名大発ベンチャー・Sonoligo(ソノリゴ)が約7千万円調達

個人向けサービス関西展開とウェルビーイング推進を目的とした法人向けサービス開発を進める

Sonoligoは合計約7千万円の資金調達を実施いたしました。個人向けサブスクリプション型イベント予約プラットフォーム「Sonoligo」の関西展開や、法人向け文化コンテンツ提供サービスの開発・販路拡大に投資し、日本に暮らす人々の文化体験機会を創出してまいります。
文化体験のサブスクサービス「Sonoligo(ソノリゴ)」などを提供する名古屋⼤学発ベンチャーの株式会社Sonoligo(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:遠⼭寛治、以下Sonoligo)は、この度、既存株主であるBeyond Next Venturesに加え、トビラシステムズ株式会社、個人投資家を引受先とする第三者割当増資、また、日本政策金融公庫より、合計約7千万円の調達を実施いたしました。このうち3千万円は、日本政策金融公庫の新型コロナ対策資本性劣後ローンを活用した融資です。

■会社概要
Sonoligoは、音楽・スポーツ・アートなどの各種オンライン・オフラインイベントを月額980円〜2,980円(税込)で楽しめるサブスクリプション型イベント予約プラットフォーム「Sonoligo」( https://www.sonoligo.com/ )を開発・運営する名古屋⼤学発ベンチャーです。⽼若男⼥すべての⼈が、⽇常的に⾳楽・スポーツ・アートといった⽂化イベントに簡単・手軽に参加できる仕組みをつくることにより、文化あふれる豊かな社会をつくることを目的に創業しました。


■資金調達の目的・今後の展開
2021年内にサブスクサービスの関西地方での展開を計画しており、そのための資金とマーケティング費用・人件費に投資します。また、ますますニーズの高まるWell-Being(ウェルビーイング)分野において、文化の持つ力を生かし貢献することを目的に、社員や会社の文化活動推進に取り組みたいすべての企業を対象とした法人向けサービスの開発、またその販路拡大に投資します。法人向けサービスでは、昨年より積極的に取り組んできた500以上のオンラインイベントや良質な動画コンテンツといった実績を活用し、従業員の文化体験や社内の交流・つながりを創出する仕組みを提案します。働く人々のWell-Beingを高めることが、新型コロナ感染症の影響などで顕著になりつつある職場の様々な問題の解決につながると考え、注力してまいります。

■本ラウンドでの引受先
  • Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤毅)は、2019年3月に東海広域5大学2号ファンドを設立し、ギャップ(起業前)・シード・アーリーステージの東海広域5大学に由来する企業を中心として、幅広いテクノロジー領域に投資を行い、起業準備から起業後のエクイティ資金の提供、事業成長までを一貫してサポートすることを目的に設立されました。今回のSonoligoへの出資は、2019年11月のシードラウンド(5千万円)に続いての追加出資となります。
  • トビラシステムズ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社⻑:明田篤、証券コード:4441)は、迷惑電話や迷惑SMSの情報を膨大に収集・分析してデータベースを構築し、特殊詐欺やフィッシング詐欺を未然に防ぐ「迷惑情報フィルタサービス」を提供する企業です。また同社は、東海地区のベンチャー企業として初めて、東海地区の次世代の起業家を育成・支援する「Tongaliプロジェクト」のプラチナスポンサーに就任するなど、ベンチャー支援にも積極的に取り組んでいます。
  • 日本政策金融公庫からの融資は、新型コロナ対策資本性劣後ローンを活用したものです。
Sonoligoは、これからも個人向けの月額定額制サービスや法人向けプランを通し、日本に暮らす一人でも多くの方々が様々な文化イベントに出会い楽しむ機会を提供し、ご利用いただく方々の「人生を変える始まり」を創出してまいります。

■ Sonoligo基本情報
  • 本社:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番3号
  • 代表取締役:遠山寛治
  • URL:https://www.sonoligo.com/

■本件に関するお問い合わせ先
<メディアの方よりご取材に関して> 担当:遠山 toyama.kanji@sonoligo.com
<企業・一般の方よりサービスに関して>    support@sonoligo.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Sonoligo >
  3. 名大発ベンチャー・Sonoligo(ソノリゴ)が約7千万円調達