旭化成に『レンタル移籍』を提供。イントレプレナーシップの醸成をめざす。

株式会社ローンディール(本社:東京都港区、代表取締役社長:原田 未来、以下:ローンディール)は、旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小堀 秀毅、以下旭化成)に対して、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組みである「レンタル移籍」を提供しました。
2020年7月より、旭化成のM&I本部イノベーション戦略室(my Lab)*所属の社員1名が、株式会社チカク(本社:東京都渋谷区、共同創業者兼代表取締役:梶原 健司)での業務を開始。1年間新規サービスのローンチに向けて取り組みます。当該社員はこの機会を通して、新規事業創出の手法や挑戦するマインドの獲得を目指し、終了後は旭化成社内でイノベーションを継続的に起こす風土を醸成していくことが期待されています。
 



今後も、ローンディールは「レンタル移籍」の提供を通じて、大企業における人材育成や、イノベーションを創出できる個性・多様性を活かした組織作り、およびベンチャー企業の事業推進を支援してまいります。そして、大企業とベンチャー企業が境界を超えてお互いに刺激を与え合い、挑戦が波紋のように広がっていく社会の実現に向けて取り組んでまいります。

※本プロジェクトは、新型コロナウイルスの感染拡大の防止及び関係者の健康・安全等に配慮の上、実施しております。


【参考情報】
◆株式会社ローンディール
企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を提供。
「レンタル移籍」は、研修・出向などの企業間契約に基づいて、イノベーション人材・次世代リーダー育成に取り組む大企業と、事業開発力を強化したいベンチャー企業のマッチングによって実現します。2015年9月にサービスを開始し、2020年7月現在、導入企業はトヨタ自動車・経済産業省・NTT西日本など大企業 38社、97名。受入企業として324社のベンチャー企業が登録。オープンイノベーションの仕掛けとしても注目され、2019年、内閣府が主催する第一回日本オープンイノベーション大賞において「選考委員会特別賞」を受賞。
URL:https://loandeal.jp/

◆株式会社チカク
株式会社チカクは、「距離も時間も超えて、大切な人を近くする・知覚できる世界を創る」をミッションとするIoTスタートアップ企業です。第一弾プロダクトとして、スマートフォンで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送信できる動画・写真共有サービス「まごチャンネル」を開発・販売しています。
URL:https://www.chikaku.co.jp/

◆旭化成株式会社
*M&I本部 (マーケティング&イノベーション本部)では、外部とのコネクトも進めながら事業部門の枠を超えて旭化成グループとして強みを発揮できる事業分野を創出し、総合力でマーケットに価値を提供することを目指しています。また、その内部組織であるイノベーション戦略室 (通称 my Lab マイラボ )では、“イノベーションを継続的に起こす土壌の醸成” をビジョンに、イノベーションを生み出すプラットフォームの構築と、イントレプレナーシップを持った人財の育成を実施しています。
URL:https://www.asahi-kasei.com/jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ローンディール >
  3. 旭化成に『レンタル移籍』を提供。イントレプレナーシップの醸成をめざす。