AR技術開発企業のNreal、シリーズC+で6000万ドル調達

スマートフォンでQRコードをスキャンすると、Nrealの「ARツアー」を体験することができますスマートフォンでQRコードをスキャンすると、Nrealの「ARツアー」を体験することができます

2022年3月30日、拡張現実(AR)業界のリーディングカンパニーであるNrealは、アリババグループが主導するシリーズC+で6000万米ドルを調達したことを発表しました。今回の資金調達により、Nrealが1年以内に得た投資総額は2億米ドルに達しました。

今回得た資金は、研究開発への投資拡大、中国を含む新しい市場へのグローバルビジネス展開の加速、また、既にお付き合いのある企業様とのパートナーシップを強化し、エンドユーザーへより幅広いコンテンツと体験を提供するために使用されます。

アリババのNrealへの投資は、ショートビデオアプリの快手や爱奇艺などの大手ブランドや機関からのこれまでの戦略的投資に続くもので、既存ビジネスにおけるARベースの統合を模索から開発へと飛躍させる企業が増えているためです。Nrealを支援する他の主要投資家には、雲鋒基金(Yunfeng Capital)、セコイア キャピタル チャイナ(Sequoia Capital China)、高瓴資本(Hillhouse Capital) 、蔚来資本(NIO Capital)、洪泰基金(Aplus)、中金資本(CICC Capital)、順為資本(Shunwei Capital)、CPE源峰(CPE)、華創資本(China Growth Capital)など、世界的に有名な投資家が名を連ねています。

Nrealは、革命的なARの変革において世界をリードしており、コンシューマー向けARグラスを世界規模で発売している唯一の企業です。優れたディスプレイ技術と製品設計で広く認められているNrealは、これまでに10社以上の世界的に有名な通信事業者とパートナーシップを結び、6カ国で製品を販売しています。

■現地キャリアに支えられたNrealのマイルストーン
Nrealの地域密着型販売戦略の鍵となるのは、Nreal LightやNreal AirなどのARグラスを国ごとに販売することを可能にするキャリアパートナーです。昨年、Nreal Lightは米国内のVerizonの店舗で販売を開始しましたが、初日で完売しました。また、消費者の関心を高めるために、Nrealは2022年2月、日本の大手国内通信事業会社2社とのオンラインおよびオフラインの販売パートナーシップを通じて、Nrealの薄型ARグラスの新ラインNreal Airの販売を開始しました。

■パートナーやデベロッパーへのサポートの拡大
2022年はNrealにとって、NrealブランドのARグラスをグローバルに大量導入する可能性の集大成と実現に向けた節目の年です。その鍵となるのは、消費者向け垂直市場におけるブランド、開発者、コンテンツプロバイダーとの過去および将来の重要なパートナーシップです。これらの中には、Cinedigm、NIO、Accedoの自動車、5Gコンテンツなどが含まれています。

■電気自動車のAR
2021年12月、NrealとNIOは電気自動車向けに調整されたEV業界初のARグラスを発表し、パノラマで没入感のある "デジタルコックピット" であるNIOのPanoCinemaと統合する予定であることを発表しました。この新しいEV用ARグラスは、2022年に市場に投入される予定です。

■ARグラスのためのストリーミングビデオ
Nrealは米国にて、ストリーミングサービスCinedigmとの提携を発表しました。この提携により、全く新しい、没入感の高いAR グラス Nreal Light で、オリジナルコンテンツやチャンネルを24時間365日提供します。※
視聴者は、1つの巨大な仮想HDスクリーンで番組を見ながら、さらに最大2つの仮想スクリーンでマルチタスクを行い、同時に楽しむことができます。
※日本国内では提供されていないサービスです。

■ARストリーミングのデザインリファレンス
NrealはSDKを更新し、コンテンツプロバイダーがNrealのARグラスでDRMビデオコンテンツをストリーミングできるようにしました。さらに、NrealはAccedoと提携し、インタラクティブなARゲームやビデオ視聴体験のための初のインタラクティブARデザイン・リファレンスを発表しました。

<Nrealについて>
2017年に設立したNrealは、世界規模で販売されているコンシューマー向けARグラスのブランドを皮切りに、ARのトランスフォーメーションインパクトで世界をリードしています。優れたディスプレイ技術と製品デザインで広く認知されているNrealは、これまでに10社以上の世界的に有名な通信事業者とパートナーシップを結び、6カ国に製品を提供しています。
Nrealが最初に世界的な評価を受けたのは、2019年にコンシューマー向けの初のARグラスであるNreal Lightをデビューさせたときでした。画期的なデザインを採用しただけでなく、モバイルコンテンツのエコシステムに接続する初のARグラスでもありました。現在までに、Nrealは約400人の従業員を抱え、阿里巴巴(Alibaba)、快手(Kuaishou)、蔚来資本(NIO Capital)、雲鋒基金(Yunfeng Capital)、セコイア キャピタル チャイナ(Sequoia Capital China)、高瓴資本(Hillhouse Capital)、洪泰基金(Aplus)、中金資本(CICC Capital)、順為資本(Shunwei Capital)、CPE源峰(CPE)、華創資本(China Growth Capital)、愛奇芸(iQIYI)などの定評あるVC企業や業界のリーダーによって支えられています。
 
  1. プレスリリース >
  2. 日本Nreal株式会社 >
  3. AR技術開発企業のNreal、シリーズC+で6000万ドル調達