持続化給付金 不正受給 弁護士が助けたい 新プラン発表 2020.10 | 弁護士法人 法律事務所オーセンス

続化給付金の不正受給をしたとして詐欺罪で逮捕されたという報道が相次いでいる。
これに伴い、全国の消費生活センターには、不正受給に関わった方から「自分も不正受給してしまった」「自分がしたことは違法か」「返金したい」などという相談が相次いでいるとのこと。
自分に本来持続化給付金を受給する資格などない、そのことはわかっていた。
このようなことで悩む相談者を助けたい、
弁護士法人 法律事務所オーセンス(東京都港区)は、この度 持続化給付金 不正受給 に関する法務サービスを開始する決定をいたしました。


コロナ禍で、アルバイトの収入がなくなってしまった、配偶者の給与が下がってしまい、自粛中の家族の生活を支えるお金に窮してしまった、今後の生活に不安を感じている、そのような局面に追い詰められたとき、「簡単にお金が手に入る方法がありますよ」と誘われ、その甘い話に乗ってしまった。しかし、連日の不正受給に関する報道を見て初めて事の重大さに気づき、今、日々不安を感じている方がいるのではないでしょうか。

ご家族に、職場に言えない不安を抱えながら日々生活するのは大変。
捜査が進み、警察官が摘発に来るかもしれない。

そのような思いを抱えている方に、ご自身の関わってしまったことをきちんと清算し、その上ですっきりとした気持ちで新たな一歩を踏み出すためのお手伝いをしたいと考え、そのひとつの選択肢として自首の方法を提案いたします。そして、その一歩をオーセンスの弁護士が全力でサポートいたします。
 
・連日、持続化給付金不正受給のニュースを見るたびに、「自分のところにも今日にでも警察が来るのではないか」と不安で、ネット上で情報収集している方

・先輩、友達に誘われるまま、軽い気持ちで誘いに乗ってしまい、今、とても後悔している方

・「手数料を払うだけで簡単にお金が手に入ります。主婦、学生も大丈夫」というSNSの投稿を信じてSNSを通じて連絡をしてしまった方

弁護士には守秘義務があります。
お伺いした内容を勝手に捜査機関に伝えたり、漏らしたりすることは絶対にありません。
ご自身が不正受給に関わってしまったのではないかとご不安な方、私たち弁護士にご相談ください。

持続化給付金 不正受給のお悩みはこちらでご確認いただけます。
https://keiji.authense.jp/



元検事、髙橋麻理弁護士 (第二東京弁護士会所属)(弁護士法人法律事務所オーセンス)による関連記事

持続化給付金不正受給事件 3人を詐欺罪で起訴 |弁護士法人 法律事務所オーセンス 2020.10.14更新
https://keiji.authense.jp/legal-essay/essay-151.html

持続化給付金不正受給 「私はむしろ被害者」
|弁護士法人 法律事務所オーセンス 2020.10.15更新
https://keiji.authense.jp/legal-essay/essay-152.html

広島県 持続化給付金不正受給の疑いで4人逮捕
|弁護士法人 法律事務所オーセンス 2020.10.16更新
https://keiji.authense.jp/legal-essay/essay-153.html


弁護士法人法律事務所オーセンス
概要
法人名称:弁護士法人法律事務所オーセンス (第二東京弁護士会)
設立:2005年1月15日
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
TEL:03-3585-2666(代表)
FAX:03-3585-2667(代表)
オフィス:六本木・東京・新宿・北千住・横浜・千葉・大阪
ホームページ:https://www.authense.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 弁護士法人法律事務所オーセンス >
  3. 持続化給付金 不正受給 弁護士が助けたい 新プラン発表 2020.10 | 弁護士法人 法律事務所オーセンス