「YACYBER株式会社」は「ジェイアールバス関東株式会社」と提携し、バス営業所敷地内に農産物直売所「YACYBER直売所」をスタートいたしました。

この度日経新聞様に取材いただき、7月2日電子版及び7月3日関西版の朝刊に今回の取り組みが掲載されました。

《トピックス》
・関東地方及び長野県、福島県、静岡県に17⽀店を持つジェイアールバス関東株式会社と連携
・地⽅創⽣とコンパクトシティーの推進
・今後、バスの流通網を利⽤した実証実験を予定
YACYBER株式会社では、関東エリア及び長野県福島県に17の⽀店を擁し、⾼速バス・⼀般路線バス・定期バスを運⾏している「ジェイアールバス関東株式会社」(代表取締役社⻑:中村 泰之 以下「同社」 http://www.jrbuskanto.co.jp/)と連携して、バス営業所等の敷地内で予約訪問可能な無⼈農産物直売所を同社東関東⽀店(千葉県香取郡多古町)で7⽉3⽇(⾦曜⽇)よりスタートいたします。

 


《導⼊の背景》
 YACYBERでは「地⽅創⽣」と「コンパクトシティー」の推進をテーマとしています。 現状の都市の課題でもある、急速 な⼈⼝減少と⾼齢化に直⾯しているなか、跡取り不⾜による農業の衰退や地域産業の活⼒が低下し、住宅や店舗等の郊外 ⽴地が進み、市街地が拡散し、低密度な市街地を形成 ・厳しい財政状況下で、拡散した居住者の⽣活を⽀えるサービス やインフラの提供が将来困難になりかねない状況にあります。

※参考資料 国⼟交通省 コンパクトシティの形成に向けて
 URL:https://www.mlit.go.jp/common/001083358.pdf

今回、地⽅創⽣とコンパクトシティーの推進第⼀弾の取り組みとして、近隣の登録⽣産者と協⼒し、同社の事業所である「東関東⽀店」を設置します。今後は、関東エリアの同社各⽀店等に「YACYBER直売所」を設置してゆく予定です。

《今後の展望》
 YACYBERでは、2019年4⽉より幼稚園バスを利⽤した物流配送を実施しており、 今プロジェクトでは、既存の⾼速バス ・路線バスを利⽤し「地⽅から都市部」へのヒト・モノを同時に運搬、⼜はモノのみを運搬し、都市部で販売するという 新たな流通の形にチャレンジするという事も視野に⼊れております。

※参考資料
 プレスリリース 幼稚園送迎バスを活⽤した配送の実証実験をスタート
 URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000027568.html

《ジェイアールバス関東株式会社について》
JR BUS KANTO CO.,LTD.
本社所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木二丁目2番2号
JR東日本本社ビル12階
創立:昭和63年3月3日
代表取締役社長:中村 泰之
路線延長キロ:5,730.4km
支店数:17支店
2020年3月31日現在

《YACYBER株式会社》
YACYBER株式会社
(英語表記:YACYBER Co.,Ltd.)
事業内容
【YACYBER事業】
農産物直売所の検索サービス「YACYBER」の開発、運営
食と農のお役立ちメディア「やさコレ」の企画運営
【store事業】
YACYBERstoreの企画、開発、運営
【食育事業】
教育機関向け農業体験予約及び園内農産物直売所YACYBER kidsの企画、運営設定
【クリエイティブ事業】
webサイト製作 システム開発etc
設 立:2015年6月
資 本 金:¥10,000,000
代 表 者:代表取締役 唐澤太郎
所 在 地
■大阪本社
大阪府大阪市中央区平野町1-6-9 KIビル6F
■沖縄オフィス
沖縄県那覇市久米1-1-7 サマリア・久米 2F
■YACYBER 堺農園
大阪府堺市中区深井中町3213付近
■YACYBERstore
大阪府松原市田井城2−2−2 サンシティー松原1F


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. YACYBER株式会社 >
  3. 「YACYBER株式会社」は「ジェイアールバス関東株式会社」と提携し、バス営業所敷地内に農産物直売所「YACYBER直売所」をスタートいたしました。