CBcloud シリーズBラウンド総額約12億3,900万円の資金調達を完了

ソフトバンク、佐川急便、日本郵政キャピタルから新たに出資を得て運送業界の変革に挑む

ITを活用し運送業界における新たな価値の創出を目指すCBcloud(シービークラウド)株式会社(東京都千代田区、代表取締役CEO:松本 隆一、以下「CBcloud」)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙)をリード・インベスターとして、佐川急便株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:本村 正秀)、日本郵政キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小塚 健一)、株式会社シーアールイー(本社:東京都港区、代表取締役社長:亀山 忠秀)の4社を引受先とする第三者割当増資を実施し、2019年8月1日に、シリーズBラウンドとなる総額約12億3,900万円の資金調達を完了いたしましたので、お知らせいたします。今回の調達により、2016年9月からのCBcloudの融資を含む累計調達額は、約18億9,000万円となりました。
 CBcloudは、2013年の設立以来、軽貨物と荷主を即時につなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」※1やAIやブロックチェーンを活用した動態管理システム「ichimana」※2の提供を通し、ラストワンマイル*3を担う軽貨物ドライバーが直面する不安定な労働条件の改善と荷主の利便性の追求、およびITソリューションの提供による運送業界の効率化を促進し、社会インフラとしての運送網の強化に取り組んでまいりました。

 この度の資金調達では、合計4社の既存株主および新規引受先を通し資金調達を実施いたしました。本ラウンドの第三者割当増資の引受先であるソフトバンク株式会社との間では、ネットスーパーの宅配事業において2019年6月より連携を開始しており、引き続き協業を進めてまいります。また、日本郵政グループとの間でも、今後、次世代の宅配システムの共創に向け協議を進めていく予定です。なお、佐川急便株式会社とは、個別に業務提携契約も締結し、物流・運送業界におけるビジネス面においても協業を進めております。

 なお、この度調達した資金は、人材の獲得費用に充て、組織体制の強化を図ります。また、既存サービスのマーケティング施策および新サービスの開発費用にも充当し、長期的な成長にむけ強固な経営基盤の構築を目指します。

 CBcloudは、引き続き、ITの活用により運送業界における自動化・効率化を促進するとともに、運送業界の構造改革および全国の登録貨物自動車(一般+軽貨物)の94%を占める中小運送事業者に属するドライバーの労働環境の改善をはじめとした業界が抱える各種課題の解決に取り組んでまいります。

※ 1「PickGo」:軽貨物マッチングプラットフォーム。荷物を送りたい人とドライバーを直接つなぐ唯一の配送クラウドソーシングを実現。URL: https://pickgo.town
※ 2「ichimana」:人工知能とブロックチェーンを活用管理者とドライバーの利便性を徹底的に追求した最もシンプルな動態管理システム。URL: https://ichimana.com
※ 3「ラストワンマイル」:物流におけるラストワンマイルとは、各地方にある最終的な配送拠点から、法人や一般家庭など荷受人に商品を受け渡すまでの区間を指します

 
【 シリーズBラウンド第三者割当増資の引受先 】
■新規引受先
  • ソフトバンク株式会社
  • 佐川急便株式会社
  • 日本郵政キャピタル株式会社
■既存株主
  • 株式会社シーアールイー

【 シリーズBラウンド引受先からのコメント 】
■新規引受先
ソフトバンク株式会社 法人事業統括 デジタルトランスフォーメーション本部 本部長 河西 慎太郎 氏
ソフトバンクは、通信事業を基盤に最先端のテクノロジーを活用し、さまざまな産業のデジタル化を推進することで事業成長を目指す「Beyond Carrier」戦略を掲げています。CBcloudは、優れたテクノロジーとビジネスモデルで物流業界に変革をもたらし続けてきた企業であり、当社の重要なビジネスパートナーとして協業を進めてきました。今回、資本参加を通してCBcloudとの共創を一層深化させ、物流業界が抱える社会課題の解決に向けて取り組んでいきます。

佐川急便株式会社 代表取締役社長 本村 正秀 氏
CBcloudとの資本・業務提携により、外部のノウハウを積極的に取り入れ、お客様の潜在的ニーズや社会から必要とされる商品・サービスの開発に取り組んでまいります。まずは、佐川急便として現在力を入れているTMS(Transportation Management System)の拡販・強化を目指し、刻一刻と変化する経営環境にスピード感を持って対応してまいります。

日本郵政キャピタル株式会社 代表取締役社長 小塚 健一 氏
CBcloud社は物流業界の構造的な課題の解決に挑戦し、荷主、ドライバーの双方にとって価値のあるプラットフォームの構築を目指す企業であり、日本の将来の物流業界を支えていくことを期待しています。本出資を通じて、CBcloud社の取組みを後押しするとともに、日本郵政グループとの連携を検討してまいります。

■既存株主
株式会社シーアールイー  代表取締役社長 亀山 忠秀 氏  
当社は、2017年の資本業務提携以降、軽貨物ドライバー向けの「PickGoカーリース」を行うなど、CBcloudの事業成長に資する協働事業を進めてまいりました。今後も当社の事業ビジョンである「世界の人とモノをつなぐ物流インフラプラットフォーム」構築における重要なパートナー企業として、物流における社会課題と向き合うCBcloudの成長を支援してまいります。

【 CBcloud株式会社について 】
名称 :CBcloud株式会社
住所 :東京都千代田区鍛冶町2-5-5
代表:代表取締役CEO 松本隆一
設立 :2013年10月
資本金 :16億60百万円(資本準備金含む)
事業内容:軽貨物クラウドソーシング事業
URL:https://cb-cloud.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CBcloud株式会社 >
  3. CBcloud シリーズBラウンド総額約12億3,900万円の資金調達を完了