UPSIDER、ICC KYOTO 2022 ガーディアン・アワードでグランプリを受賞

利用したいと思うサービスを、成長企業の経営陣50名が投票で決定

法人カード「UPSIDER」およびビジネスあと払いサービス「支払い.com」を提供する株式会社UPSIDER(代表取締役:宮城徹・水野智規、本社:東京都港区、以下 当社)は、Industry Co-Creation™ (ICC) サミット KYOTO 2022内で行われた、第一回ガーディアン・アワードにおいてグランプリを受賞いたしました。
今後も成長企業の決済インフラとして挑戦者をサポートし、「利用したい」「他の企業にも紹介したい」と感じていただけるようなプロダクトづくりにチーム一同、引き続き邁進してまいります。
 

 
  • 審査員50名が利用したいサービスを選ぶ初めてのアワード
ガーディアン・アワードは「Industry Co­-Creation(ICC)サミット KYOTO 2022」にブース出展を行った企業を対象に「利用したい」サービスに投票形式で選ぶ初めてのアワードです。

・実施日程:2022年9月6日・9月7日
・アワード概要:カタパルト登壇者を中心とする成長企業の経営陣50名が審査員となり、各ブースで5分間の説明を受けて「素晴らしい」「サービスを利用したい」などの観点から上位3社に投票し選出。
 
  • 成長企業を支援するための機能が揃っている点に共感いただきグランプリを受賞
当社は、「挑戦者を支える世界的な金融プラットフォームを創る」をミッションに、法人カード「UPSIDER」およびビジネスあと払いサービス「支払い.com」を提供しています。現在、両サービスの利用社数は4,000社を超えており、スタートアップや成長企業を中心に多くの企業でご利用いただいています。

特に、法人カード「UPSIDER」は最短当日から利用可能で、1億円以上の限度額を提供かつ初期費用・年会費は基本無料。会計ソフトへのAPI連携も可能で決済データは毎月1日に反映されるため、会計業務の効率化にも貢献します。成長企業のメインカードとして、企業の上場・成長を支援しています。

今回、5分間の説明では、各企業のフェーズやカードの利用状況に合わせて、UPSIDERの特徴や活用の仕方を中心にお話しし、成長企業を支援するための機能が揃っている点に共感いただき、9社の中からグランプリをいただくことができました。

【投票結果】
1位:「UPSIDER」(得点:37点)
同率2位:「ノバセル」(得点:22点)
同率2位:「Helpfeel」(得点:22点)

その他、エントリー企業は公式ブログをご覧ください。
https://industry-co-creation.com/news/82559
 
  • ガーディアンアワードを担当した大田よりコメント
今回が初の開催となるガーディアン・アワードにて、グランプリを受賞することができ、とても光栄に思っております。

今回グランプリを受賞できたのも、ひとえにUPSIDERを支えてくださるユーザーの方々がいらっしゃったからこそだと心から感じております。本当にありがとうございました。

イベント期間中も多くの既存ユーザーの方々、新しくUPSIDERを知ってくださった方々とお話しさせていただきました。嬉しい感謝のお言葉や、プロダクトに対するフィードバックなどさまざまなお声をいただき、改めて皆様のお役に立てるプロダクトを作らなければと、身が引き締まる想いでいっぱいになりました。

「挑戦者を支える世界的な金融プラットフォームを創る」このミッションに向けて、日々プロダクトをブラッシュアップしていますが、私たちの挑戦は始まったばかりです。ぜひ今後も、「利用してよかった」「他の企業にも紹介したい」と感じていただけるサービスを提供し続けられるよう精進してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。
 
  • 法人カード「UPSIDER」について
UPSIDERは、利用限度額や会計処理などの財務課題を解決する法人カードです。特に、最大1億円以上の利用限度額(前払い・後払い)や、バーチャルカードの発行・管理機能、会計処理の早期化を助けるSaaS機能が好評で、アクティブな利用企業は数千社以上、利用継続率は99%以上です。

・サービスページ:https://up-sider.com/lp/

さらに、上場企業のお客様が急増しています。背景として、カード利用先の制限や権限設定機能、Slack連携機能などのリリースにより、これまでになく法人カードを安全に運用することが可能になっています。ガバナンスやアカウンタビリティーが重要な上場企業のお客様にとって、全社的な支出管理の厳格化、経費精算業務の簡略化、会計処理の早期化に繋げられます。
 

UPSIDERはカードの利用先や金額をWeb上で柔軟に制限することが可能UPSIDERはカードの利用先や金額をWeb上で柔軟に制限することが可能

 
  • 当社が提供するサービスについて

当社は、「挑戦者を支える世界的な金融プラットフォームを創る」をミッションに、法人カード「UPSIDER」およびビジネスあと払いサービス「支払い.com」を提供しており、両サービスの利用社数は4,000社を超えています。 

個人事業主・法人企業を対象とした「支払い.com」は、企業間の取引におけるあらゆる銀行振込のお支払いを、ユーザーがお持ちのクレジットカードで決済できるサービスです。お支払いをクレジットカードのお引落日まで延長することで、ユーザーは資金繰りの改善が可能となります。また、ユーザーは書類の提出や面談、審査は必要ありません。
 
  • 会社概要
・社名:株式会社 UPSIDER
・WEB:https://up-sider.com/lp/
・設立:2018年5月
・代表者:宮城 徹、水野 智規
・資本金:8,794百万円(資本準備金含む)
・本社所在地:東京都港区六本木 7-15-7
・加入協会・認定: 一般社団法人日本資金決済業協会、セキュリティ認定 PCI DSS v3.2.1
 
  • 本件に関するお問い合わせ先
ご導入のご相談や、取材申し込み、提携のご連絡は、pr@up-sider.com までご連絡ください。

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社UPSIDER >
  3. UPSIDER、ICC KYOTO 2022 ガーディアン・アワードでグランプリを受賞