日本ケロッグ、事業拡大に向けた独自の流通戦略を推進 味の素株式会社との総発売元契約を解消

日本ケロッグ合同会社(本社:東京都港区 代表職務執行者社長:井上ゆかり)は、2020年4月より事業展開を加速させることを目的として、新たに独自の流通戦略を推進します。それに伴い、長年に亘る味の素株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:西井孝明、以下「味の素社」)との当社シリアルに関する総発売元契約を解消することを、両社間で友好的に合意致しました。契約解消予定日は2020年3月31日です。

当社は、1962年の設立時から約60年にわたり、シリアルの普及、定着を図ってまいりました。シリアルを朝食とすることが珍しかった時代を経て、味の素社とのパートナーシップのもとで、多くの皆さまに愛される日本の食卓を彩るブランドを育成することができました。

今後も市場環境の変化に即した販売・流通を可能にする独自のモデルの構築と成長戦略を推進し、食べ物の力で喜びを創り続けてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ケロッグ合同会社 >
  3. 日本ケロッグ、事業拡大に向けた独自の流通戦略を推進 味の素株式会社との総発売元契約を解消