【withコロナ時代の「食」に関する男女7,700名の意識調査】コロナ下で約6割が自炊が増え若年層ほど顕著、自炊頻度のピークは「5月」 増加理由は8割が「感染予防のため自発的に外出を控えた」と最多

〜約半数が「困っている生産者の支援」でオンライン直販の利用を開始、生産者とのつながりを重視〜

全国の農家や漁師などの生産者と消費者を直接繋ぐ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下 「ポケットマルシェ」)は、10代〜70代の男女7,700名を対象に、withコロナ時代の「食」に関する意識調査を実施しました。


【総括】
本調査の結果から、コロナ下で全体の約6割が自炊が増えたと回答し、特に30歳以下の若年層で顕著なほか、全体の自炊頻度のピークは5月であることがわかりました。感染予防を意図して自発的に外出を控えたことが、自炊増加の主な理由でした。
また、回答したユーザの7割がコロナ下でポケットマルシェを認知し、約半数が新型コロナウイルス感染拡大によって困っている生産者を応援する目的で食材を注文しています。特に若年層において、生産者と直接繋がることのメリットを「応援したり、感謝の気持ちを生産者に伝えられること」だと捉える傾向にあり、コロナ下でも生産者との直接のメッセージのやりとりを通じて、つながりを感じていた人が多いことがうかがえます。

【主なトピックス】
■ 自炊について
  1. 半数以上(56.3%)が、2020年3月以降に自炊が「増えた」と回答。自炊を「週6〜7日」行う人の増加のピークは5月で、コロナ下以前(2020年2月以前)と比較すると1.3倍に増加。
  2. 若年層ほど自炊の増加が顕著。「30歳以下」の約6割(64.3%)が自炊が「増えた」と回答し最多。
  3. 自炊が増えた理由は「感染予防を意図して、自発的に外出を控えたため(78.9%)」が最多。続いて、「飲食店の休業や営業短縮で外食が困難になったため(42.7%)」「勤務先の措置により、自分または家族の在宅が増えたため(40.3%)」が上位。

■ 直販プラットフォーム「ポケットマルシェ」について
  1. ポケットマルシェを利用したきっかけは、「食べてみたい食材があったから(61.9%)」が最多。続いて、「新型コロナウイルスの影響で困っている生産者を応援したかったから(48.4%)」「品質の高い食材が買えると思ったから(44.2%)」が上位。特に50歳以下で、応援目的の消費に盛り上がりが見られた。
  2. 生産者と直接つながるメリットは、「品質が高い食材を注文できる(68.7%)」が最多。続いて、「食材の産地や栽培・収穫方法が詳しくわかるので安心できる(58.1%)」、「困っている生産者を直接応援できる(55.1%)」が上位。若年層ほど生産者を応援したり感謝を伝えられたりする点をメリットとして捉え、シニア層は食材への安心感をメリットと認識。
  3. 生産者とのつながりを感じた瞬間として、約7割(74.5%)が「メッセージ機能を使い生産者と直接やりとりした時」、2割(20.1%)が「個別のリクエストに応じてもらった時」と回答。

【調査結果詳細】
■ 自炊について
1. 自炊頻度の変化


半数以上(56.3%)が、2020年3月に新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、自炊が「増えた」と回答しました。週3日以上自炊をする人が増え、中でもほぼ毎日自炊をする人が、5月のピーク時には2月以前と比べて1.3倍と急増しました。6月以降は自炊の頻度が減少傾向にあります。


2. 年齢別 自炊頻度の変化

 

年齢が下がるほど、自炊が「増えた」割合が高まり、特に30歳以下では64.3%にのぼっています。50代後半以上では「増えていない」人の割合の方が多くなっています。

3. 自炊が増えた理由


感染を予防するために、自発的に外出を控えたことが、自炊増加の理由と答えた人が約8割(78.9%)と最多です。次いで「飲食店の休業や営業短縮により外食が困難になったため(42.7%)」「勤務先の措置により、自分または家族の在宅が増えたため(40.3%)」が多く、外的要因をきっかけに自炊が増えた人も多いことがわかりました。

■ 直販プラットフォーム「ポケットマルシェ」について
1. ポケットマルシェで食材を注文したきっかけ 


ポケットマルシェで食材を注文したきっかけは、全体では「食べてみたい食材があったから(61.9%)」が最多で、「新型コロナウイルスの影響で困っている生産者を応援したかったから(48.4%)」「品質の高い食材が買えると思ったから(44.2%)」が続く結果となりました。

