の宿泊施設従事者の方々にご参加いただき、大盛況に終わりました。

基調講演では、東京ディズニーリゾートが考える『おもてなし』について紐解き、宿のお客様と従業員、両方の満足を上げるための”気づき”を得ました。

特別企画では、当社の事例を元に「収益の最大化」のためのノウハウを提供し、今後の取り組みの参考としていただきました。
また、当社による「宿の予約に関するAI開発」の発表も行われ、今後のサービス拡充への期待が高まりました。

パートナー施設同士、そしてパートナー施設と当社スタッフの”キズナ”を深める場である懇親会では、全国津々浦々の施設経営者同士の交流も盛んに行われ、施設同士の”キズナ”も結ぶ事ができました。

参加者アンケートでは、
「事例を出しての説明はとても理解しやすかった」
「宿研の社員さんが熱意を持って研究されていることが分かり、今後相談する際も安心をもてる。」
というお声をいただきました。

会場の様子会場の様子

 後日、当社公式FB(https://www.facebook.com/yadoken/)にて、主催者及び発表者コメントを掲載予定です。
  • 株式会社宿泊予約経営研究所について

株式会社宿泊予約経営研究所( https://www.yadoken.net )2004年9月に宿泊施設専門のWEB集客パートナーとして設立。宿泊予約サイトを始めとしたWEB集客媒体を活用し、旅館やホテルといった宿泊施設の収益最大化に貢献しております。
サービス内容としては、宿泊予約サイトの活用全般、集客コンサルディング、HP制作など。旅行者の視点でWEB集客のトータルサポートを行っており、2018年3月時点での累計契約実績は4,600軒を突破。2018年1月には宿泊施設の経営・運営を行う(株)良地良宿を設立するなど、今後もサービスの拡充に取り組んでいきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 宿研(やどけん) >
  3. 【宿泊施設に”気づき”と”キズナ”を】加盟施設向けイベント『宿研キズナサミット2018』開催報告