asoview! 「遊びの年間ランキング2018」を発表

国内最大級の体験・レジャー予約サービス「asoview!(アソビュー)」(URL: http://www.asoview.com/ 以下「asoview!」)を展開するアソビュー株式会社(代表取締役社長:山野智久、本社:東京都渋谷区 以下「アソビュー」) のアソビュー総研(所長:内田有映)から、 asoview! 「遊びの年間ランキング2018」を発表しました。

本ランキングは体験にまつわるデータを分析・調査するアソビュー総研が、 国内最大級の体験・レジャー予約サービスを展開するasoview!で予約購入が行われた販売データ(※1)を元にし、トレンドとなる遊びのジャンルを集計したものです。

今の世の中で、どんな遊びや体験が人気なのかを目にする機会は決して多くはありません。その為、世の中の皆様に週末の余暇時間の活用方法や旅先での楽しみ方を知ることが出来るよう、新しい取り組みとしてランキング形式で発表いたしました。

(※1) 集計期間: 2018年1月1日~2018年11月30日


【総評】
asoview!ではものづくりからアウトドアまで435件(※2)もの遊びのジャンルがあります。このたびのランキングでは定番の遊びが上位を占めていますが、皆様にとっては意外に映るかもしれません。一つひとつのジャンルを分析していくと、地域性が現れてきたり、利用者に特徴があったりと様々な傾向が見られる結果となりました。

また、写真映えを重視する時代の傾向にも伴って、比較的新しい ”ハーバリウム” というジャンルが上位に食い込むなど見ごたえのあるランキングとなっています。
(※2) 2018年12月時点
 

 

 

【asoview!概要】

全国約5,500店舗の事業者と提携、国内の遊び・体験プログラムを約435ジャンル・約19,000プラン以上をご紹介している日本最大の遊びのマーケットプレイスです。「パラグライダー」や「ラフティング」など地の利を活かしたアウトドアレジャーのほか、「陶芸体験」や「そば打ち体験」など地域に根ざす文化を活かした魅力的な体験プログラムをご紹介するとともに予約できるサービスを提供しています。https://www.asoview.com/
 



1位 陶芸体験・陶芸教室 (1-)

体験者数の1位に輝いたのは、陶芸となりました。利用者は意外にも20代後半の女性が多く、土を触ることで癒やされたい、一度は電動ろくろで何か作りたかった、という需要がありました。また、場所を選ばず全国で体験できることや、大きな機材を必要としないため都市部での体験が多いことも人気の一つです。




2位 ガラス工房・ガラス細工 (2-)


吹きガラスから江戸切子まで、様々な方法でガラスを加工する体験。実用的なグラスを作ったり、アクセサリーを作ったりと、様々な物が作れることや、全国的に体験できる場所が多いことから、週末のお出かけ需要や、旅行先での楽しみとして利用する方がいました。 




3位 カヌー・カヤック (3-)


アウトドアアクティビティのトップに位置するのはカヌー・カヤック体験。スポーツのように急流を下ったり、静かな水上でのんびりと自然を満喫したりと、楽しみ方は様々で、30代の男女を中心として根強い人気があります。





4位 SUP(サップ) (4-)


ハワイ発祥、大きめのサーフィンボードに立った状態で乗り、パドルで漕ぐアクティビティです。海や川などフィールドを問わずに気軽に参加出来ることから、近年男女を問わず人気を集めています。





5位 ハーバリウム (43↑


植物標本という意味を持つ比較的新しいジャンルのハーバリウム。ガラスの中に、花や植物をアレンジし保存液となるオイルに浸すものづくり体験で、asoview!では昨年2017年から掲載されました。見た目が美しく、部屋に飾りたいという需要から、20代から30代前後の女性を中心に昨年より需要が急増しました。



6位 シルバーアクセサリー作り (5↓)


カップルでペアリングを作りたいという需要から、シルバーアクセサリー手作りが上位に。体験を行った方は20代中盤が多く、世界で一つだけの指輪をお互いに作り交換するという楽しみ方も他にはない特徴です。





7位 ダイビング・スキューバダイビング (7-)


人気が根強い海のアクティビティ。海に潜ると、普段見ることが出来ない非日常の光景が広がっています。沖縄や伊豆を始めとした綺麗な海で高い人気を誇りました。






8位 ラフティング (12↑)


急流の川を、複数名乗れるボートで下るレジャースポーツ。国内では群馬県みなかみ町、高知県と徳島県を流れる吉野川などで提供されています。また、平均して3.7人で体験することが多く、他の体験と比較してグループで楽しむ傾向が見られました。




9位 シュノーケリング (6↓)


スキューバダイビングと比較して、幼児から高齢者まで幅広い年齢層で体験を行うことが出来、手軽さが特徴のシュノーケリング。沖縄県の青の洞窟や、魚、ウミガメ、サンゴなどを見る体験が人気を集めました。





10位 ボルダリング (11↑)


スポーツクライミングという名前でオリンピック正式種目となったボルダリング。毎年徐々に注目を集めています。特に東京、大阪、名古屋と都市部での利用が多いのが特徴で、年齢や性別、また参加人数を問わずに気軽に楽しめることも人気の理由です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アソビュー株式会社 >
  3. asoview! 「遊びの年間ランキング2018」を発表