プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社イミュー
会社概要

北海道・白糠町から世界へ発信する「シラリカブランド」「シラリカいくら【生】」に続き「シラリカいくら【醤油漬け】」が登場

12月5日より、ふるさと納税やECサイトで予約受付スタート!

株式会社イミュー

北海道・白糠町(しらぬかちょう)の地元特産品の魅力を広く世界に発信することを目的に、厳正な審査を通過した白糠町の特産品を「シラリカブランド」として認定する「シラリカブランドプロジェクト実行委員会」は、2023年8月にシラリカブランド第1弾として認定した新鮮な生いくら「シラリカいくら【生】」のバリエーションとして、伝統的な製法で丁寧に仕上げたいくらの醤油漬け「シラリカいくら【醤油漬け】」を加え、2023年12月5日(火)よりふるさと納税やECサイトで受付を開始します。
(シラリカいくら ブランドサイト:https://shirarikaikura.com/

「シラリカいくら【醤油漬け】」は、新鮮な北海道産のいくらだけを使用しています。希少性の高い“幻の”生いくら「シラリカいくら【生】」の新鮮さはそのままに、いくらのために選定された特製の醤油ダレに漬けこみ、ベストな状態でお届けします。そのまま食べても、もちろん美味しいですが、ご飯にのせて「いくら丼」にしていただくと、白いご飯と醤油漬けのいくらの相性は抜群で、その味わいは絶品です。


  • シラリカブランドプロジェクトとは  

「シラリカブランドプロジェクト実行委員会」は、株式会社イミュー(代表取締役:黒田 康平)、株式会社playknot(代表取締役:本屋敷匠真/山口恭兵)、株式会社Right Design(代表取締役:小川 貴之)及び白糠町(しらぬかちょう)によって、北海道・白糠町(しらぬかちょう)の地元特産品の魅力を広く世界に発信することを目的に2023年8月に結成されました。

白糠町の語源であるアイヌ語の「シラリカ(岩磯のほとり)」の名前を冠したシラリカブランドは、白糠町に存在するさまざまな特産品を、世界中の人に知り、体験してもらう為に生まれたブランドです。シラリカブランドプロジェクト実行委員会では、地元生産者や事業者の皆様と協力して「シラリカブランド」の認定や審査を進めます。また、ブランドのイメージ戦略、ロゴデザイン、パッケージデザイン、パンフレット制作や広告戦略、SNSなどを用いたコミュニケーション戦略なども一括して実行委員会にて行います。



初のシラリカブランド第1弾として認定されたのは、希少な生いくら「シラリカいくら【生】」です。2023年8月よりふるさと納税及びECサイトでの受付を開始したところ、3か月で約3,000件の寄付件数と人気を博しました。今回は、その新鮮な生いくらを伝統的な製法で丁寧に醤油漬けに仕上げた「シラリカいくら【醤油漬け】」をバリエーションとして加えます。「シラリカいくら【醤油漬け】」は、北海道・白糠町ならではの風土や伝統が詰まった逸品であり、シラリカブランドの認定を受けたことでその品質と信頼性が保証されています。



  • 白糠町と「いくら」の関わり                           

北海道の東部に位置する白糠町は、太平洋沖の暖流と寒流が交わる絶好の位置にあり豊かな漁場です。
また、鮭が産卵に帰ってくる川が3本もある恵まれた立地から「鮭」の漁獲量が高く、日本でも有数のいくらの産地です。
シラリカとは、アイヌ語で「岩磯のほとり」を意味します。海を中心とした自然豊かな生活と文化こそ、白糠町の起源でした。白糠町の自然を、そのまま一粒に凝縮して楽しむような、そんな贅沢がシラリカいくらにはつまっています。
一粒一粒の輝きが、その土地に息づく知恵と技術の結晶です。

シラリカいくら ブランドサイト:https://shirarikaikura.com/
シラリカいくら インスタグラム:https://instagram.com/shirarika_ikura


  • シラリカいくら おいしさのひみつ

いくらのおいしさを決める最も重要なものは、鮮度です。シラリカいくらの鮮度のひみつは、白糠町の自然と、培ってきた技術にあります。

■輸送を短くする白糠の立地
太平洋に面した北海道白糠町。加工工場付近で水揚げされた魚はすぐに工場へ運ぶことが可能。輸送時間を短くすることで、おいしさの条件である鮮度を保つことができるのです。

■買付から行う、一貫したスピード加工
鮮度を重視するシラリカいくらは、魚ごと買付し、ひとつの工場で一貫加工します。採卵後の洗浄から醤油ダレへの漬け込みまでは、30分。おいしさを支えるのは、丁寧ながらも速い加工技術です。さらに北海道産いくらは、鮭(鱒)の買付も生のまま。よりおいしさを感じることができます。

■こだわりの加工体制
一般的に卵の洗浄工程で使われるのは、約15度の真水。一方シラリカいくらの洗浄では、10度以下の塩水を使用します。洗浄ひとつにも徹底してこだわり、鮮度保持に努めています。

■おいしさ長持ち、窒素置換包装
酸化は味の劣化につながるため、いくらの包装パック内は酸素を窒素に置き換えます。賞味期限は加工から1年間。保存料も使用していません。

■高い冷凍技術
スピード感は、いくらを冷凍するときにも重要です。シラリカいくらは瞬間冷凍。ご家庭で解凍する際のドリップも少なく、新鮮でおいしい商品に仕上げます。


  • 白糠町のご紹介

白糠町は北海道の東部に位置する人口約7,200人の町です。
豊かな自然に恵まれ漁業、林業、酪農などが盛んです。太平洋沖の暖流と寒流が交わる絶好の漁場にあり、1年を通じて様々な海産物が獲れますが、茶路川、庶路川、音別川と鮭が産卵に帰ってくる川が3本もある恵まれた立地から「秋鮭」「いくら」の漁獲量が高く、ふるさと納税の返礼品としても高い人気を誇っています。近年は「ブリ」の漁獲量が増え、新たな名産品「極寒ブリ™」も注目されています。




白糠町ホームページ:https://www.town.shiranuka.lg.jp/
白糠町公式note:https://note.com/_shiranukacho/
白糠町ふるさと納税サイト:https://www.shiranuka-furusato.jp/

                                     
株式会社イミュー
「地域に根を張り、日本を興す。」というコンセプトのもと、全国で地場産品の開発事業や、ふるさと納税支援事業を通じた地域と寄付者をつなぐ活動を行っています。

社名  :株式会社イミュー
設立年月:2021年4月
所在地 :東京都品川区西五反田3丁目15−8 Biz-Field目黒 3F
代表者 :代表取締役社長 黒田康平
URL  :https://www.immue.co.jp/
                                 

株式会社playknot
社名 :株式会社playknot(プレイノット)
設立年月:2021年6月
所在地 :東京都世田谷区世田谷4-7-8
代表者 :代表取締役 本屋敷匠真、山口恭兵
URL :https://www.playknot.co.jp/
                               
株式会社Right Design
社名 :株式会社Right Design(ライト デザイン)
設立年月:2022年9月
所在地 :東京都港区六本木6−11−18 HOUビル5階
URL :https://www.rightdesign-inc.com/


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.immue.co.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社イミュー

4フォロワー

RSS
URL
https://www.immue.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都品川区西五反田3丁目15−8 Biz-Field目黒 3F
電話番号
03-6823-4702
代表者名
黒田康平
上場
未上場
資本金
-
設立
2021年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード