フィットネス業界日本初「従量課金制」×「固定料金」で全く新しいジムの通い方。フィットネスシェアリング「Nupp1」と 「スポーツクラブNAS」で新料金体系を共同開発

スタートアップと大手スポーツクラブ運営企業の連携によりフィットネスクラブのDXを実現

日本初の従量課金フィットネスシェアリングサービス「Nupp1(ナップワン)」を運営するナップワン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:柿花 隆幸)は、「スポーツクラブNAS」を運営するスポーツクラブNAS株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:柴山 良成)との共同開発でフィットネス業界初の「従量課金制サブスクリプション (usage-based subscription」を実現しました。今回実現されるサブスクリプションの「60分プラス」は8月17日 (火) より、スポーツクラブNASの4店舗から利用可能になります。

 

Nupp1(ナップワン)日本初新料金プラン。大手フィットネスクラブクラブNASと共同開発。Nupp1(ナップワン)日本初新料金プラン。大手フィットネスクラブクラブNASと共同開発。


Nupp1(ナップワン) :https://www.nupp1.io/
スポーツクラブNAS  :https://www.nas-club.co.jp

 Nupp1(ナップワン)は、これまでフィットネ施設に通っていたが退会してしまった人や、フィットネスを新しく始めようとする人に対し、従量課金の入退出を簡単にDX(デジタルトランスフォーメーション)できる仕組みを提供しています。ユーザーは、ナップワンアプリで事前に本人確認を完了することにより、Nupp1のシステムを導入するフィットネス施設で、月額費用なし、好きなときに、好きな施設で、自分が必要な利用時間だけフィットネス施設に通えることがメリットでした。

月4〜5回以上利用したいユーザー様(続けられるユーザー)からは、続けるきっかけができ、さらにナップワンでの月額システムが欲しいというリクエストをいただいていました。フィットネス運営会社は基本「通常の月額通い放題プラン」と24時間を含む「時間枠限定プラン」を主な料金体系として提供しています。今回の「60分プラス」はこの「月額通い放題」と「都度利用」の間に存在している、現時点でなかなか自分に合うプランを選べないユーザーにとって、今までにはない新たな通い方になります。
 
  • 「60分プラス」とは


「60分プラス」は 柔軟性のある「従量課金」と利用頻度が多い方が利用される、「月額会員」(サブスプリクション)を組み合わせた、「コロナ禍に短時間でジムを使いたい方」へ新しいジムへの通い方の提案です。フィットネス業界では世界初、今まで実現できていなかった新型の「従量課金制サブスクリプション」となります。
具体的には、固定料金を払えば、プラン加入した指定施設を31日の期間中(※①)、1日1回60分間、追加料金無しでご利用いただけます。60分以降のご利用時は、通常のNupp1 の従量課金が適用(1分単位料金)されますので、長時間滞在することもできます。従来フィットネスクラブの月額会員になるには、フィットネスクラブに来館し、入会申し込み、本人確認など、多くの手続きが必要です。また各種変更や退会をする際にも、来館での手続きを必要としています。「60分プラス」は、この全てのステップをスマートフォン1つで可能にしました。

※①:31日の期間中における施設定休日はご利用いただけません。
 
  • 「60分プラス」詳細


加入・キャンセルいつでも可能、5,500円(税込)の一度の支払いで31日の期間中、1日1回60分まで追加料金無しで加入した施設がご利用可能になります。60分以降のご利用時は、通常の1分単位の課金制に切り替わるので、長時間施設をご利用いただくことも可能です。

※加入にあたり、ナップワンアプリでの登録・本人確認が必要です。店舗(来店)でのお手続きはできませんのでご注意ください。
※スタジオレッスン・プールレッスン等はご利用いただけません。


詳細説明はこちら:
https://note.com/nupp1/n/n2f0e1d608c35 

 

  • 共同開発と新プランに関してのコメント
スポーツクラブNAS株式会社 ブロック長 細田 道子氏
コロナ禍において、「健康」や「運動」の重要性を意識された方は多いと思います。このような状況で、スポーツクラブが新たな生活様式に合致した利用システムを導入することは必須であり、Nupp1様と共同開発することができれば、スポーツクラブNASにおけるDXをより早く進められると考えました。今回の取り組みは、単に新しい利用システム導入ではなく、DXを加速させるための共同開発と考えます。今後、さらに健康への意識が高まる中、様々な利用方法やサービスの提案により地域の皆様の健康をサポートできる企業であり続けたいと思います。

