プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

一般社団法人日本CEO協会
会社概要

TBMとともにユニコーン企業を目指す社長を募集!CEO オーディション - NEXT ユニコーン - エントリー開始

〜地球規模の課題に向き合う志やビジョンを審査し、合格を獲得した挑戦者にはTBMによる支援が決まる。1月25日より挑戦者の募集を開始〜

一般社団法人日本CEO協会

一般社団法人日本CEO協会(本社:京都市、代表理事:田中千穂)は株式会社TBM(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:山﨑敦義、以下 TBM)とTeam Energy株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 正)共催で、「CEO オーディション - NEXT ユニコーン -」を開催します。

政府は2022年を「スタートアップ創出元年」とし、ユニコーン企業の創出を100社、スタートアップを 10 万社創出することを目標に掲げており、日本が世界有数のスタートアップの集積地になることを目指しています。本プロジェクトはTBMとともに地球規模の課題に取り組み、ユニコーン企業を目指す社長を募集します。オーディションで合格を獲得した挑戦者にはTBMによる事業活動に必要な環境や支援が提供されます。
このオーディション形式の企画は、地球規模の課題に取り組む意志と情熱を持ち、将来的にユニコーン企業を目指す、ビジョンを持たれている方々を対象としています。参加条件は意志と情熱のみで、年齢や経験、ビジネスプランは不問です。

CEO オーディション - NEXT ユニコーン - 公式サイト:https://ceo-audition.com/unicorn/


  • 開催の背景


■地球規模の課題に取り組む意義

地球規模の課題、例えば気候変動や環境破壊、資源の枯渇など、カーボンニュートラル、サーキュラー・エコノミーに移行する社会に対処することは、将来世代に健全な環境を継承するために不可欠です。戦後における産業・エネルギー政策の大転換が求められています。現在、テクノロジーの進化により、産業革命以来の化石エネルギー中心の産業構造・社会構造をクリーンエネルギー中心へ転換する”GX”(グリーン・トランスフォーメーション)は新たな成長分野として注目が高まっています。日本政府は、今後10年間で官⺠合わせて150兆円を超えるGXの投資を行う政策を打ち出しました。日本が世界に誇る脱炭素技術の強みをいかして、地球環境や社会的課題の解決に資する新たな市場・需要を創出し、日本の経済を再び成長軌道に乗せ、将来の経済成長や雇用・所得の拡大につなげることが求められています。


■ユニコーン企業を目指す社長の重要性

ユニコーン企業を目指す社長は、革新的なアイディアや技術を推進することに重点を置いています。このようなイノベーションは、市場に新しい価値を提供し、経済全体の進歩に貢献します。しかし、日本は世界的に見てユニコーン企業が少なく、創出数も世界との差が生じている現状です。その原因として、日本企業や起業家の間ではリスクを避ける文化が根強く、革新的なアイディアやビジネスモデルへの投資が控えめであることや、スタートアップ人材の確保、大規模な資金を調達することが難しいなど各面で課題もあり、それぞれの課題が相互に絡み合い、好循環が生まれていない状況です。本プロジェクトはそれらを打開するために、オーディション形式でユニコーン企業を志す挑戦者を発掘し、日本で史上6番目にユニコーン企業となったTBMがバックアップのもとNEXTユニコーン企業を創出することを目的としています。


  • CEO オーディション - NEXT ユニコーン - の特徴


■ビジネスプラン不要、経験・年齢不問
CEOオーディションの理念は、全ての人が社長になれる可能性を引き出すことです。そのため、従来のビジネスコンテストで重視されるビジネスプランは不要、経験・年齢も不問です。誰に対しても門戸が開かれているという点が最大の特徴です。唯一問うのは、社長として自らの道を切り拓いていくことへの情熱と、何があっても諦めないという意志です。


■万人が社長になる道があり、十人十色の経営者像がある
育児や介護など時間的制約、健康上のハンディキャップ、過去の大きな失敗、全ての方に社長になる機会、その方らしい社長の道があります。私たちは、たくさんの社長になれる道を日本中、世界中からかき集め、社長になる機会、道の拡大に貢献しています。


■合格者だけでなく、参加者全員にとってメリットがある場に
CEOオーディションでは、社長になるという結果だけでなく、本プロジェクトで築かれるネットワーク、自己の特性の把握、参加者コミュニティを通じてできる仲間、CEO以外のCFOやCOOへの道、そして定期的な学びの場の提供など、一歩踏み出した方にメリットを持ち帰っていただくことをミッションに掲げています。


  • 審査過程について

CEOオーディションでは2段階の審査を通じて社長になりたい意志と情熱、地球規模の課題に向き合う想い、その人が社長たる者としての人柄を兼ね備えているか、などについて審査していきます。

合格者はその後、チャレンジステージに臨んでいただき、審査員を目の前にして自身についてプレゼンテーションしていただき、直に審査員からのフィードバックをいただきます。


チャレンジステージでは4つの機会を獲得することができます。1.創業を支援、2.TBMグループ内での事業化、提携を検討、3.その他(メンタリング、情報交換等)。加えて、TBM賞として代表取締役CEO 山﨑氏との会食の機会が与えられます。


  • 概要


■スケジュール
エントリー:2024年1月25日〜2024年3月31日
1次審査:2024年4月1日〜2024年4月16日
2次審査:2024年5月13日〜2024年5月28日
チャレンジステージ:2024年6月29日

■対象
・起業・創業したい人、考えている人
・イントレプレナー・アントレプレナーを目指している人
・新規事業家
・起業したが、より大きな成長、挑戦をしたいと考えている人


