登録フリーランスに向けた無料サービス「公的給付金相談室」を期間限定で開設

持続化給付金など公的支援制度申請への悩みを解消、ビジネスチャットツールで対応し、スピーディーな申請をサポート

労働市場のミスマッチを無くし、アップデートする事業を展開する株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長CEO:吉田 浩一郎 以下「当社」)は、持続化給付金など公的支援制度への申請に対しフリーランスが抱える悩みを解决するため、情報提供および質問受付サービス「公的給付金相談室」を本日開設します。対象は、当社運営サービスに登録するフリーランスとなります。ビジネスチャットツール上での開設となり、参加者は無料での利用が可能です。
●参加申込フォーム:https://forms.gle/KjjKuopHRm16Livt7

■「公的給付金相談室」概要

●開設期間:2020年5月12日(火)~2020年12月末 ※予定/変更があり次第、お知らせします
●参加対象者:以下当社および当社子会社が運営するサービスに登録するユーザー
 クラウドワークス(https://crowdworks.jp
 クラウドテック(https://crowdtech.jp/about
 ビズアシスタントオンライン(https://bizasst.co.jp/service/
 クラウドリンクス(https://crowdlinks.jp/
●運営場所:オンライン(ビジネスチャットツール上での運営)
●利用料:無料
●主な機能
(1)公的支援制度への申請に関する質問受付
持続化給付金や小学校休業等対応支援金などのフリーランスに関わる公的支援金に関し、申請の際に生じる悩みなどについての質問を受付、回答
フリーランスからの質問例:「自分は該当するのか」「申請にあたり、何を準備しなければならないのか」など

(2)情報提供
持続化給付金や小学校休業等対応支援金などフリーランスに関わる公的支援金に関し、最新情報やフォーマットの提供
当社からの情報提供例:持続化給付金申請の際、提出が必須とされる帳簿のフォーマット提供・小学校休業等対応支援金申請に向けた発注者情報の個別取得代行

(3)ユーザーの相互相談
フリーランスが抱える疑問や不安を相談し共有しあう場の提供
フリーランスからの相談例:「どんな業種の仕事に影響が出ている?」「子供の休校中に家で仕事を継続するためにやっていることはある?」「給付金の申請はもう済んでいる?」など

その他にも家賃補助支援策など、今後も発表が予想される新型コロナ感染症対策の公的支援に関連する情報について、フリーランス向けの情報に絞った情報提供などを行う予定です。

■「公的給付金相談室」開設の経緯


当社では、オンライン人材マッチングプラットフォーム「クラウドワークス」上で就労経験のあるフリーランスを対象に「新型コロナウイルス感染症による、仕事への影響についての全国緊急調査(※1)」を実施。その結果「影響が出ているフリーランスは65.1%。影響額は、30%以上が月額5万円以上、15%以上が月額10万円以上の収入減」と言う結果が判明しており、経済的に窮するフリーランスが見られるほどに状況は差し迫ったものです。

2020年5月8日には中小企業・個人事業主に向けた持続化給付金の支給が始まるなど、国による支援は開始されているものの、本調査で見られた声には「自分が対象になるのか分からない」など、不安を感じながらも制度を活用しきれていないフリーランスが存在することが想定されます。

さらに「クラウドワークス」ワーカーから聞かれる「気軽に情報交換・共有できる“フリーランス仲間”がいない」ことも、この不安感を増幅させる一因となっていることが考えられます。

こうした背景から経済的に悩みがあり、相談先を必要とするフリーランスをサポートするべく「公的給付金相談室」を開設します。持続化給付金などの公的支援制度に関する情報提供に加え、フリーランスが活用できる制度の情報提供、ユーザー間での相談可能なコミュニティを創出することにより、コロナ禍におけるフリーランスの経済的・心理的不安解消の一助となる場を提供します。

※1/参考(2020年4月6日付プレスリリース)
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、収入が減ったフリーランスは約7割 1,400人のフリーランスに対し緊急全国調査を実施(https://crowdworks.jp/press/?p=9794

※記載の内容は一部変更の場合がございます。予めご了承ください。

■株式会社クラウドワークスについて
クラウドワークスは「“働く”を通して人々に笑顔を」をミッション、「働き方革命~世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」をビジョンとし、日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」をはじめとした人材ミスマッチを解消し、労働市場をアップデートする事業を展開しています。2019年12月末時点で、当社提供サービスのユーザーは332万人、クライアント数は50万社に達し、内閣府・経産省・外務省など政府12府省を筆頭に、80以上の自治体、行政関連団体にも利用されています。2014年に東証マザーズ上場(証券コード3900)、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークスタイル革新賞および、グッドデザイン・未来づくりデザイン賞を受賞。

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長CEO 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設 立:2011年11月11日
事 業:インターネットサービスの運営
日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」 https://crowdworks.jp
ハイスキルなフリーランスに自由な働き方を。「クラウドテック」https://crowdtech.jp/about
優秀なアシスタントがバックオフィス業務を在宅でサポート「ビズアシスタントオンライン」https://bizasst.co.jp/service/
Webクリエイター向け 週3日の仕事スタイル「3スタ」https://sanprostyle.com/about/
副業・兼業のハイクラスマッチングサービス「クラウドリンクス」https://crowdlinks.jp/
資本金:26億8,721万円※2019年9月末現在
URL:https://crowdworks.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クラウドワークス >
  3. 登録フリーランスに向けた無料サービス「公的給付金相談室」を期間限定で開設