アビストの独自開発「受付電話ロボット アビテル」にフュートレックの音声認識技術vGateが採用

~ 音声認識技術でコミュニケーションロボットをより快適に活用 ~

株式会社フュートレック(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:藤木英幸 以下、フュートレック)は、工業設計技術サービス事業を営む株式会社アビスト(本社:東京都中野区 代表取締役社長:進勝博 以下、アビスト)が開発した「受付電話ロボット アビテル」の音声認識機能に、フュートレックの音声認識技術vGateが採用されたことを発表いたします。「受付電話ロボット アビテル」は、2017年6月からPBX(社内交換機)販売会社などを通じて販売が予定されています。
 「受付電話ロボット アビテル」は、オフィスの来訪客とやり取りする受付電話の機能を充実させた小型ロボットです。来訪者が音声かタッチパネルで自分の名前・訪問先を入力すれば、担当部署の内線電話につながる仕組みで、来訪者の氏名・企業名・顔認証情報・来社履歴なども記録として管理できます。
 人件費削減が目的で受付を無人化する企業が増えている中、アビストは、訪問先の部署名や内線番号が分からず来訪者が困惑するというような「ストレス」を解消する目的で、「受付電話ロボット アビテル」を開発しました。

 アビストはコミュニケーションロボット分野に注力しており、「受付電話ロボット アビテル」は、アビストが独自開発し、製品化した第1号のロボットとなります。この音声認識機能に、コミュニケーションロボットに導入実績のあるフュートレックの音声認識システムvGate ASRが採用されました。

受付電話ロボット アビテル受付電話ロボット アビテル

■「受付電話ロボット アビテル」についての詳細は、下記URLをご覧ください。
 URL:https://www.abistrobo.com/

 フュートレックは、今後も、フュートレックグループの技術を通してコミュニケーションロボットを活用した取り組みに積極的に貢献してまいります。


* フュートレックの音声認識技術の一部は、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)が保有する音声認識の研究成果、及びNICT民間基盤技術研究促進制度により、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)が受託したプロジェクト「大規模コーパスベース音声対話翻訳技術の研究開発」の成果を利用して、株式会社ATR-Trekにて製品化したものです。
*   アビテルは株式会社アビストの登録商標です。
* vGate、vGate ASRは株式会社フュートレックの登録商標です。
* その他、記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標の場合があります。

○営業関連のお問い合わせ先
株式会社フュートレック  TEL: 03-6206-4850
ホームページからのお問い合わせ https://www.fuetrek.co.jp/contact/index_product.cgi

○取材およびこのプレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社フュートレック  TEL: 03-6206-4850
ホームページからのお問い合わせ https://www.fuetrek.co.jp/contact/index.cgi

※「受付電話ロボット アビテル」の商品についてのお問い合わせは、株式会社アビストへお願いいたします。
 https://www.abistrobo.com/

≪会社概要≫
会 社 名: 株式会社フュートレック
代 表 者: 代表取締役社長 藤木 英幸
設 立 日: 2000年4月17日
資 本 金: 7億1,657万円
業務内容: 音声認識技術を利用したサービスの企画・提案、及びそれを実現するためのシステム設計
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フュートレック >
  3. アビストの独自開発「受付電話ロボット アビテル」にフュートレックの音声認識技術vGateが採用