Forbes JAPAN誌が選ぶ “世界を変える30歳未満30人の日本人” にペイミー代表 後藤が選出されました

フィンテックを活用した給与即日払いサービス「Payme」を提供する株式会社ペイミー(東京都渋谷区、代表取締役社長:後藤 道輝)は、この度Forbes JAPAN誌が発表した “世界を変える30歳未満30人の日本人” 「30 UNDER 30 JAPAN 2019」のエンタープライズ・ビジネス アントレプレナー部門に、代表 後藤が選出されたことをお知らせいたします。

 

◼️ペイミー代表 後藤道輝よりコメント

「導入企業の皆様、株主の皆様、ステークホルダーの皆様のお陰様です。ありがとうございます。お客様の期待に応えて、もっと便利に、もっと普及させていけるように、社員一同、一丸となって事業を推進していきます。世界を変える第一歩として、まずは徹底的に組織内の当たり前の基準を高めて、顧客価値最大化に努めます」
 

◼️「30 UNDER 30 JAPAN 2019」とは

世界的な経済誌であるForbesの日本版「Forbes JAPAN」主催のアワード。クリエイティビティを武器に日本から世界を変えようとしている若き才能の持ち主、次世代を担う30歳未満の30人を豪華アドバイザリーボードで選出する。2回目となる2019年のテーマは「FIND YOUR COLOR」。アート、スポーツ、サイエンス、ビジネスなど全10カテゴリーから新時代を担う若き才能の持ち主を表彰している。

「30 UNDER 30 JAPAN 2019」詳細はこちら
  後藤のインタビュー記事もご覧いただけます
  https://forbesjapan.com/30under30/
 

◼️代表取締役 後藤道輝(26)

慶應義塾大学卒業。East Ventures、メルカリ、CAMPFIREを経て、ディー・エヌ・エーに入社し、戦略投資推進室に勤務。2017年7月に株式会社ペイミーを創業。「資金の偏りによる機会損失のない世界を創造する」をミッションに、最も健全かつ身近な収入源である給与一つの選択肢として、給与即日払いサービス「Payme」を展開。約50年間変わっていない「給与の自由化」を目指す。
 

◼️給与即日払いサービス「Payme」について

 

 

企業の勤怠データと連携し、実労働時間から給与計算を行って即日払いを行うサービスです。シンプルでわかりやすいUI・UXを実現させ、飲食チェーン・人材派遣・小売・コールセンター、アミューズメント、物流など300社以上と契約。アルバイト労働力が不足する企業や20代を中心とした若い世代から支持を集めています。利用できる金額の上限は、その日までに稼いだ額の70%まで。この金額の範囲であれば、1000円単位でいつでも即日払いを申請できます。
 

◼️採用情報

ペイミーでは、「資金の偏りによる機会損失のない世界を創造する」ため、一緒に働く仲間を募集しています。セールス、カスタマーサポート、PR、マーケティング、コーポレートの5つの職種で積極採用を実施しております。※募集職種は随時更新予定です。

株式会社ペイミー 採用情報
https://www.wantedly.com/companies/payme


株式会社ペイミー
代表者:代表取締役 後藤 道輝
資本金:4億5,500万円(資本準備金含む)
設立:2017年7月
所在地:東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ822
サイト:https://corp.payme.tokyo/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ペイミー >
  3. Forbes JAPAN誌が選ぶ “世界を変える30歳未満30人の日本人” にペイミー代表 後藤が選出されました