クラシックからポピュラーミュージック、そしてその先の音楽を考える!現役高校生がポッドキャスト番組『春から音大生の私達と考える〜過去と未来の音楽ラジオ〜』を制作。

大阪音楽大学(所在地:大阪府豊中市、学長:本山秀毅)は、ミュージックビジネス専攻(以下、MB専攻)入学予定者の春休み特別講座として、ポッドキャスト番組『春から音大生の私達と考える〜過去と未来の音楽ラジオ〜』(各15分予定/全3回)を制作します。

当番組は「音楽の過去、現在、未来」をテーマに、春からMB専攻生となる現役高校生から本山秀毅学長へのインタビュー形式で構成。ポピュラーミュージックに触れる機会の多い高校生ならではの視点からクラシックを通して未来の音楽や音楽ビジネスを見通すトークテーマを設定し、クラシックだけでなく、ロックやJ-POPのルーツや代表的な作曲家の作風などにフォーカスしながら、「今流行りの曲とクラシックの名曲にこんなつながりが…!では、未来はどんな音楽が!?」と楽しく学べる音楽番組です。番組制作の主体となるのは、MB専攻入学予定の高校生。台本制作、インタビュアー、収録当日の運営、編集・配信手続き、広報活動を手掛けます。収録は、3月27日(日)に本学で開催する「春のオープンキャンパス」内で、高校生やその保護者などを対象に公開で実施。後日Spotifyなどでの配信(各15分予定/全3回)を予定しています。

▼ 公開収録(春のオープンキャンパス)について
・日時:3月27日(日)13:00~
・場所:大阪音楽大学
・参加のお申込み:https://www.daion.ac.jp/mb/oc/schedule/#3fb5abfb

▼ 配信について
Spotifyなどで配信予定。配信日は決定次第MB専攻Webサイトにてお知らせします。


【大阪音楽大学 ミュージックビジネス専攻について】

音楽・エンタテインメントビジネスのプロフェッショナル育成を掲げ、2022年4月開設予定。 専攻コンセプトは「音楽×テクノロジー×ビジネス」。音楽大学としての知見やスキルに加え、ICTやビジネス領域も学ぶことで、今後の日本においてあらためて産業としての期待感が高まる音楽・エンタテインメント業界のプロフェッショナルを育成・輩出し、21世紀の社会に貢献します。


 【関連URL】
大阪音楽大学 ミュージックビジネス専攻
https://www.daion.ac.jp/mb/

大阪音楽大学
https://www.daion.ac.jp/


【MB専攻に関するその他のイベントスケジュール】
・4月24日(日)13:00~
音楽業界特別講座「宇多田ヒカル、いきものがかりから見るレコード会社の仕事」
講師:梶 望 客員教授(株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ 宣伝プロデューサー)

・5月29日(日)13:00~
音楽業界特別講座「ブレイクアーティストを育てたマネージャーの仕事」
講師:伊東 宏晃 客員教授(エイベックス・マネジメント株式会社前社長)


【本リリースに関するお問い合わせ先】
大阪音楽大学 広報統括事務室
TEL:06-6334-2904(不在の場合はメールでご連絡下さい。折り返しお電話いたします。)
e-mail:koho@daion.ac.jp
  1. プレスリリース >
  2. 学校法人大阪音楽大学 >
  3. クラシックからポピュラーミュージック、そしてその先の音楽を考える!現役高校生がポッドキャスト番組『春から音大生の私達と考える〜過去と未来の音楽ラジオ〜』を制作。