ライオンズが農林水産省の「食育等推進事業」に参加 来月より埼玉県内105か所の子ども食堂に約30,000食分の食材を提供

食材保存用の大型冷凍庫9台も寄贈

 株式会社西武ライオンズ(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長:居郷 肇)では、当社のコミュニティ活動「L-FRIENDS」※で取り組んでいる「こども支援」と「地域活性」の一環として、農林水産省が行っている「品目横断的販売促進緊急対策事業」のうちの「食育等推進事業」に参加し、同省の補助を受けて購入した約30,000食分の食材を、11月7日(土)より順次、県内105か所の子ども食堂に提供します。また、当社がこれまで行ったチャリティーオークションの売上金で購入した食材保存用の大型冷凍庫9台も併せて寄贈します。

実施スキーム実施スキーム

 農林水産省が行っている「食育等推進事業」は、新型コロナウイルス感染症拡大による外出・イベントの自粛や、輸出の停滞によって売上が減少している国産の農林水産物の販売を促進するため、食育に取り組む子ども食堂などで使用する食材などの費用を補助する事業です。当社はこの事業を活用して、県内外の企業や団体から牛肉やうなぎ、ブリなどの消費が伸び悩んでいる食材を購入し、埼玉県内の子ども食堂間の連携や食材のシェアなどを行っている「埼玉県子ども食堂ネットワーク」を介して提供します。
 「NPO法人 全国子ども食堂支援センター」によると全国に3,700か所以上の子ども食堂がありますが、新型コロナウイルスの感染リスクから開催できない、または回数が少なくなっているといいます。同センターが今年6月に全国238か所の子ども食堂に対して行った調査によると、約4割の子ども食堂では再開の見通しがたっていません。こうした背景から当社では、食材の保存ができるよう、今年7月から8月にかけて行ったチャリティーオークションの売上金で購入した大型冷凍庫を食材と併せて寄贈します。
 また、11月7日(土)には埼玉県所沢市の子ども食堂「桂ん家(かつらんち)」にて、当社が今回提供した食材を使って和牛焼き肉丼などを作り、子どもたちにふるまう予定です。
 詳細は以下の通りです。

【外崎 修汰選手コメント】
 僕は昨シーズンから自分の盗塁数に応じて子ども食堂などへの寄付を行っていますが、盗塁を成功させるために、ごはんをたくさん食べてパワーにしています。今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、なかなか皆さんが集まって食事を摂る機会が減ってしまっていると聞いています。これから寒い季節がやってきますが、ライオンズが提供した食材で作ったお弁当は間違いなく美味しいです!心も体も温かく、元気に過ごしてください!

外崎 修汰選手外崎 修汰選手

<参考:外崎選手の支援活動の内容>

1盗塁につき1万円を、子ども食堂などの居場所づくりの支援活動を行っている「所沢市こども未来基金」に寄付。
(2019シーズン実績:22盗塁/2020シーズン実績:20盗塁 ※11月4日現在)

11/7(土)に所沢市の「桂ん家」で開催する子ども食堂の様子をご取材いただけます。
詳細はメディア関係者限定公開欄に記載のURLより、取材案内状をダウンロードのうえご参照ください。


※L-FRIENDSとは
 2018年3月より当社が行っているコミュニティ活動の総称。これまでの「野球振興」「こども支援」「地域活性」に、2020年4月から新たに「環境支援」の取り組みを加え、4 つの柱として、よりすこやかな社会、のびやかな未来を目指しさまざまな活動を行っています。
(L-FRIENDS 特設サイト/https://www.seibulions.jp/lfriends/)

L-FRIENDSロゴL-FRIENDSロゴ

農林水産省:「品目横断的販売促進緊急対策事業」のうちの「食育等推進事業」について】

 農林水産省は、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛や輸出停滞などの影響で価格低下や売上の減少などが生じている国産農林水産物などの販売促進を目的として、「品目横断的販売促進緊急対策事業(「#元気いただきますプロジェクト)」を今年8月に立ち上げました。そのうちの「食育等推進事業」では、食育に取り組む子ども食堂などで使用する食材費などを補助しています。

参考:食育等推進事業について https://syokuikusuishin.jp/
   #元気いただきますプロジェクトについて https://www.kokusan-ouen.jp/

<事業の流れ>
 県内の子ども食堂への橋渡し役として当社がこの事業に参加し、業務用食品の販売などを行う関東食糧株式会社(埼玉県桶川市)を通じて埼玉県内外の食材を購入し、子ども食堂へ提供します。

 

【当社の支援内容について】
<食材の提供>
約30,000食分の食材を県内105か所の子ども食堂に提供。各施設3回分の子ども食堂開催の食材にあてる。
提供食材:牛肉1,000kg(埼玉県産ほか)、蒲焼うなぎ1,000kg、メロン2,500kgなど
提供メニュー:1回目…和牛焼き肉丼、付け合わせ、フルーツ
       2回目…ひつまぶし丼、付け合わせ、フルーツ
       3回目…鮮魚3色丼、付け合わせ、フルーツ
※メニューが異なる場合があります。
※新型コロナウイルス感染症の感染予防の観点から食事は原則お弁当形式で配布しますが、各子ども食堂により運営方法が異なる場合がございます。

<食育講義の実施>
栄養士などが子ども食堂で子どもに対して食育に関する講義を実施。食材の栄養やバランスのほか、生産者の声を子どもたちに届ける。

<食材保存用の大型冷凍庫の寄贈>
選手が使用していたバットやユニフォームなどの野球用具を3回に分けてオークションサイトに出品し、一部経費を除いた売上金で大型冷凍庫を購入し、県内9か所の子ども食堂に寄付。
子ども食堂支援のためのチャリティーオークション実施期間/売上:
1回目…7月21日(火)~7月26日(日)/1,082,724円
2回目…8月4日(火)~8月9日(日)/666,439円
3回目…8月25日(火)~8月30日(日)/913,432円
計2,662,595円
※冷凍庫の定格内容積:593ℓ 寸法:幅900mm 奥行650mm 高さ1910mm

寄贈する大型冷凍庫寄贈する大型冷凍庫

【お客さまのお問合せ先】
埼玉西武ライオンズインフォメーションセンター TEL.(0570)01-1950
一軍公式戦非開催日(平日10 時~18 時)※一軍公式戦の開催がない土・日・祝日は休日となります。
一軍公式戦開催日のデーゲーム(10 時~18 時)/ナイターゲーム(10 時~20 時)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社西武ライオンズ >
  3. ライオンズが農林水産省の「食育等推進事業」に参加 来月より埼玉県内105か所の子ども食堂に約30,000食分の食材を提供