【自己分析力】ニューノーマルな時代にこそ個人が意識したい自律型指標

ハイパフォーマーに共通している能力とは?組織や環境に依存することなく、自ら組織や環境を巻き込み自己実現を達成していく人材にある素養について深掘り

20代メンターサービス「メンターワークアウト」では、自律型人材を養成しています。養成した自律型人材は、組織や環境に依存することなく、自ら組織や環境を巻き込み自己実現を達成していきます。これらの人材を構成する指標を弊社では「自律型人材15指標」と定義づけていましたが、この度、「自己分析力」を指標に追加しました。

「一人ひとりに本物のメンターを」をミッションに掲げ、プライベートサロンにてプロのメンタリングを受けることができる事業・メンターワークアウト を運営する石堂株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石堂里佳、以下「ISD」)は、独自の指標で分析した「自律型人材」を構成する指標に「自己分析力」の項目を追加したことを公表いたします。なお、パーソナルデータ等は全て、自社が運営するデータバンク「twenties」内で保有、管理、分析しています。

    自律型人材を育むメンターワークアウトの一部サービス内容のご紹介
ISDでは、自律型社員養成サービス「メンターワークアウト」により、20代人材の労働市場での価値を高めてきました。 クライアント企業は、社員をメンターワークアウトに送り出して学ばせ、社員が自律型社員となることで生産力を上げてきました。 養成した自律型人材は、組織や環境に依存することなく、自ら組織や環境を巻き込み自己実現を達成していきます



■    ISDが定義する自律型人材の特徴

  • ISDは20代対象者とメンターワークアウトを行い、分析する中で、自律型人材を特徴付ける15の項目を定義しておりました。(項目は外的要因と内的要因に分かれています。全ての項目が突出する必要はなく、それぞれの性格や特徴を生かすことが重要です。)

 

  • この度、内的要因の項目に、「自己分析力」を追加しました。多くの20代自律型人材を育てていく中で、彼らには、自分自身で自己が行ったことに対する「分析」「フィードバック」を実行する力があることが判明しました。



■ ISDが定義する自律型人材を構成する16の指標



5個の外的要因

  1. 第一印象・・・初めて会った時に相手に与える印象
  2. 自己表現力・・・自分を表現できる力
  3. 対人力・・・対面した人との建設的な関わり方
  4. 行動力・・・思考を実行する力
  5. 趣味の広がり・・・嗜好の気づきにより趣味が広がる



11個の内的要因

  1. 視野の広さ・・・見ている世界の広さ
  2. 俯瞰力・・・客観的または俯瞰的に物事をみている
  3. 思考を楽しむ・・・楽しみながら、思考を巡らせる
  4. 論理的思考力・・・立体的に物事を整理分析している
  5. 未来志向・・・未来に視点を置いている
  6. 目標・・・目標の設定力、またそれらを語れる
  7. 自己肯定・・・自分のありのままを良しとするスタンス
  8. 自責・・・環境のせいにせず、自分を起因として物事を考える
  9. 自己成長・・・自分自身の成長に貪欲
  10. 対自分力・・・自身の弱さに対して謙虚・素直か(オープンマインド)
  11. 自己分析力・・・自分自身を客観的に見ることができ、分析、フィードバックすることができる





■    ISDが輩出した自律型人材の事例

  • 考課査定が同期の中でも一番低いと言われていた私が、メンターワークアウトに通いだした1年後に、年間最優秀社員に選出された。
  • 幼少期の家族のことでトラウマをずっと抱えていた私。職場でも、辛くなるとトイレに駆け込んで気持ちを落ち着かせるなど、情緒不安定が続いていたが、このメンターワークアウトに来て、ありのままの私でいいんだ、と初めて思えた。気持ちがスッと楽になった。
  • 今の仕事は自分のキャリアに繋がっているのか不安になってきて、転職を考えているときにメンターワークアウトを受けた。今までの自分のキャリアは、私にとって必要な道だったんだと分かり、今の職場でまだするべきことがあると気づけた。




■ 企業ミッション

「一人ひとりに、プロメンターを。」

人生は、毎日選択の連続です。卒業後の進路をどうするか。将来のキャリアアップをどうするか。恋人との関係の悩みや、結婚相手をどう見極めるべきか。出産はいつするか。育児と仕事との両立はどうするか。住まいはいつどうするか。その一つひとつの選択によって、その後の人生は大きく左右されていきます。社会に出ると、仕事や恋人、家族との関係や、資産形成や住宅の購入など、さまざまな事情が複雑に絡み合い、自分ひとりで抱え込むと、時には判断を誤ることも生じます。

とくに20代の時期は、人生においてさまざまな局面が集中しがちな世代ともいえるため、一度限りの人生を後悔しないためにも、二人三脚で伴奏者となる「第三者の存在」として、メンターを若いうちからもつ習慣を日本に広めたいと考えています。プロのメンターを社会に広めることをわたしたちの使命とし、人材育成に務めながら、クライアントの夢の実現に向けて共に歩み、応援いたします。



■ 運営会社・ISD概要

石堂株式会社
https://www.ishido-inc.com/
設立 : 2018年5月
代表取締役社長 : 石堂 里佳
本社所在地 : 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー27階
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 石堂株式会社 >
  3. 【自己分析力】ニューノーマルな時代にこそ個人が意識したい自律型指標