4月下旬発売の「ざんねんないきもの事典」シリーズ最新刊!

“ますます”おもしろい第6弾、監修・今泉先生のイチオシのネタは?

株式会社高橋書店(本社:東京都豊島区、代表取締役:高橋秀雄)は、2021年4月下旬に、「ざんねんないきもの事典」シリーズ最新刊『おもしろい! 進化のふしぎ ますますざんねんないきもの事典』(今泉忠明 監修 980円+税)を全国の書店・オンラインストアで発売します。そこで、発売に先駆けて第6弾からの新要素やイチオシポイントを監修・今泉忠明先生に聞いてみました。

※実際の表紙とは異なる可能性がございます。※実際の表紙とは異なる可能性がございます。

ますます楽しく、面白く! 進化する「ざんねん」シリーズ
生き物たちのちょっと変わった、愛すべき進化を紹介する本シリーズ。今までになかった、生き物たちの意外な一面が知れることで、小学生を中心に幅広い世代に支持されてきました。
第6弾も、ファンの皆様に楽しんでもらえる“ざんねん”が、ますます進化を遂げています
  • 1000以上のネタから厳選した珠玉の101ネタ
  • 新章“どっちもざんねん”追加
  • “ざんねんな進化”について1章まるごとマンガで解説
  • 章末の進化にまつわる小話もパワーアップ

新章“どっちもざんねん”が登場! 気になる中身は?
第6弾から登場の新章“どっちもざんねん”。お互いに影響しあって生きる生き物たちのざんねんな部分や、全く違う生態だけど少し似ているざんねんな部分など、2つの「ざんねん」をセットで紹介しています。

※実際の紙面とは異なる可能性がございます。※実際の紙面とは異なる可能性がございます。

<今泉先生に聞く! 新章のおもしろさ>

 

人間は、何かと比べることでより「おもしろい」と感じます。例えば、「ツパイ」と「ウツボカズラ」の話。一見、ウツボカズラはツパイにトイレにされてしまって“ざんねん”と思いますが、実はツパイもウツボカズラに食べられてしまうことがある。
このように、一方を基準にすることで両方の“ざんねん”がよりおもしろく感じることができる点が、この章の魅力のひとつでもあります。


厳選を重ねた101ネタ! 第6弾の中での今泉先生・編集担当者のイチオシの「ざんねん」は?
「ざんねんないきもの事典」を制作するうえで、現場が大切にしていることは「決していきものを馬鹿にしないこと」。今泉先生は、「“ざんねん”とは生き物たちの進化のあかし」だと語っています。今はざんねんだと思える部分も、生き抜くための大切な進化だということや、生き物たちへの尊敬の念を忘れずに、ひとつひとつネタを厳選しています。そんな厳選を重ねた101ネタの中から、今泉先生と編集担当者がイチオシの「最新ざんねんネタ」を紹介します。
 
  • 今泉先生のイチオシネタ

※実際の紙面とは異なる可能性がございます。※実際の紙面とは異なる可能性がございます。

<今泉先生のイチオシポイント!>

 

いつもの“ざんねん”ネタも面白いものがたくさんありますが、進化にまつわる章末コラムもおすすめ。
私は特に、「形が斬新すぎる幼生大集合」がお気に入りです。「幼生」とは、卵からかえった生き物の赤ちゃんのこと。大人になった姿と比較してみると、違いがわかっておもしろいですね。
 
  • 編集担当者イチオシネタ

※実際の紙面とは異なる可能性がございます。※実際の紙面とは異なる可能性がございます。

<編集担当者のイチオシポイント!>
このネタを知って動物園に行くと、ゴリラの檻の中に木の枝や葉がたくさん集まっている場所があることが気になりはじめるかもしれません。たとえ実際に見ることはできなくても、この本を読めば、どこかにいる(いた)生き物たちの大自然での姿を想像することに一役買えるのではないか。そんな想いで、作っています。



第6弾も、ますますパワーアップした「ざんねん」をお届けできるよう、現在鋭意制作中です。ご期待ください!


監修者・今泉忠明(いまいずみ・ただあき)

1944年東京都生まれ。東京水産大学(現 東京海洋大学)卒業。国立科学博物館で哺乳類の分類学・生態学を学ぶ。文部省(現 文部科学省)の国際生物学事業計画(IBP)調査、環境庁(現 環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査などに参加する。トウホクノウサギやニホンカワウソの生態、富士山の動物相、トガリネズミをはじめとする小型哺乳類の生態、行動などを調査している。上野動物園の動物解説員を経て、「ねこの博物館」(静岡県伊東市)館長。著書は多数。


書誌情報
書名:『おもしろい! 進化のふしぎ ますますざんねんないきもの事典』<4月下旬発売>
監修:今泉 忠明
イラスト:下間 文恵 他
価格:980円+税
体裁:四六判、160ページ
ISBN:978-4-471-10390-3

会社情報

1954年創業、「手帳は高橋」をキャッチコピーに、シンプルだけど細部まで使いやすさを追求した手帳をはじめとして、日記・家計簿・カレンダー・書籍を発刊。(手帳は、毎年1月始まりと4月始まりを販売。)全国書店での販売シェアは約40%強を誇り、販売シェアNo.1となっています。(※自社調べ)
また書籍は、生活実用書を中心に、児童書、就職書、資格書、ビジネス書など多岐にわたって発刊しており、2016年より発行の「ざんねんないきもの事典」シリーズは発刊5年目にして420万部を超えるヒットとなっています。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 高橋書店 >
  3. 4月下旬発売の「ざんねんないきもの事典」シリーズ最新刊!