建設現場のテレワーク化、「遠隔臨場」のシステム、期間限定で無償提供を開始

 オフィス業務のテレワーク化が進んでおりますが、建設業界でも現場の作業の部分をリモート化するというニーズが高まっており、オフィスの外の現場でもICTを活用、DX(デジタルトランスフォーメーション)が求められつつあります。この機に国土交通省が議論のベースになる「令和2年度における遠隔臨場の試行について」を策定しました。これによれば、遠隔臨場(えんかくりんじょう)とは“ウェアラブルカメラ等による映像と音声の双方向通信を使用して「段階確認」、「材料確認」と「立会」を行うもの”と定義されており、対象となる工事や撮影に関する仕様が提示されています。今、建設業界や地方公共団体で「遠隔臨場」の試行が熱く語られ、”建設現場のテレワーク化が具体的に議論されつつあります。

 当社、株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長:鎌田信夫、以下ソリトン)は、国土交通省が策定した「令和2年度における遠隔臨場の試行について」に全て準拠した映像配信方式をサービス、商品として既に有しており、この度、そのソフト版を期間限定で無償提供することを決定しました。

 当社が提供する「Zao Cloud View映像配信パック」は、長年放送現場で培った高い映像配信ノウハウと、独自の圧縮伝送技術(RASCOW*)により、現場の様子を高画質で鮮明に伝えることができるものです。
 今回、カメラ部分をユーザー様各位のスマートフォンを利用していただき、映像を当社の Cloudにアップ、複数の関係者(6拠点)が閲覧出来ます。特殊な機器を準備することなく、簡単に高精細な遠隔臨場を体験できます。なお、ウェアラブルカメラを接続しハンズフリーでの臨場も可能です。
*Realtime Auto Speed Control based On Waterway-model
 



【提供システムの内容】
●高画質ライブ中継アプリ「Zao App」により4台のスマートフォンから映像を伝送可能
●映像配信クラウドサービス「Zao Cloud View」により6拠点からブラウザで映像を閲覧可能
上記のライセンスサービスを1ヶ月間無償で提供いたします。
無償提供サービス開始日は2021年3月22日(月)より。
※本サービスはZao Cloud Viewを初めてご利用になる法人様が対象です。詳しくはお問い合わせ下さい。

サービスの詳細はこちら:
https://www.soliton.co.jp/lp/enkaku/


【株式会社ソリトンシステムズについて】
設立以来、ソリトンシステムズは IT・エレクトロニクス業界にあって、常に新しい技術トレンドを見据え、いくつもの「日本で初めて」を実現してきました。近年は、認証を中心としたITセキュリティからサイバーセキュリティ対策製品まで、また、携帯電話回線4G、5GやWi-Fiを利用したハイビジョン・レベルの映像伝送システム、リモートドライブなどに取り組んでおります。
設立:1979年、売上165億円(2020年12月期・連結)、東証1部
HP:https://www.soliton.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/soliton.s/
Twitter::https://twitter.com/soliton_jp

【 このサービスに関する問合せ先について 】 
株式会社ソリトンシステムズ 映像コミュニケーション事業部 
Tel: 03-5360-3860 stc-sales@list.soliton.co.jp

※記載の社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソリトンシステムズ >
  3. 建設現場のテレワーク化、「遠隔臨場」のシステム、期間限定で無償提供を開始