全国の20代~30代会社員男女600名に聞いた『SNSでの友達づくりに関する調査』SNSを通じて友達をつくること「賛成」76.0%

3人に1人以上が「SNSで仲良くなった人と実際に会うことに抵抗なし」と回答。職場でのSNS事情は? “部下”とつながりたくないのは68.3%

「社会をにぎやかに!」を企業理念に、通信回線やスマートフォンなどの通信インフラサービスを取り扱う株式会社ALL CONNECT(福井県福井市、以下オールコネクト)は、2022年4月7日(木)~4月8日(金)の2日間、全国の20代~30代会社員男女600名を対象に「SNSでの友達づくり」をテーマにした調査を実施いたしました。その結果、SNSを通じた友達づくりに対する思いやSNSで友達をつくる上で重視することなどが明らかになりました。
【SNSでの友達づくりに関する調査 トピックス】
■社会人になってからできた友達とはどこで出会った?
全体では「職場」が75.3%で最多。次いで「SNS」25.7%の順。
「SNS」は「習い事・社会人サークル」よりも割合が高い結果に。

■社会人になってからの友達づくりで利用したSNSは?
全体では「Twitter」83.8%、「Instagram」53.2%がTOP2。
「Facebook」は20代女性が8.8%、30代男性が50.0%、「TikTok」は20代~30代男性の約3割が利用。

■職場の人のSNSをブロック(非表示に)したことはある?
全体では16.5%がブロック(非表示に)したことがある結果に。
20代~30代男女の各性年代、10人に1人以上はブロック(非表示に)した経験あり。

■SNSで友達をつくる上で、重視することは?
「趣味・価値観が合いそう」のほか、SNSの投稿内容や雰囲気も重視。

Q1. あなたはコロナ禍で友達ができにくくなったと感じますか。
(単数回答)<n=600>

学生の頃と違い、社会人は多くの人と自然に出会う機会が減ってしまいます。また、職場の環境や仕事の忙しさなどが原因で、昔から仲が良かった人と疎遠になってしまうことも少なくないでしょう。そして、未だ終わりが見えないコロナ禍で、新たに出会う機会はさらに減っているのではないでしょうか。そこで、コロナ禍で友達ができにくくなったと感じるかをお聞きしました。「とても感じる」と「やや感じる」を合わせると、7割以上が“友達ができにくくなった”と感じている結果となりました。

Q2. あなたが社会人になってからできた友達とはどこで出会いましたか。
(複数回答)<n=600>

社会人になってからできた友達と、どこで出会ったかをお聞きしました。全体で最も多い回答が「職場」で75.3%となりました。次いで「SNS」25.7%、「習い事・社会人サークル」19.3%の順となっています。「SNS」という回答を性年代別でみると、30代女性を除き20代男女と30代男性は「習い事・社会人サークル」よりも割合が高い結果となっています。職場や習い事・社会人サークルのほか、SNSというコミュニティも友達づくりとして活用している方がいるようです。

Q3. 社会人になってからSNSを通じてできた友達について、その際に利用したSNSをお答えください。
(複数回答)<n=154>

【Q2】で「社会人になってからできた友達とSNSで出会った」と回答した方に対し、その際に利用したSNSをお聞きしました。全体で最も多い回答が「Twitter」で83.8%となりました。次いで「Instagram」53.2%となっています。性年代でみると、「Facebook」は20代女性が8.8%、30代男性が50.0%と差が出る結果となりました。また、「TikTok」は20代男性が29.4%、30代男性が28.6%と20代~30代男性の約3割が利用していることもわかりました。

Q4. あなたはSNSを通じて友達をつくることをどう思いますか。
(単数回答)<n=600>

賛成 = 「賛成」+「やや賛成」
反対 = 「やや反対」+「反対」

SNSを通じて友達をつくることをどう思うかをお聞きしたところ、全体では「賛成」が76.0%という結果となりました。性年代別でみると、20代男性は8割以上、20代女性と30代男女は7割以上が「賛成」と回答しています。20代~30代男女の多くが、SNSを通じて友達をつくることに抵抗を感じていないようです。

