KIIがスポーツテックのユーフォリアに出資

スポーツ科学の研究成果の実装を通じてサービス価値向上を加速

慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)は、スポーツの課題をテクノロジーで解決するスポーツテック企業であるユーフォリアに対して出資をいたしました。ユーフォリアは今回のシリーズCラウンドでの増資により総額7億円の資金調達を実施し、スポーツ科学の研究成果をプロダクトやサービスに実装することを通じて、サービス価値向上を加速させて参ります。
慶應イノベーション・イニシアティブ(本社:東京都港区、代表取締役社長 山岸広太郎、以下KII)は、弊社が運営するファンドより、株式会社ユーフォリア(本社:東京都千代田区、代表取締役/共同創業者 橋口 寛、宮田 誠 以下ユーフォリア)に対して第三者割当増資による出資をいたしました。他の出資者からの調達も含め今回の第三者割当増資によるユーフォリアの調達額は総額7億円となります。

◆ユーザーの大幅拡大とサービス価値向上を加速
ユーフォリアは、今回調達した資金を元に、2013年のラグビー日本代表への導入をはじめ、現在国内外の71競技のスポーツチーム(プロ・アマ・学生含む)約1700チームに提供している、スポーツ選手のパフォーマンス向上、ケガ予防のためのコンディション情報管理システム『ONE TAP SPORTS』をアマチュアスポーツ、学生スポーツへとその裾野を拡大し、サービス価値向上に取り組んでまいります。
また、これまでONE TAP SPORTS事業を通じて培ったノウハウとスポーツチーム、スポーツ選手のネットワークを活用し、ヘルスケア・フィットネス領域を中心とした企業の商品開発・マーケティング支援事業を2020年に開始しました。今後、さらなる支援内容のバリエーション拡大、顧客拡大を目指してまいります。
さらに、R&D部門として2021年には「ユーフォリアスポーツ科学研究所」を立ち上げ、専門家・研究者とコラボレーション、ONE TAP SPORTS事業や商品開発・マーケティング支援事業のための研究、及び、スポーツ科学普及のための研究を加速させてまいります。
 
■会社概要
会社名 :株式会社ユーフォリア
所在地 :東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル2階
代表者 :代表取締役/共同創業者 橋口 寛・宮田 誠
設立  :2008年8月18日
事業内容:スポーツ領域におけるシステム開発・保守・コンサルティング、スポーツデータ活用による商品開発支援事業
U R L  : https://eu-phoria.jp/



◆慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)について
KIIは、2015年12月に、主に慶應義塾大学の研究成果を活用したスタートアップを支援するため創設されました。また、2020年1月からは、慶應義塾大学に限らずシード・アーリーステージからのリード投資を中心に、デジタルテクノロジーによる社会の革新や、医療・健康などの課題解決に取り組む技術系スタートアップに投資対象を広げ投資活動を推進しています。
スタートアップへの投資育成を通じて日本が誇る大学等の研究機関の技術や知的財産といった優れた研究成果の社会実装を推進し社会貢献の一翼を担うと同時に、ベンチャーキャピタルファンドとして高い収益性を確保し持続的なイノベーションエコシステムの構築に取り組んで参ります。

<KIIの概要>
商号  :株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(Keio Innovation Initiative, Inc.)
事業内容:大学発技術系ベンチャー企業の育成、ベンチャーキャピタルファンドの運営
資本金等:1億円(資本準備金5000万円を含む)
代表者 :代表取締役社長 山岸広太郎
URL  :https://www.keio-innovation.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 慶應イノベーション・イニシアティブ(KII) >
  3. KIIがスポーツテックのユーフォリアに出資