中小企業のDX推進を支援するパートナーズとして株式会社キカガク、大阪府と事業連携協定を締結

人工知能 (AI) 領域を含めた先端技術に関する教育事業を展開する株式会社キカガク(本社:東京都千代田区、代表取締役 大崎 将寛)と大阪府は、中小企業のDX推進を支援するため、事業連携協定を締結しました。株式会社キカガクは大阪府とともに大阪産業局や金融機関、商工会・商工会議所などと連携し、大阪府内中小企業が取り組むDX推進の支援を行います。

 

株式会社キカガク、「大阪府DX推進パートナーズ」に参画株式会社キカガク、「大阪府DX推進パートナーズ」に参画


株式会社キカガクは、大阪府が立ち上げたプラットフォームにおいて、データやデジタル技術に関する課題を抱える大阪府内の中小企業に対し、「大阪府DX推進パートナーズ」としてソリューションの提供を行い、大阪府内の中小企業の生産性向上、利益拡大、新しいビジネスモデルの創出を図り、大阪の再生・成長に貢献してまいります。



・大阪府報道提供資料
『大阪府DX推進パートナーズに、新たに71事業者が加わりました』
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=41115) 


キカガクの特徴
IT企業に限らず、製造業、小売業、医療、運輸、金融など業界に特化した研修およびコンサルティングを行っています。そのためビジネス課題から逆算したDX人材を育成することができます。


DX 推進人材 研修ロードマップ

DX推進人材 研修ロードマップDX推進人材 研修ロードマップ



データサイエンティスト 研修ロードマップ
 

データサイエンティスト 研修ロードマップデータサイエンティスト 研修ロードマップ



実データを使用したカスタマイズ研修

近年、多くの企業で IT・AIリテラシーの研修が行われていますが、それらを学んだ先にビジネスへどう利活用するのかの道筋が定まっていません。

キカガクは企業から実データをお借りし、データ分析・PoC(概念実証)を行います。
それらをユースケースとし研修をゼロから設計していきます。企業側はデータ分析をITベンダーやコンサルティングに頼むことなくビジネスの可能性を探れるかつ、社内の人材育成にそのまま役立てることができます。

ビジネス課題から逆算した研修を行うからこそ、今何をどう学べばいいのか明確に定義することができ、広く社内の IT・AIリテラシーを高めることが可能です。

キカガクはこうした人材育成のためのソリューションを提供し、多くの企業のDX推進を支援します。


概要情報

会社名:株式会社キカガク
・代表取締役:大崎 将寛
・設立:2017年1月
・所在地:東京都千代田区神田佐久間町3丁目21-4ポローニア秋葉原301号室
・URL:https://www.kikagaku.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キカガク >
  3. 中小企業のDX推進を支援するパートナーズとして株式会社キカガク、大阪府と事業連携協定を締結