事業推進のためのビジネスフレームワークツール「BizMake」に新機能、ビジネスシーン別フレームワークセットや新料金プラン等が追加に

ITサービスの提供を行う東京システムハウス株式会社は、アイデアの整理・共有ができるビジネスフレームワークツール「BizMake」において、ビジネスシーン別に必要なフレームワークをテンプレート化、またオリジナルテンプレートを作成できる新機能等をリリースしました。

 

今回のアップデートは、頻繁に使用するフレームワークをグループ化し、カスタマイズできる「オリジナルテーマ作成機能」に加え、フレームワークの入力完了率が数値化され、進捗状況を可視化できる「クエスト機能」を新たに追加しました。また、サンプルテーマ(新規事業企画、既存事業改善、マーケティング、採用活動、営業・提案等)を選ぶことで、利用場面に応じた最適なフレームワークが表示されるUIに変更しました。
 

  • 機能アップデートの背景

「BizMake」は、20種類以上のフレームワークを活用して、アイデアや考えを効率的に整理することができるWebサービスです。新規事業担当者やマーケター、コンサルタント、営業、採用担当者など幅広い方にご利用いただき、現在ユーザー数約7,000を突破しています。

これまでも多様な目的で利用いただいてきましたが「チーム内の思考整理の進捗状況を確認したい」「自社のビジネス向けにカスタマイズして利用したい」というニーズやフレームワーク初心者の方から「事業推進のためにフレームワークを活用したいが、いつ、どのフレームワークを使用すればよいかわからない」という声を受け、この度機能アップデートを行いました。
 

  • 主なアップデート機能

1. オリジナルテーマ作成機能

同じ新規事業を立案するプロジェクトでも、企業やビジネス規模、業種によって考え方が異なるため、アイデア発想・整理で活用するフレームワークも異なります。この機能は、企業やチームの考え方に沿ったフレームワークや頻繁に使用するフレームワークをグループ化し、オリジナルテーマとしてテンプレート化できる機能です。作成したオリジナルテーマは、他のBizMakeユーザーへ共有できるため、企業やチーム内で共通した流れで思考整理をすることができます。

※無料プランでは1つまで、有料プランでは無制限でご利用いただけます。

2.サンプルテーマが表示されるUIへ変更

フレームワークをどのタイミングでどのように使うべきかわからない、慣れていないという方でも利用しやすいように、新規プロジェクトを作成する際、サンプルテーマが選択できるようになります。自身の状況にあったテーマを選択後、フェーズ毎に表示されるフレームワークに沿ってアイデア発想・整理が可能です。


【サンプルテーマのフェーズ例】
・新規事業企画

  1. 課題発見(ジョブ理論、ペルソナキャンバス)
  2. 事業アイデア(バリュープロポジションキャンバス)
  3. 外部環境調査(PEST分析、5フォース分析、ポジショニングマップ)
  4. ビジネスモデル(カスタマージャーニー、ビジネスモデルキャンバス、リバース財務ツリー)
  5. 仮説検証(プレスリリース、MVPキャンバス)


・既存事業改善

  1. 現状把握(バリューチェーン、バランスト・スコアカード、ビジネスモデルキャンバス)
  2. 外部環境分析(PEST分析、5フォース分析)
  3. 戦略策定(ビジネスモデルキャンバス)

3.クエスト機能

サンプルテーマのフェーズ毎にフレームワークの入力完了率が数値化され、進捗状況が可視化される機能です。プロジェクト管理がこれまで以上にスムーズに行えます。製品・サービス全体を網羅して思考整理する際におすすめです。

4.新料金「コンサルタントプラン」追加

料金プランとして新たに「コンサルタントプラン」を追加しました。本プランは、コンサルタントの方向けのプランです。クライアント企業の現状・課題を分析する際や改善提案を行う際にご利用いただけます。他プランは、BizMakeユーザーのみとフレームワークの共有・編集ができますが、本プランは非BizMakeユーザーともフレームワークを共有・編集できる「ゲスト編集招待機能」が利用できます。

・料金プラン
プラン:Free(0円)、Personal(330円/月)、Community(660円/月)、Consultant(1,100円/月)、Company(法人向け請求書払い)

5. その他機能追加・修正
 

  • オリジナルテーマ作成、5社限定で無料コンサルキャンペーンを実施

企業やビジネス規模、業種によってビジネス構想が異なるように、思考整理のポイントも若干異なります。今回5社限定で、企業に合った「オリジナルテーマ作成(思考整理の型)」を考えるコンサルキャンペーンを60分無料で実施します。これまで100以上のプロジェクト支援をしてきたコンサルタントが担当します。この機会に、自社だけのアイデア発想・整理の流れを明確にし、事業推進をより効果的に進めましょう。

・キャンペーン応募方法
下記URLよりお申込みください。
https://forms.gle/dK4JzhKeSsBDSMk2A
 

  • BizMake(ビズメイク)とは?

経営戦略や事業計画の現状分析を行う際に使用する「SWOT分析」やスタートアップ時に役立つ「リーンキャンバス」などのフレームワークがWeb上に用意されており、書き込み、ドラッグアンドドロップで並べ替えることにより、戦略立案や思考の整理ができるWebサービスです。全20種類以上のフレームワークからシーンに合わせて利用可能です。

ビジネスフレームワーク作成に特化した機能と操作性のため、アイデアを入力し簡単に整理・可視化することができます。また、作成したデータを他者に共有・同時編集できるためコミュニケーションコスト削減にも繋がります。

アカウント作成は公式ページからできます。
URL:https://bizmake.jp/

【BizMakeで利用できるフレームワーク】
ビジネスモデルキャンバス/リーンキャンバス/プレスリリース/バリュープロポジションキャンバス/ジョブ理論/ペルソナキャンバス/共感マップ/カスタマージャーニー/STP分析/4P分析/4C分析/PEST分析/5forces分析/事業環境マップ/ポジショニングマップ/3C分析/SWOT分析/ミッション・ビジョン・バリュー/バリューチェーン/バランス・スコア・カード/MVPキャンバス/リバース財務ツリー/IF I was a CMO

【東京システムハウス株式会社について】
代表取締役社長:林 知之
本社住所: 東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル 5F
創立:1976年
業務内容:マイグレーションサービスや金融ソリューションサービス、パッケージソフトの企画、開発などを手がける独立系ITサービス企業
コーポレートサイト:https://www.tsh-world.co.jp/

【問い合わせ先】
東京システムハウス株式会社 WEBサービスプロジェクト 今井
E-mail:info@bizmake.jp

【本件に関するメディアからの問い合わせ先】
東京システムハウス株式会社 広報 原口
E-mail:pr_info@tsh-world.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 東京システムハウス株式会社 >
  3. 事業推進のためのビジネスフレームワークツール「BizMake」に新機能、ビジネスシーン別フレームワークセットや新料金プラン等が追加に