東京慈恵会医科大学附属病院 新橋健診センター: ミレニアの認知機能スケール「あたまの健康チェック® 」の提供を開始

生活習慣病が気になり始める50代からは年に1度の定期チェックを推奨

 セントケア・グループ(東証2374)の株式会社ミレニア(東京都港区)が提供する認知機能スケール「あたまの健康チェック®」が、東京慈恵会医科大学附属病院 新橋健診センター(東京都港区)で2021年6月より運用開始となることが決定いたしましたのでお知らせいたします。当社は、生活習慣病等の様々なリスク要因の影響で変化する認知機能の状態を中年期から定期観察できる機会の提供を通じて、地域社会における認知機能低下の早期の予防啓発・促進につながる取り組みに寄与して参ります。

  • 【オプション メニュー】
東京慈恵会医科大学附属病院 新橋健診センターでは、「あたまの健康チェック®」をオプションとして基本コースに加えることができます。以下の内容で検査項目となりました。
生活習慣病が気になり始める50代からは年に1度の定期チェックを推奨いたします。

あたまの健康チェック® : 6,300円(税込)

【検査項目】
あたまの健康チェック® + 認知症のスクリーニング検査(MMSE) + 医師面談(結果説明・相談)を含む
 
  • このような方にオススメ

  〇 脳ドック、糖尿病ドックの受診者様
  〇 糖尿病、高血圧、脂質異常症、高コレステロールメタボ・肥満、甲状腺機能異常、

    SAS等の睡眠障害、ストレスや不安、うつ病、正常圧水頭症、ビタミンB12欠乏、

    喫煙歴、聴力低下
  〇 脳卒中歴、心疾患歴、頭部外傷歴
  〇 不規則な食生活、運動不足などに該当する方
 

  • 認知機能スケール「あたまの健康チェック®」 とは

 認知機能低下の訴えのない健康な方(対象年齢30歳~99歳)から受けられる、国内では初めての簡易認知機能チェックであり、健常~MCI群における認知機能の定量的経時評価が可能なスケールで、被検者の微細な認知機能の状態を0〜100の指数値で分かりやすく経時評価します。国内では、国の認知症予防事業の公式認知機能検査に選択されていることをはじめ、全国の脳ドック学会認定施設やその他健診施設、地方自治体、大学・研究機関、トラック協会等の業界団体、食品メーカーなど広域に採用されている新しい認知機能スケールです。一般的な認知機能評価法とは異なり、職能を問わず、運用が可能である点が特徴。 ※ MMSE等、従前の認知症の有無や症状を評価するための神経心理検査(いわゆる認知症検査、2018年度からは保険適用)とは評価領域が異なります


<本件、あたまの健康チェック®に関するお問い合わせ>
セントケア・グループ(東証2374) 株式会社ミレニア
東京都港区東新橋2-5-14 MSK新橋ビル4F
TEL:03-5408-7770
Mail: info@millennia-corporation.jp
URL: www.millennia-corporation.jp

<新橋健診センターでの「あたまの健康チェック®」ご予約に関するお問い合わせ>
施設名: 東京慈恵会医科大学附属病院 新橋健診センター
住  所: 東京都港区西新橋3丁目18−13
TEL: 0120-103-701
URL:  https://www.hosp.jikei.ac.jp/dock/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミレニア >
  3. 東京慈恵会医科大学附属病院 新橋健診センター: ミレニアの認知機能スケール「あたまの健康チェック® 」の提供を開始