ナップワン株式会社 代表取締役 柿花 隆幸
スポーツクラブNAS様は、約50年もの長きにわたり、日本のフィットネス文化を創造し続けています。Nupp1の新しいビジネスモデルに共感をいただき、早期にパートナーとして共に歩んでまいりました。このコロナ禍の中、必要なフィットネスクラブの場の通い方の変革を、スポーツクラブNAS様とNupp1での共同開発をし、フィットネス産業の発展の想いを込め、開発をしました。大手フィットネス企業とスタートアップの力を結集することで、フィットネスクラブが身近で気軽に通いやすい環境づくりをし、「日本のフィットネスの参加率を世界No.1にし、 未来の人々の健康を創る」ことを体現していきたいと思います。
 
  •   今回導入される「60分プラス」利用可能の店舗


スポーツクラブNAS 光が丘
https://www.nupp1.io/facilities/65
通常料金:1分/35円 (最大料金3,000円)
「60分プラス」料金:5,500円(税込)
募集人数:50名予定

スポーツクラブNAS 西日暮里
https://www.nupp1.io/facilities/45
通常料金:1分/35円 (最大料金3,000円)
「60分プラス」料金:5,500円(税込)
募集人数:50名予定

スポーツクラブNAS 新川崎
https://www.nupp1.io/facilities/144
通常料金:1分/35円 (最大料金3,000円)
「60分プラス」料金:5,500円(税込)
募集人数:30名予定

スポーツクラブNAS 西船橋
https://www.nupp1.io/facilities/53
通常料金:1分/35円 (最大料金3,000円)
「60分プラス」料金:5,500円(税込)
募集人数:30名予定

※各施設の募集人数は先着順になります。
※料金に関してのお問い合わせは全てNupp1 サポートチームで対応いたします (support@fit.nupp1.io)


リリースさせていただく、毎日60分まで利用可能+60分以降1分課金のサブスクリプションになりますが、別の条件での「特別プラン」作成も同じ仕組みで作成することが可能です。Nupp1特有の1分単位課金可能な従量課金システムと、フィットネスクラブの月額サブスクリプションを組み合わせることで、今まで狙うことのできなかったセグメントへのアプローチが出来ると想定しています。
ご興味があるフィットネスジムオーナー、フィットネスクラブ責任者の方は、お気軽にNupp1の営業チームまでご連絡ください。日本のフィットネス業界の回復を共に目指しましょう。今までになかったプランと通い方を一緒に実現できればと思います。

▷お問い合わせ 営業窓口 松原
TEL :080-4914-4139
E-mail:sales@nupp1.io​
 
  • 「Nupp1(ナップワン)株式会社」について
Nupp1(ナップワン)は世界の人々に自由なライフスタイルをビジョンに。日本のフィットネス参加人口を世界一にするをミッションに掲げ、登録ユーザー2.7万人、全国提携施設329店舗のパートナー様と共に、日々フィットネス参加人口を増加させるため、運営しています。
 
  • 会社概要
商号   : ナップワン株式会社(Nupp1,Inc.)
代表者  : 代表取締役 柿花 隆幸
所在地  : 〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2−15 ダイヤビル 2F
資本金  :76,118,775円
URL     :https://www.nupp1.io/
アプリ    :https://click.nupp1.io/a8IM/pr (iOS/Android対応)
事業内容 :フィットネスシェアリング事業
 
  • 主要株主 
・株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
・みずほキャピタル株式会社
・三菱UFJキャピタル株式会社
・著名エンジェル投資家複数名

▷お問い合わせ 広報窓口 柿花
TEL :080-3019-6341
E-mail:pr@nupp1.io
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ナップワン株式会社 >
  3. フィットネス業界日本初「従量課金制」×「固定料金」で全く新しいジムの通い方。フィットネスシェアリング「Nupp1」と 「スポーツクラブNAS」で新料金体系を共同開発