英語レベル「ビジネス」以上では、英語が“仕事” に優位に働いた経験は9割以上 “転職”に優位に働いた経験は8割以上

ー 英語力が仕事・転職に及ぼす影響 実態調査 ー

日本最大級のグローバル人材に特化した人材紹介・人材派遣会社のエンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ヴィジェイ・ディオール)は、エンワールド・ジャパンのサービス登録者で、現在、正社員で働いている方(※1)を対象に「英語力が仕事・転職に及ぼす影響」についてアンケートを行い、1,122名から回答を得ました。 ※1 英語を母国語とする方を除く
【調査結果 概要】
■英語レベル「ビジネス」以上では、9割以上が「仕事で英語力が優位に働いたことがある」
  第1位は「コミュニケーションの円滑化」

■英語レベル「ビジネス」以上では、約8割以上が「転職で英語力が優位に働いたことがある」
  第1位は「仕事の選択肢が広がった」


【調査結果 詳細】

1.英語レベル「ビジネス」以上は、9割以上が「仕事で英語力が優位に働いたことがある」。第1位は「コミュニケーションの円滑化」 (図1、2)

“仕事”で英語力が優位に働いたことがあるか伺ったところ、英語レベル「ビジネス」以上では9割以上が「ある」と回答しました。具体的には、第1位「コミュニケーションが円滑になる」、第2位「職務や職責などの範囲が広がる」、第3位「上司や同僚の協力が得やすい」となり、対人関係や業務の内容など、仕事における様々な面でプラスに働いていることが見て取れます。

【図1】仕事で英語力が優位に働いたことはありますか。


【図2】「仕事で英語力が優位に働いたことがある」とご回答いただいた方に伺います。
具体的に、どの様な点で優位に働きましたか。(複数回答可)


2. 英語レベル「ビジネス」以上では、約8割以上が「転職で英語力が優位に働いたことがある」。
  第1位は「仕事の選択肢が広がった」 (図3、4)


“転職” で英語力が優位に働いたことがあるか伺ったところ、英語レベル「ビジネス」以上では約8割以上が「ある」と回答しました。具体的には、第1位「仕事の選択肢が広がった」、第2位「キャリアの選択肢が広がった」となり、英語力は将来の選択肢やキャリアの可能性を広げるために有用であると推察できます。

【図3】転職で英語力が優位に働いたことはありますか。

【図4】「転職で英語力が優位に働いたことがある」とご回答いただいた方に伺います。



--------------------------------------------
【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
英語力構成:初級(挨拶レベル)16%、中級(日常会話レベル)23%、ビジネスレベル 38%、
上級(流暢)22%  *小数点第一位を四捨五入しているため、合計が100%にならない
調査実施期間:2020年1月30日~2月2日
​--------------------------------------------

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エンワールド・ジャパン >
  3. 英語レベル「ビジネス」以上では、英語が“仕事” に優位に働いた経験は9割以上 “転職”に優位に働いた経験は8割以上