Q5. あなたがSNSで友達をつくる上で、重視することをお答えください。
(複数回答)<n=600>
【TOP10】

SNSで友達をつくる上で、重視することをお聞きしました。全体で最も多い回答が「趣味が合いそう」で43.7%となりました。次いで「価値観が合いそう」41.0%となりました。また、20代~30代男女はSNSの投稿内容や雰囲気も重視していることがわかります。SNSで友達をつくりたいと思う方は、投稿する写真やテキストなどの内容を工夫して、自分の個性をアピールする“セルフプロデュース”を意識することも大切かもしれません。

Q6. あなたはSNSで仲良くなった人と実際に会うことに対して、抵抗はありますか。
(単数回答)<n=600>

ある = 「ある」+「ややある」
ない = 「あまりない」+「全くない」

SNSで仲良くなった人と実際に会うことに対して、抵抗があるかをお聞きしたところ、全体では「ない」が36.3%と3人に1人以上、回答する結果となりました。「ない」という回答を性年代別でみると、20代男性は48.7%と約半数、20代女性と30代男女は3割以上となっています。人と出会うきっかけをつくるのが難しくなったコロナ禍、人と新たに出会う方法として、先にSNS上で出会い、その後オフラインで会うというのが今後、主流になるのかもしれません。

Q7. あなたは職場の人と友達になりたいと思いますか。
(単数回答)<n=600>

【Q2】で社会人になってから友達と出会った場として、「職場」が最多回答となりましたが、そもそも職場の人と友達になりたいと思っているのでしょうか。「とても思う」と「やや思う」の回答を合わせると、約6割が職場の人と友達になりたいと思っていることがわかりました。

Q8. あなたは職場の人とSNSでつながりたいと思いますか。
(単数回答)<n=600>

思う = 「とても思う」+「やや思う」
思わない = 「あまり思わない」+「全く思わない」

【Q7】で約6割が職場の人と友達なりたいと思っていることがわかりましたが、職場の人とSNSでつながりたいと思うかでは、また話が変わるようです。79.3%が「上司とSNSでつながりたくない」と回答し、68.3%が「部下とSNSでつながりたくない」ということが判明しました。職場の人と友達になりたいと思いながらも、SNSでプライべートの情報までは見られたくないという気持ちは上司も部下も一緒かもしれません。

Q9. あなたは職場の人のSNSをブロック(非表示に)したことはありますか。
(単数回答)<n=600>

職場の人のSNSをブロック(非表示に)したことがあるかをお聞きしたところ、全体では「ある」が16.5%となりました。また、20代~30代男女の各性年代、10人に1人以上はブロック(非表示に)した経験があることがわかります。本当は、職場の人とSNSでつながりたくないと思っている方もいるようです。職場の人とSNSでつながりたいと思っている方は、相手がプライベートと仕事をしっかり分けたいと思っているかどうか、などを事前に確認してからSNSでのつながりを求めた方がよいでしょう。

【総括】
社会人になってから友達ができた場として、実態では「職場」が多くの割合を占める結果となりましたが、SNSで友達をつくることに対して賛成の意見が多いことやSNSで仲良くなった人と実際に会うことに抵抗がない方が3人に1人以上いるということも判明しました。

職場や習い事・社会人サークルといった“オフライン”を中心としたコミュニティに限らず、SNSという“オンライン”のコミュニティも、友達づくりのツールとして活用する方が今後増えるのではないでしょうか。とはいえ、上司や部下とはSNSでつながりたくないという方が多いため、職場の人とSNSでつながる際は注意が必要となりそうです。

新年度を迎え、新しい友達をつくりたいと思っている方は、自ら積極的にSNSも活用することで、友達ができやすくなるかもしれません。

【調査概要】
1.調査の方法:WEBアンケート方式で実施
2.調査の対象:社会人になってから新しい友達ができたことのある、全国の20代~30代会社員男女
3.有効回答数:600名(各性年代150名ずつ)
4.調査実施日:2022年4月7日(木)~4月8日(金)の2日間

■引用・転載時のクレジット表記のお願い
※本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。
<例>「株式会社オールコネクトが実施した調査によると……」
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ALL CONNECT >
  3. 全国の20代~30代会社員男女600名に聞いた『SNSでの友達づくりに関する調査』SNSを通じて友達をつくること「賛成」76.0%