MiiTelが経済産業省「IT導入補助金2020」の対象ツールに認定されました

株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史 以下、レブコム)は、経済産業省が推進するサービス等生産性向上IT導入支援事業「IT導入補助金2020」において、IT導入支援事業者に採択されました。また、レブコムが開発・提供するAI搭載クラウド電話「MiiTel(以下、ミーテル)」が、「IT導入補助金2020」の対象ツールに認定されました。
ミーテルはC類型に分類されており、一定の条件を満たした対象事業者は、導入にかかる費用(初年度月額利用料含む実費)の3/4にあたる金額を、補助金として受けとることが可能になります。詳細は「IT導入補助金」公式ページよりご確認ください。
■経済産業省「IT導入補助金2020(C類型)」について
「IT導入補助金2020(C類型)」は、テレワーク導入や業務改善の費用についての資金繰りにお悩みの事業者が、認定を受けた事業者のITツールの導入支援を受けられるものです。
IT導入補助金 https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/

 



■補助金申請スケジュール
  申請期限
第3次申請 6/12(金)17:00
第4次申請 6/26(金)17:00
第5次申請 7/10(金)17:00
第6次申請 8/31(月)17:00
第7次申請 9/30(水)17:00

 


■ミーテルについて
ミーテルは電話営業やコールセンター業務における通話内容をAIで採点し、都度フィードバックすることで商談獲得率・成約率向上を実現するIP電話システムです。
顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス問題を解消し、成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げます。担当者自ら学ぶセルフコーチングツールとして、リモートワーク環境の早期構築ツールとしてる幅広い業界でご活用いただいております。

■お問合せについて
・公式サイト:https://miitel.jp
・資料請求:https://miitel.jp/document-request/
・サービスのお問合せはこちら:sales@revcomm.co.jp

■会社概要
「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る」をミッションに、営業におけるトークの可視化とセルフコーチング、テレワーク化を実現する音声解析AI電話ミーテルを提供しています。2020年にはGoogle for Startups Acceleratorに採択され、2019年にはB-Dash Camp2019、TechCrunch Tokyoにて優勝、日本HR大賞や東京都主催世界発信コンペティションなどの様々な大会で入賞。ミーテルはサービスリリース約1年半で8,500ユーザーにご利用いただいております。
  • 企業名  :株式会社RevComm
  • 所在地   : 東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル3階
  • 代表者   : 會田 武史
  • 事業内容 :AI × 音声のソフトウェア・データベースの開発
  • 企業サイト:https://www.revcomm.co.jp/

【本件に関するお問合せ】
株式会社レブコム
広報担当:藤村
TEL:03-4405-0816
E-mail:pr@revcomm.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)レブコム/MiiTel >
  3. MiiTelが経済産業省「IT導入補助金2020」の対象ツールに認定されました