40代後半を中心に、50歳以下の人は「新型コロナウイルスの影響で困っている生産者を応援」するための手段としてポケットマルシェを使用した割合が高いことがわかります。また、30歳以下は「送料無料キャンペーン(注1)がお得だったから」と回答した割合が高く、若年層にとって「応援消費」の後押しとして送料無料が有効であると考えられます。「生産者と直接やり取りできる機能に惹かれたから」と答えた割合は、年齢が上がるにつれて高まっています。

注1:2020年4月10日〜5月31日に、ポケットマルシェが初回送料無料クーポンを発行( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000046526.html )。また、6月22日から、一部の農水産物が送料無料となる農林水産省の「#元気いただきますプロジェクト」に参画( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000046526.html )。

2. 生産者と直接繋がって購入ができることのメリット

 

生産者と直接繋がって購入ができることのメリットは、「品質が高い食材を注文できる(68.7%)」が最多で、「食材の産地や栽培・収穫方法が詳しくわかるので安心できる(58.1%)」「困っている生産者を直接応援できる(55.1%)」が続きました。

生産者を応援したり感謝の気持ちを伝えられるという点は、若年層ほどメリットとして捉えていることがわかります。また、年齢が上がるにつれて、「食材の産地や栽培・収穫方法が詳しくわかるので安心できる」ことをメリットと捉える割合が増えています。

3. 生産者とのつながりを感じた瞬間

「生産者とつながっている」と実感したエピソードを自由回答で求めたところ、25.5%の人から回答が得られました。うち、74.5%が「メッセージ機能を使い生産者と直接やりとりした時」、20.1%が「個別のリクエストに応じてもらった時」と答えており、回答者の多くがアプリ上での生産者との双方向のコミュニケーションを通じてつながりを実感していることがわかりました。
  • ごちそうさまのメッセージを送った際にお返事をもらえると一方通行ではなく身近に感じられまたお願いしようという気持ちになります (40代前半女性)
  • 父の日の贈り物を注文した時「メッセージカードありますがいかがでしょうか」と言ってもらえた(30代後半女性)

また、生産現場で発生している被害状況を目にし、応援という行動を取ることで繋がりを実感したという回答も見られました。
  • 2019年の19号台風での、長野のリンゴ農家の惨状の現地の写真がポケマルでアップされ、来年(2020年)以降の収穫が心配との情報が発信され、同時に、先行予約など非常に有意義と思いました。生産者の苦しさは、都会にいると中々わからない中で、早い情報が出ると何か応援したくなりますし、生産と消費がつながっていると感じます(60代後半男性)
  • レストラン休業などで大量の食物が廃棄されているニュースに心痛めていました。生産者さんから直接購入でき、メッセージのやり取りや陰ながら応援している旨をお伝えすることができました。ネットやスマホの普及に感謝しています(50代前半女性)

【調査概要】
・調査方法:インターネット調査
・調査期間:2020年8月26日〜9月1日
・調査対象:ポケットマルシェ登録ユーザ(回答者7,700名)

【ポケットマルシェについて】
ポケットマルシェ( https://poke-m.com/ )は、全国の農家・漁師から、直接やりとりをしながら旬の食べ物を買うことができるプラットフォーム。提供は2016年9月。現在、3,400名以上(2020年9月時点)の農家・漁師が登録し、約7,000品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されている。新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、ユーザ数が約4.3倍、注文数はピーク時に約20倍となり、現在約230,000名の消費者が登録、「生産者さんと繋がる食」を楽しむ。

【会社概要】
会社名: 株式会社ポケットマルシェ
所在地: 岩手県花巻市藤沢町446-2
事業内容:
・生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営
・リアルマルシェの企画・運営
・飲食店、小売店への食材卸およびフェアイベントの企画・運営
・食べもの付き情報誌「食べる通信(R)」の普及・多地域展開の促進、「東北食べる通信」の企画・運営
代表者名: 高橋博之
URL:https://www.pocket-marche.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポケットマルシェ >
  3. 【withコロナ時代の「食」に関する男女7,700名の意識調査】コロナ下で約6割が自炊が増え若年層ほど顕著、自炊頻度のピークは「5月」 増加理由は8割が「感染予防のため自発的に外出を控えた」と最多