■条件
・年齢/経験不問、ビジネスプラン不要
・社長になりたい熱意と情熱、その人が持つ人柄を審査
・起業・創業・新規事業に対する想いや課題意識を評価


  • 審査員コメント


山﨑 敦義

株式会社TBM 代表取締役 CEO(最高経営責任者)
1973年生まれ。中学卒業後、大工となり、20歳で起業。2011年にTBMを創業。Japan Venture Awards 2016「東日本大震災復興賞」受賞。Plug and Play 2016「世の中に最も社会的影響を与える企業-ソーシャルインパクトアワード」受賞。新たな事業領域に挑戦し 、イノベーションを起こすアントレプレナーを表彰するEY Entrepreneur Of The Year 2019Japan、Exceptional Growth部門「大賞」を受賞。世界経済フォーラム(ダボス会議)ユニコーン・コミュニティ、社団法人日本経済団体連合会(経団連)の会員。2022年に開志専門職大学 客員教授に就任。
日経スペシャル「カンブリア宮殿」10周年500回記念番組に登場。





TBMは、サステナビリティ領域に特化したディープテックのスタートアップとして、 「サステナビリティ革命」を掲げ、2011年の創業以来、サステナビリティ領域で必要とされる「技術」、「人材」、「パートナー」のアセットを高めてきました。脱炭素、サーキュラーエコノミーのビジネス等、環境関連市場は、今後、爆発的に成長します。TBMには、日本の技術で世界に貢献したいという志を持った経営陣やメンバーが集まってきましたが、「サステナビリティ革命」を実現していくには、まだまだ挑戦者が必要です。世界が直面する多様な社会課題を解決し、サステナブルな社会を実現するソリューションを創り、圧倒的な規模とスピードで世界にポジティブなインパクトを与える同志の方々を募集します。




中村 誠司
Team Energy Sustainable株式会社 代表取締役
株式会社Geo Dreams 代表取締役社長
1968年4月生まれ。大学卒業後、大手証券会社へ入社。「顧客が得する思いを感じてもらえる仕事がしたい」と決意して退職。1993年にコスト削減コンサルティング事業を始め、中央電力の前身であるメリックスを創業し、省エネメーカーを作り特許件数5件取得。2003年に日本で初めてマンションの電力一括受電サービスを開始。翌年中央電力を設立。2018年「夢と事業が育ちあう森づくり」「共経営」を進めるべく、Team Energy株式会社を設立、グループ経営に乗り出す。



「事なかれ主義の人とは一線を。イノベーターを孤独にしない」
日本におけるイノベーションの不足に直面し、多くの企業がリスクを恐れ既得権益に安住しています。しかし、真の変革は挑戦から生まれます。私たち未上場の企業には、新たな挑戦を追求する自由がありますが、株主の期待や市場の圧力がスピードを鈍化させることもあります。本プロジェクトに共鳴し、応募される社長候補の方々には、この風潮に一石を投じ、イノベーションの火を燃やし続けて欲しいです。イノベーションを推進し、支え合うコミュニティを築くことで、日本の可能性を再び開花させましょう。事なかれ主義から離れ、少数派であるイノベーターたちを応援することに、大きな喜びと価値があります。共に新たな未来を創造しましょう。


  • 2月12日(月/祝)に特別対談イベントを開催

TBM 山﨑 氏 × Team Energy Sustainable 中村 氏による特別対談イベント「地球規模の社会課題に向き合うユニコーン企業の挑戦」を開催。

■開催日時
2024年2月12日(月/祝) 15:30 受付開始 / 16:00イベント開始 / 17:30 イベント終了(予定)

■開催場所
Tokyo Innovation Base
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-8-3 SusHi Tech Square 2F

詳細・申し込みは以下からお願いいたします。

https://nextunicorn.peatix.com/


  • CEOオーディションについて

2022年に開催した第1回CEOオーディションでは募集開始2ヶ月で700名のエントリーが集まり、合格者68名を輩出。

従来のビジネスプランコンテストでは、過去に成功したビジネスモデルや、プレゼンテーションの上手さ、経営チームの経歴など、自ら能動的に動いて起業できる方が評価されやすい環境でした。
一方、CEOオーディションでは、社長の経験やビジネスアイディアではなく、審査を通じて社長個人の人間性や行動特性を見出し、プロデュースすることを重視しています。能動的に起業できる方や既に経験豊富なプロ経営者はもちろん、家庭の事情や身体的ハンディキャップによる制約がある方、お金を稼ぎたいという野心のある方、副業として取り組みたい方など、誰もが置かれた環境の中で最大のパフォーマンスが発揮できる方法を共に模索し、プロデュースしてまいります。

第1回CEOオーディション公式サイト:https://ceo-audition.com/


  • 一般社団法人日本CEO協会について



法人名:一般社団法人日本CEO協会
所在地:〒600-8090 京都市下京区綾小路通烏丸東入る竹屋之町251番地2 ナカムラビル2F
代表者:代表理事 田中 千穂
設立 :2019年3月

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
経営・コンサルティング
関連リンク
https://ceo-audition.com/next
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

一般社団法人日本CEO協会

1フォロワー

RSS
URL
https://jceoa.org/
業種
財団法人・社団法人・宗教法人
本社所在地
京都府京都市下京区綾小路通烏丸東入竹屋之町251−2
電話番号
-
代表者名
田中千穂
上場
-
資本金
-
設立
2019年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード