浦和レッズとのトップパートナーシップについて 8年目のトップパートナーとなる2020シーズンに向けて

ポラスグループ ポラス株式会社 代表取締役 中内 晃次郎

ポラス株式会社(本社:埼玉県越谷市 代表取締役:中内晃次郎)は浦和レッドダイヤモンズ株式会社 (本社:埼玉県さいたま市 代表:立花洋一/以下、浦和レッズ)と2013シーズンからトップパートナーシップ契約を締結しており、2020シーズンで8シーズン目となります。
2020シーズンは浦和レッズの意向により、Jリーグ、YBCルヴァンカップ、天皇杯等の試合におきまして、浦和レッズが着用するユニフォームの背中に、ポラスグループのロゴである『 POLUS 』が入ることとなります(レッズレディース等含む)。
2020シーズンもチームが目指す「あらゆる分野でアジアナンバー1」を掲げるクラブのビジョンを全力でサポートし、サポーターの皆様と共に浦和レッズを引き続き応援してまいります。
尚、2021・2022シーズンについては、前面(胸)に『 POLUS 』ロゴが入ることになります。

 【弊社ロゴ掲出箇所】
2020シーズン シャツ背中
2021シーズン シャツ前面(胸)
2022シーズン   シャツ前面(胸)
※なお、2020シーズンの掲出箇所はクラブの意向によるものとなります。

◆浦和レッドダイヤモンズ概要
クラブ名   浦和レッドダイヤモンズ
創     部   1950年
法人名     浦和レッドダイヤモンズ株式会社
所在地     埼玉県さいたま市緑区美園2丁目1番地
設立年月日  1992年3月10日
代表取締役社長 立花 洋一
ホームページ  http://www.urawa-reds.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポラス株式会社 >
  3. 浦和レッズとのトップパートナーシップについて 8年目のトップパートナーとなる2020シーズンに向けて