「freee会計データ移行サービス」をSaaStainerに掲載開始

報道機関各位

2021年8月16日
株式会社ストラテジット

「freee会計データ移行サービス」をSaaStainerに掲載開始

株式会社ストラテジット(本社:東京都千代田区、代表取締役 立原 圭、以下「ストラテジット」)は、当社サービス「freee会計データ移行サービス」をSaaStainerに掲載開始致しました。
 

 

 


■サービス提供背景
「freee会計」に代表されるクラウド会計システムの導入をされる企業・団体様が増えている中、実際に「freee会計」を導入する場合、下記のような課題があります。

・freee会計導入時におけるデータ移行の作業コストが発生
・担当者が多忙で移行作業に手が回らない
・仕訳データ移行が大変
・旧システムのデータ量が多く移行作業が面倒
・デフォルト項目(勘定科目・経費科目・税区分等)と既存利用項目との紐づけが難しい

このような課題に対して当社では、下記の解決をいたします。
・移行作業の期間短縮
・データ移行の手間を削減
・従業員の作業コストをなくしデータ移行が可能

■「freee会計データ移行サービス」の概要
freee会計データ移行サービスでは、弊社のERP導入支援スタッフが
お客様の管理状況についてヒアリングを行い、「freee会計」へのデータ移行に
必要なデータ整理や登録までの作業をご支援いたします。
そのうえで、お客様がExcelなどローカルで管理されている状態のデータについても
当社知見のもとデータ整理を行いデータ移行が可能な状態にいたします。
なお当社では、ヒアリング~データのお預かり、データ整理までの一連の作業を
リモートで承っています。オフィスへの出社や直接的な接触が制限される中にあっても、
迅速かつ効率的にデータ移行を実現いたします。
「freee会計」の導入を進めたいとお考えのお客様は、ぜひ本サービスの活用をご検討ください。

■ご利用方法
お気軽にお問い合わせください。
SaaStainer「freee会計データ移行サービス」ページ:
https://saastainer.com/apps/freee_data
問い合わせフォーム先:
https://saastainer.com/inquiry

■当社サービス概要
・Master Hub(マスターハブ)
Master Hubは連携に必要なノウハウを集約した開発プラットフォームです。
Master Hubによる開発は一般的な受託開発に比べ、高品質なシステム連携を半分以下のコストで実現し、安定的に運用することが可能です。

・SaaStainer(サーステイナー)
SaaStainerは、SaaSの継続的活用を支援するサービスのアプリストアです。
アプリストアに掲載されている連携アプリは、API連携のノウハウがなくても、今すぐ簡単に連携を実現できます。
様々な作業を自動化して、SaaS本来のチカラを引き出し、業務改善にお役立てください。
SaaStainer公式ページ:https://saastainer.com/apps
SaaStainer公式Twitter:https://twitter.com/SaaStainer

■株式会社ストラテジット
SaaSの普及/推進の課題となる穴を埋める存在として、SaaS連携サービスMaster Hub(https://www.strategit.jp/vendor-saas/)とSaaS連携アプリストアSaaStainer(https://saastainer.com/)を提供しています。SaaSのAPI連携により業務課題解決とユーザーへの価値提供のご支援が可能です。ストラテジットには、ソリューションを理解し、ユーザーの業務改善・サービス向上を目指し、企画・設計・開発・運用まで担うことが出来るノウハウと実績がございます。

■会社概要
所在地 :東京都千代田区岩本町3-5-2 合人社東京秋葉原ビル 102号室
代表  :代表取締役 立原 圭
設立  :2019年7月2日
事業内容:SaaS連携開発、SaaS導入コンサルティング
URL  :https://strategit.jp/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. StrategIT >
  3. 「freee会計データ移行サービス」をSaaStainerに掲載開始