不動産データプラットフォームサービス「estie pro」、募集期間データの提供を開始

株式会社estieが提供する不動産データベース「estie pro」にて、各募集区画における募集期間データの閲覧・分析を行うことが可能になりました。
不動産データプラットフォームを提供する株式会社estie(読み方:エスティ、本社:東京都文京区、代表取締役:平井瑛)は、estie proが提供する不動産データベースにおいて、募集情報の募集開始日と募集終了日を整備し、募集期間データの閲覧・分析が可能となりました。


【募集期間データ提供の内容】 
estie proにおいて、現在募集中の区画及び募集が終了した区画における募集期間データの提供を開始致します。これにより、現在の募集状況及び過去の成約事例の分析をする際に、募集賃料や区画面積に加え、募集期間データを含めた事例比較が可能となり、保有・運用物件の賃料策定や物件取得時の賃料査定業務を、より戦略的に行うことができるようになります。

本機能は、estie proのサービス提供開始時より、各種データを分析可能な形で整備し、蓄積することによって実現したestie独自のデータになります。

働き方やオフィスのあり方に関する変化が激しい昨今、賃料策定や物件取得業務において詳細かつ多角的な市場データの必要性は一層高まっています。弊社は今後も、デベロッパー、資産運用会社、プロパティマネジメント会社をはじめとした不動産事業者の皆様にとって、営業活動や投資判断等の多くのシーンにおける戦略的な意思決定を支える為のデータ分析基盤を提供して参ります。

[主なご活用シーン]
・保有・運用物件の賃料策定
・用地・物件取得時の賃料水準及び空室期間の推定
・競合物件に関する募集状況・成約動向の把握


【イベントのご案内】 
また、昨年に引き続き12/6(月)~12/8(水)に開催される不動産テックEXPOにて展示会ブースを出展致します。 当日ご来場のご予定がお有りでしたら、是非弊社ブースへお立ち寄りください。
・イベント名称:不動産テックEXPO
・会期:12/6(月)~12/8(水)
・会場:東京ビッグサイト 西展示場(小間番号17-18)


【estie proとは】 
「estie pro」は50以上の不動産デベロッパー、管理会社、仲介会社等から構築されたデータパイプラインの独自情報を日々集約し、オフィス賃貸業に必要なあらゆる情報を提供する日本最大級のデータプラットフォームサービスです。全国7万棟/40万フロアの建物情報、500万坪の募集情報、24万件の賃料情報、都心20万件の入居企業情報等からなる網羅的なデータおよび当社が独自開発したAIアルゴリズムによる推定成約賃料「e-賃料」を搭載し、様々な不動産事業者のデータを活用した意思決定をサポートしております。 


【estie proご導入企業一覧】 


【会社概要】
社名:株式会社estie(エスティ)
所在地:東京都文京区本郷7-3-1東京大学アントレプレナーラボ(南研究棟)
代表者:平井 瑛
設立:2018年12月
会社URL:https://www.estie.jp/corp/
事業:オフィス賃貸業向けデータプラットフォーム「estie pro」https://leasing.estiepro.jp/
賃貸オフィスマッチングサービス「estie」https://www.estie.jp/
不動産領域におけるAI・機械学習アルゴリズム、新規事業の開発
採用情報:https://speakerdeck.com/estie/estie-company-profile

【サービスについてのお問合せ先】
株式会社estie(宮内)
Email:info@estie.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社estie >
  3. 不動産データプラットフォームサービス「estie pro」、募集期間データの提供を開始