「食品ロスを削減する専用パック」10名様にプレゼント

10/31(木) 食品ロス削減dayまで ~もったいないキャンペーン~ 開催

令和元年より毎年10月は「食品ロス削減月間」として、食品ロス削減の取り組みを進めることが発表されたことを受けて、家庭用ヘルスケア製品を開発・販売する株式会社アメイズプラス(本社:名古屋市中村区)は、Twitterのクックベリー公式アカウント(@cookvery1)で#クックベリーもったいないキャンペーンを開催します。

本キャンペーンは10月31日(木)「食品ロス削減day」まで実施。

参加してくれた方の中から抽選で10名様に野菜の鮮度や栄養素をキープする「美味しいパック」をプレゼントします。

Twitterのクックベリー公式アカウント:https://twitter.com/cookvery1


◆10月の「食品ロス削減月間」が令和元年からスタート

世界中で食品ロスが問題視される昨今。日本では「食品ロスの削減の推進に関する法律」が10月1日から施行され、農林水産省、消費者庁、環境省が、本年より10月を「食品ロス削減月間」とし取組を進めることが発表されました。
 

◆キッチンブランド「クックベリー」は食品ロス削減に貢献します

 株式会社アメイズプラスのキッチンブランド「クックベリー」(https://www.amepla.jp/cookvery)はキッチンツールを通じて、家族の愛や健康を育むとともに、世界的に問題視される、食品ロス削減の活動にも貢献します。


そこで、クックベリー公式Twitterでは、今回「#クックベリーもったいないキャンペーン」を開催します。

食材のおいしさを長持ちさせるクックベリー「美味しいパック」や食品ロスに関する情報を発信し、社会へ食品ロス削減への意識を啓蒙し、当Twitterをフォロー、RTしてくれた方に「美味しいパック」のプレゼントも行い、食品ロス削減を進めます。

Twitterのクックベリー公式アカウント:https://twitter.com/cookvery1
 


 

ミネラルを含む良質な水とプラスチックの原料を、水熱科学の理論を用いて反応させた特殊な加工技術によって生まれた「新しいプラスチック」を、本商品に使用。さらに、微生物群が作り出す有用な働きをプラスチックに付与させることで、野菜の鮮度が長持ちし、味や栄養素にも好影響を与えます。

現在、家庭ごみの中で最も廃棄されている食品ロスは「野菜」と言われています。傷みやすい野菜を、美味しいパックの中に入れて保存するだけで、通常よりも劣化・腐敗を抑えてくれるため、食品ロスの削減へ貢献してくれます。
 
  • 公式Twitterで「#クックベリーもったいないキャンペーン」


\野菜の鮮度・栄養をキープする「美味しいパック」抽選10名様にプレゼント/

 

○応募方法

公式アカウントをフォロー&対象ツイートをRT

○キャンペーン期間
2019年10月15日(火)20:00 ~ 2019年10月31日(木)17:59

○Twitter クックベリー公式アカウント @cookvery1
https://twitter.com/cookvery1

○キャンペン規約 
https://amaze-plus.com/2019/10/15/2-4/

○お問い合わせ先
info@amaze-plus.com
※ご回答までに日数がかかる場合がございますが、予めご了承ください。
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アメイズプラス >
  3. 「食品ロスを削減する専用パック」10名様にプレゼント