『防災する自転車II(ツー)』2020年11月25日(水)から発売。防災のセレクトショップ「セイショップ」が提供

~Withコロナ時代の移動手段に…もっと楽しく、もっと備える、新しい“防災する自転車”~

防災のセレクトショップ【セイショプ】(運営:株式会社セイエンタプライズ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平井 雅也)は2013年の販売以来、多くのお客様にお問い合わせ、ご注文をいただいた「防災する自転車」を「防災する自転車II(ツー)」としてリニューアルし、2020年11月25日より販売開始します。

 

防災する自転車II防災する自転車II

◎商品ページ:https://www.seishop.jp/equipments/bike/

~お求めは、「セイショップ」( https://www.seishop.jp/ )にて~

■防災する自転車II(ツー)
東日本大震災後には電車が止まり、移動する人と車で道路はあふれかえりました。あの時に、徒歩で移動するよりも楽で、健康的でもある自転車通勤が注目され「防災する自転車」は生まれました。アフターコロナでは、ソーシャルディスタンスが必要となり、リモートワークやテレワーク、時差通勤により、かつてほど電車や道路が混むことはありませんが、経済活動が続く限り、私たちが移動を止めることはありません。

Withコロナ時代の移動には、ソーシャルディスタンスを保って自転車に乗るのが便利です。そしてひとたび災害が起これば、やはり道路は悪路となり普通の自転車では役に立ちません。

2013年の販売以来、多くのお客様にお問い合わせ、ご注文をいただいたセイショップの「防災する自転車」は、このたび「防災する自転車II(ツー)」としてリニューアルします。
「防災する自転車II(ツー)」は、ノーパンクタイヤを搭載した折りたたみ電動アシスト自転車です。

ジック株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:池田 勝義)が製造する、最軽量クラスの折りたたみ電動アシスト自転車(TRANS MOBILLY NEXT163)に株式会社東部(所在地:愛知県春日井市、代表取締役社長:後藤 秀雄)が提供するノンパンクタイヤ(T-core)を搭載し、折りたたみペダルを標準装備しています。

最軽量クラスの折りたたみ電動アシスト自転車最軽量クラスの折りたたみ電動アシスト自転車

■防災する自転車II(ツー) 3つの特長

1. ノーパンク
2. 折りたたみ電動アシスト
3. モバイルバッテリー

■防災する自転車II(ツー)は、備えて暮らす快適自転車
防災する自転車II(ツー)は、電動アシスト自転車ながら、軽く・小さく・折りたたみが可能なので、従来製品(※防災する自転車)に比べ災害時はもちろん普段使いにもより快適です。
例えば自動車に積んで移動し、現地のちょっとした移動は自転車でするPark & Ride(パーク・アンド・ライド)やポタリングを楽しめます。電動アシストなので、長距離や坂道も気持ちよく走ることができます。

折りたたみだから保管スペースの心配がなく、持ち運べば、自転車置き場は不要です。そして、肝心な災害時にはノーパンクタイヤが役に立ちます。災害現場は道路もせまく瓦礫が散乱する悪路になるので普通の自転車ではすぐにパンクしてしまいます。また、現場近くまで車で移動し、災害現場では自転車に乗り換えるということも小型軽量だから可能になります。

さらに、バッテリーも小型軽量になりました。自転車に取り付けるライトの形をしていて、取り外して持ち歩ける、モバイルバッテリーになります。隙間時間で充電をしていつも満タンに備えておけば、スマホの充電に使用するのはもちろん、USB接続の扇風機や温風器などのミニ家電の電池となります。

バッテリーは小型の脱着式なのでスマホの充電にもバッテリーは小型の脱着式なのでスマホの充電にも

■防災する自転車II(ツー)のポイント
≪災害時に役に立つ≫
防災する自転車II(ツー)は、災害時に役立つ機能を備えながら、街乗り自転車として普段から使用いただけます。

≪スマホの充電手段に≫
防災する自転車II(ツー)に搭載しているバッテリーは「約1秒」で取り外し可能な脱着式バッテリーです。取り外してUSB出力端子から携帯電話等の充電が出来ます。

≪災害時の移動手段に≫
パンクの心配がないので、災害時のがれきや小石の多い悪路も走破可能です。渋滞や通行止めが発生し自動車での移動が難しい災害時の移動手段として最適です。普段から車を保管場所にしておけばもしもの時も安心です。

≪懐中電灯に≫
バッテリー先端部分にはデュアルヘッドライトが付いているので、自転車から取り外して懐中電灯としても使用が可能です。

≪毎日の通勤・買い物を快適に≫
東日本大震災や新型コロナウイルスの流行をきっかけに自転車通勤する人が増えています。片道10キロ20キロの距離を通勤したり、坂道の多い近所へ買い物に行ったり、日々の生活を快適にします。
超軽量で折りたたみが出来るので、オフィスや自宅など室内で保管できることも安心です。

≪車に積んで…電車に乗って…、旅先で散策を楽しむ≫
電動アシストなのに超軽量で折りたたみが出来るので車のトランクに積んだり、電車や船に持ち込んで、旅先に持って行くことが出来ます。旅先で風を感じながらカフェやレストランへ移動したり、小道を通って散策をしたり、旅行をもっと楽しいものにします。

防災する自転車IIの特徴防災する自転車IIの特徴

【商品詳細】
製品名称    : 防災する自転車2 SEISHOPオリジナル トランスモバイリー・ネクスト163
価格      : 138,000円+税
ボディカラー(色): シルバー、ブラック
組立時サイズ  : 1290×540×760-960mm
折りたたみサイズ: 700×450×610mm
重量      : 約11.9kg(バッテリー・スタンド・ペダル除く)
タイヤサイズ  : 16×1.2
バッテリー形式 : 充電式リチウムイオンバッテリー
◎商品ページ  : https://www.seishop.jp/shopdetail/000000001039/

【SEISHOP(セイショップ)について】
セイショップは、災害時でも普段と変わらない豊かな生活が送れるように皆様の備えをお手伝いする防災のセレクトショップです。
2001年のオープンより、多くの法人、自治体、個人のお客様にご愛顧いただいております。また、2015年からは市ヶ谷(東京都千代田区)にショールームをオープンし、非常食の試食や防災グッズを手に取って試したり、購入することもできます。
◎ホームページ  : https://www.seishop.jp/

<ショールーム概要>
所在地     : 東京都千代田区四番町8-13(吉野ビル1F)
営業日     : 平日 AM10:00-PM5:00 ※土日祝休み
電話番号    : 0120-108-565
アクセス    : 都営新宿線 市ヶ谷駅(A3出口) 徒歩2分/JR市ヶ谷駅 徒歩5分
ショールーム案内: https://www.seishop.jp/realshop/

<会社概要>
商号      : 株式会社セイエンタプライズ
本社      : 東京都千代田区九段南4-7-16
代表取締役社長 : 平井 雅也
設立日     : 1978(昭和53)年9月18日
URL        : https://www.sei-inc.co.jp/corporate

※「防災する自転車(R)」はセイショップ(株式会社セイエンタプライズ)の登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セイエンタプライズ >
  3. 『防災する自転車II(ツー)』2020年11月25日(水)から発売。防災のセレクトショップ「セイショップ」が提供