地下鉄仙台駅・楽天生命パーク宮城にmochaレンタルバッテリー ステーション設置!東北楽天ゴールデンイーグルス×仙台市×GREEN UTILITY

イノベーションの舞台になる「仙台市」でスマートスタジアムのあり方を示す

GREEN UTILITY株式会社提供しているモバイルバッテリー・シェアリングサービス「mocha」を東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である楽天生命パーク宮城に新たに導入し、3月20日プレオープンデーからサービスを開始することをお知らせいたします。
2021年シーズンより、GREEN UTILITY株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長李 展飛)は、同社が提供しているモバイルバッテリー・シェアリングサービス「mocha」を、株式会社楽天野球団(本社:宮城県仙台市宮城野区、代表取締役社長:立花 陽三)が運営するプロ野球チーム、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である楽天生命パーク宮城に新たに導入し、3月20日プレオープンデーからサービスを開始することをお知らせいたします。

今回の取り組みは仙台市経済局主催『SENDAI X-TECH Accelerator』プログラムとのコラボレーションにより楽天野球団が楽天生命パーク宮城のスタジアム内、および仙台市の駅周辺に設置することで、来場者が充電に困らない街づくりとスタジアム観戦を実現に向けて、実現したものです。

「mocha」のレンタルステーション及びレンタルバッテリーを楽天イーグルスデザインにカスタマイズするほか、仙台市全面協力のもと「mocha」レンタルステーションを地下鉄仙台駅構内にも設置します。スタジアム内のみならず、仙台の街中にもスマートテクノロジーを拡大することにより、スマートスタジアムのさらなる加速、そして仙台の都市全体のアップデートを目指します。

キャッシュレスがもたらした課題を解決
楽天生命パーク宮城は、2019年シーズンからスタジアムの完全キャッシュレス化に踏み切りました。チケット・グッズ・飲食すべてにおいてキャッシュレス決済のみとし、スマートフォンさえ持っていれば観戦が楽しめる環境を整えています。このことからも、スタジアムでのスマートフォンの充電ニーズは高いと考えられます。

楽天生命パーク宮城 スタジアム内6箇所にmochaバッテリーレンタルステーション設置
※掲載位置は2021シーズン開幕時点のもの

スマートスタジアムのあり方を示す
mochaモバイルバッテリー・シェアリングは充電不足による不便を解消するため生まれたサービスで、2018年よりサービスを展開し、首都圏をはめとする日本全国各地にmochaステーションを積極的に設置しています。現在、全国で飲食店、駅、展示場、劇場、病院、商業施設など様々なシーンで活躍しています。
mochaモバイルバッテリーシェアリングは防災の役割も担い続けてきました。地震、台風などの災害発生した時、楽天生命パーク宮城と仙台市に設置してある全てのmochaステーションはモバイルバッテリーを開放し、無料でご利用いただけます。人々はスマートフォンを通じて被害状況を知り、避難場所を確認し、救援活動を問い合わせ、家族と連絡し安否を確認し、気持ちを落ち着かせるためにもスマートフォンは重要な働きをします。

今回の連携では、mochaステーションを楽天生命パーク宮城に設置するだけではなく、「mocha」アプリの機能も楽天イーグルス公式アプリ「At Eagles」に実装されました。利用者が「mocha」アプリをダウンロードしなくても、「At Eagles」でバッテリーをレンタルすることができるようになりました。

イノベーションの舞台になる「仙台市」
仙台市はイノベーションが継続して生まれるエコシステムの構築を目指しています。「X-TECHイノベーション都市・仙台」をビジョンに掲げ、既存産業に最先端テクノロジーを取り込むことで、新しい価値の創造が連続して起こる世界の実現に向け、取り組みを強化しています。

その一環として、2018年より、『SENDAI X-TECH Innovation Project』と題したプロジェクトを始動しました。仙台市に拠点を置く「株式会社楽天野球団」と「株式会社藤崎」をパートナー企業に迎えたアクセラレータープログラム『SENDAI X-TECH Accelerator』に参加したGREEN UTILITYは、仙台市と株式会社楽天野球団と約3ヶ月のインキュベーションプログラムを経て、2020年3月24日にDEMO DAYの発表を行い、連携に向けて動き始めました。


<楽天生命パーク宮城 で提供する「mocha」サービス概要>

■サービス名称:「mocha」
■サービス内容:モバイルバッテリー・シェアリングサービス
■設置場所:楽天生命パーク宮城 スタジアム内、6か所 ※2021シーズン開幕時点
①3Fコンコース
②GATE6前
③スマイルグリコパーク
④GATE13内
⑤GATE17 FANS'SHOP横
⑥2Fコンコース
■利用料金:1時間あたり110円(毎日初回15分無料)24時間最大550円
■利用方法:
①楽天イーグルス公式スマートフォンアプリ「At Eagles」のスタジアムメニューから「mocha」を選択(※mochaオリジナルアプリからも利用可能)
※事前に楽天IDによる会員登録と、決済登録が必要です。
②表示される楽天生命パーク宮城のMAP画面でモバイルバッテリーの在庫を確認し、最寄りの「mocha」ステーションに行く
③「mocha」ステーションに掲出されているレンタルQRをアプリのカメラで読み取り
④モバイルバッテリーがステーションから排出され、レンタル開始。一つのモバイルバッテリーに、コネクタ3種類完備:iPhone用lightning、Android用micro-usbとType-C
⑤充電が完了したら、最寄りの「mocha」ステーションに返却してレンタル終了、利用時間に応じた利用料金が、事前に登録した支払い方法で決済されます。
※モバイルバッテリー返却は、楽天生命パーク宮城内の「mocha」ステーションに限らず、地下鉄仙台駅構内に設置されている「mocha」ステーションに返却することもできます。
※地下鉄仙台駅構内の「mocha」ステーションは3月中に設置完了予定です。

■GREEN UTILITY株式会社 会社概要
本社  : 〒163-0715 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル15F
代表者 : 代表取締役社長 李 展飛
設立  : 2018年8月
電話番号: 050-5532-2622
URL   : https://www.green-utility.jp
https://mocha.jp
事業内容: mocha(モチャ) モバイルバッテリーシェアリングサービス/
新型コロナウイルス感染症対策における除菌ソリューション/
スマートデバイス開発、ソフトウェア開発/
デジタルサイネージ/ 広告/ データ関連/
国内・海外 コンサルティングとマーケティングサービス

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
(mochaの導入を検討されている方も)
GREEN UTILITY株式会社
広報担当:山田
Tel : 050-5532-2622
Mail: info@green-utility.jp
LINE公式アカウント:@green-utility
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GREEN UTILITY株式会社 >
  3. 地下鉄仙台駅・楽天生命パーク宮城にmochaレンタルバッテリー ステーション設置!東北楽天ゴールデンイーグルス×仙台市×GREEN UTILITY