万城食品 経済産業省が管轄する「地域未来牽引企業」に選定

わさび製品を中心に香辛料・調味料を開発・製造する、株式会社万城食品(ばんじょうしょくひん 本社:静岡県三島市、代表取締役社長:米山一郎)は、2018年12月25日に経済産業省が管轄する「地域未来牽引企業」に選定されました。

「地域未来牽引企業」とは、地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し、将来、成長が期待できる分野での需要を地域内に取り込んで経済的な波及効果を及ぼすような、地域経済をリードする中核企業と定義されています。地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれる企業が「地域未来牽引企業」として選定されます。

このたび、万城食品は地域経済をつかさどるバリューチェーンの中心的な担い手および、地域の特性・強みを生かした商品づくりが大きく評価され、「地域未来牽引企業」として選定されました。

万城食品はこれからも、“もっとおいしく、もっとたのしく”をモットーに安全安心、おいしい商品を皆様のもとへお届けするとともに、地域経済の活性や、地域の特性・強みを生かす企業として成長して参ります。

■経済産業省公式WEBサイト「地域未来牽引企業」
http://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181225003/20181225003.html
■地域未来牽引企業 選定一覧
http://www.meti.go.jp/policy/sme_chiiki/chiiki_kenin_kigyou/chiikimirai2018.pdf

■「地域未来牽引企業」の選定について
経済産業省は、地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業を「地域未来牽引企業」として選定しています。

■経済産業省による「地域未来牽引企業」への支援について
経済産業省は、「地域未来牽引企業」が、より一層事業を発展させ、地域経済の成長の中核となって活躍するよう、以下の支援を展開しています。

●  各経済産業局に配置された都道府県ごとの「地域未来コンシェルジュ」が、ワンストップで企業からの相談、問合せ等に対応。

●  様々な支援施策や他の事業者の優良な取組事例などを掲載したメールマガジンの発信や、選定証及びロゴマークの交付、選定企業同士・産業支援機関等との交流の場の提供等各種支援を実施。


■株式会社万城食品/会社概要
万城食品は1952年に創業した、わさび製品が主力の香辛料・調味料のメーカーです。わさび産出額、日本一の静岡県の三島市に本社を構え、産地から全国の食卓へわさびを届けています。

現在ではわさび製品に加え、蒲焼のたれ、からし酢みそ、ドレッシング、そうざい用調味料など多様な商品を製造・販売しています。

ホームページ:https://www.banjo.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社万城食品 >
  3. 万城食品 経済産業省が管轄する「地域未来牽引企業」に選定