【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1月)

首位のInagoraホールディングスを含む2社が50億円以上の資金調達を実施

成⻑産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:志水 雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、継続的に調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB (スタート アップデータベース)」に調査結果を公開しています。今回は、2020年1月を対象とした「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2020年1月)」を発表いたします。


日本の製品を購入できる中国向けの越境ECサービスを手掛けるInagoraホールディングスが、総額53億円の調達に成功し、2020年1月の資金調達ランキングでは首位となりました。Inagoraホールディングスは資金調達と同時に、金融・エネルギーなど多くの事業を傘下に持ち、香港に拠点を置くコングロマリットであるCITICグループとの業務提携を発表。新たな中国人顧客の獲得と販売チャネルの拡大を図っていきます。また、同時にスギ薬局との業務提携も実施、日本企業と中国消費者をつなげるB to B to C越境ECプラットフォームの拡大を進めていく予定です。

メタップス創業者の佐藤航陽氏が代表を務めるタイムバンクも、39.5億円の大型調達を実施。これは、空き時間や 余剰在庫を利用者に安価に提供するマーケットプレイスの運営を行う同社初の外部資金調達となります。今後は、 さらなる認知度アップを目的とした広告や事業開拓を進めていく見込みです。

モバイルへルスケアを手掛けるFiNC Technologiesは34億円の資金調達を実施し、累計調達額は150億円を突破し、2020年2月時点国内スタートアップ時価総額ランキング記事でも11位にランクインしていました。今後はAI の開発や、新規事業の拡大、さらにマーケティング強化を図っていく方針です。

領域別でみると、医療分野の企業が4社ランクイン。FiNC Technologiesやヒューマンライフコード、ミラバイオロジクス、セルージョンがそれにあたる。また、EC分野の企業も続き、Inagoraホールディングス、タイムバンク、Spartyなど3社がランクインしています。

ピックアップ企業
Inagoraホールディングス
調達金額:53億円
引受先企業:SBIホールディングス/スギホールディングス/信金投資控股有限公司

中国向け越境ECサービス「豌豆公主(ワンドウ)」を手掛けるスタートアップ。
ターゲットは、中国の富裕層、新中流階級であり、より質の高い製品を求める層に対して、手軽に日本の製品を手 に入れることができるサービスを提供しています。中国消費者に日本製品や企業ブランドの魅力を伝え、日本のライフスタイルを提案する多角的なコンテンツやアプリ内のSNS機能を通じた拡散も行います。

H.I.F
調達金額:50億円
引受先企業:あおぞら銀行(融資コミットメントライン契約による調達)

エイチ・アイ・エスの子会社として、決済代行・信用保証サービス「Fimple決済」を展開するスタートアップ。
「Fimple決済」は、入金保証付企業間請求代行サービス。顧客の請求業務を格安で代行することにより、請求業務にかかる人件費の削減などのコストを削減できます。また売掛債権の保証を行うことで、債権回収リスクのない安全な取引を実現しています。

タイムバンク
調達金額:39.5億円
引受先企業:LINE Ventures/インキュベイトファンド/ジャフコ

スキマ時間を活かしてショッピングや食事、宿泊が格安で体験できる「タイムバンク」の運営を行うスタートアップ。空いている時間を活用して食事や美容室が半額で体験でき、タイムセールで商品が格安で購入できます。
ユーザーはスマホアプリをダウンロードすることで、運営の仲介により決済をアプリ上で直接おこなうことができ、購入したい商品や体験したいサービスを、スムーズかつリーズナブルに手にできる仕組みです。

FiNC Technologies
調達金額:34億円
引受先企業:出資元不明

予防領域に特化したモバイルヘルスケアを行うスタートアップ。主なサービスは、特許を取得したパーソナルトレーナー AIを内蔵した「FiNC アプリ」。個人に毎日の歩数・体重・睡眠・食事といったライフログを記録し、お客様一人ひとりの興味や悩みに合ったアドバイスを届けます。

当社は、今後もSTARTUP DBを通じて、スタートアップ・エコシステムの活性化を行い、国内成⻑産業の発展に貢献してまいります。

【調査概要】
タイトル:「国内スタートアップ資金調達ランキング」
調査期間:2020年1月(2020年2月3日時点)
レポート記事:STARTUP DB (https://media.startup-db.com/research/funding-ranking-202001)

1) ※当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

STARTUP DB(スタートアップデータベース)について
国内最大級の成⻑産業領域に特化した情報プラットフォームです。企業データベースは、11,000社を越える日本の ベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計100名 以上のインタビューコンテンツをリリースしています。2019年6月24日より、英語版リリース。また、世界最大級のベンチャー企業データベース「Crunchbase」とデータ連携し、日本企業の情報を海外のプロフェッショナルに届けることで、 国内の成⻑産業領域市場の発展に貢献しています。
https://startup-db.com/

フォースタートアップス株式会社について
フォースタートアップス株式会社は、2016年9月、株式会社ネットジンザイバンクとして創業。「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていくこと」をミッションとして掲げ、「for Startups」というビジョン のもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、Fintech、リアルビジネス領域も含めた成⻑産業領域特化型の転職支援と起業支援を中心に事業を推進。近年では、国内有力ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資金支援や、成⻑産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータ ベース)」を展開。 さらに、エコシステムビルディングの取り組みとして日本発グローバルスタートアップコミュニティ『BARK』をサポートしています。今後もビジョンとともに、日本の成⻑・発展に貢献してまいります。
https://forstartups.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フォースタートアップス株式会社 >
  3. 【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1月)