山野哲也選手 JAF全日本ジムカーナ選手権2022年シーズンJG10クラスチャンピオンをアルピーヌA110Sで獲得 通算22回のシリーズチャンピオン獲得の偉業を達成

 アルピーヌ・ジャポン(所在地:神奈川県横浜市、CEO:小川 隼平)がサポートするレーシング  ドライバーの山野哲也選手が、アルピーヌ A110 Sを駆り参戦している全日本ジムカーナ選手権JG10クラスで、今シーズン参戦した全てのイベントで優勝を飾り、早くも2022年シーズンのシリーズチャンピオンを獲得しました。
 このチャンピオン獲得により、山野哲也選手はこれまで参戦したJAF全日本ジムカーナ選手権において、通算22回のシリーズチャンピオン獲得の偉業を達成しました。

 前戦までの全5戦中、4戦で優勝し(1戦欠場のためノーポイント)、着実に勝利を重ねて迎えた第6戦岡山国際サーキット戦は、山野選手が優勝してポイントランキング2位の選手が3位以下となった場合、山野選手のシリーズチャンピオンが決まる大事な1戦となりました。

 山野選手は、土曜日に行われたヒート1、ヒート2をトップタイムで終え、翌日曜日も、路面温度の上昇でコンディションが悪化する中、巧みなマシンコントロールによってヒート1、ヒート2とも見事トップタイムを記録し、完全優勝を飾りました。そして、ランキング2位の選手がこの第6戦をを3位で終えたため、山野選手のシリーズチャンピオンが確定しました。

 

 時代に合った、新たなジムカーナの世界を切り拓くことを目指し、オートマチック限定免許で運転できる2ペダル+電動パーキングブレーキ車で挑戦した今シーズン、シリーズチャンピオンを獲得した山野選手の活躍に、大いに注目が集まっています。


【山野哲也選手コメント】
 速度が高く、コーナリングが長く、そして平均スピードも高いラウンドだった。セッティングの満足度は頂点に至っていないが、A110S というマシンのサーキット特性がタイムに表れた。2 位にポルシェ 911GT3 も入り、このクラスの車種構成も面白くなってきた。
 私の意思に同意してくれるエクセディ、ブリヂストン、ルノー・ジャポンはじめスポンサー各社に、そして無償の愛を注いでくれるファンに心から感謝している。クルマの進化や免許制度に合致する新しいジムカーナの世界を作り上げていきたい。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アルピーヌ・ジャポン >
  3. 山野哲也選手 JAF全日本ジムカーナ選手権2022年シーズンJG10クラスチャンピオンをアルピーヌA110Sで獲得 通算22回のシリーズチャンピオン獲得の偉業を達成