日程調整・営業支援ツール「Dr.Works」がOffice365 / Outlookカレンダーとの連携を開始、Teams会議URLを自動発行

今後は、正式版リリースに向けてCRM/SFAなどの営業向けシステムとの連携も予定

【3行サマリー】
・Office365 / Outlookカレンダーとの連携を開始
・Microsoft Teamsと連携し、日程調整ごとにWeb会議URLを自動発行することが可能に
・β版の無料サインアップは以下URLから
http://dr.works/

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒﨑賢一、以下「BearTail」)の運営する日本初のWeb会議に特化した日程調整・営業支援ツール「Dr.Works」がOffice365 / Outlookカレンダーとの連携を開始しました。これによりMicrosoft Teamsと連携し、日程調整ごとにWeb会議URLを自動発行できるようになりました。

Dr.Works公式サイト
https://dr.works

アカウント登録はこちらから
https://app.dr.works

【3行サマリー】
・Office365 / Outlookカレンダーとの連携を開始
・Microsoft Teamsと連携し、日程調整ごとにWeb会議URLを自動発行することが可能に
・β版の無料サインアップは以下URLから
http://dr.works/

【背景】

新型コロナウイルスの影響により、商談やミーティングの多くが「オンライン」で行われるようになっています。その中でDr.Worksは、日本初のWeb会議に特化した日程調整・営業支援ツールとして、オンライン商談で商談獲得率や受注率を上昇させる機能をリリースしてきました。

これまでは連携カレンダーをGoogleカレンダーのみに限定していましたが、今回のリリースでOffice365 / Outlookカレンダーとの連携が可能となりました。これによりこれまでのZoom, Meetに加え、TeamsのWeb会議URLの自動発行もできるようになりました。

【利用方法】

① Office365のアカウントで新規登録
こちらからOffice365のアカウントを利用して、無料サインアップを行います。

 

② 日程調整の受付URLを発行し、Teamsを紐付ける
サインアップ後、日程調整を行う受付URLを作成し、会議場所としてTeamsを選択します。



③ 会議URLの発行と通知メール、カレンダーへイベントを自動追加
日程調整が完了すると同時に自動でURLが発行され、双方の通知メールとカレンダーに自動で会議情報と会議URLが追加されます。
 



【β版のアカウント登録】

以下のURLから無料でアカウントを作成することが可能です。
http://dr.works/

【今後の展望】

正式版リリースに向け、CRM/SFAなどの営業向けシステムとの連携を予定しています。

【Dr.Worksとは】

Dr.Worksは日本初のWeb会議に特化した日程調整・営業支援ツールです。商談やミーティングの日程調整を簡単に行うことができ、Web会議URLの発行、日程調整後の案内メール、カレンダー登録などを自動化することができます。また、オンライン商談で商談獲得率や受注率を上昇させるための機能・仕組みが備わっています。

【株式会社BearTail 会社概要】

企業理念  :時間革命で体感寿命を伸ばす
会社名   :株式会社BearTail
所在地   :東京都千代田区神田駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル5階
設立    :2012年6月
代表取締役 :黒﨑 賢一
グループ会社:株式会社BearTail X
事業内容  :下記サービスを展開中


会社URL:
株式会社BearTail  https://beartail.jp/
株式会社BearTail X https://x.beartail.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BEARTAIL >
  3. 日程調整・営業支援ツール「Dr.Works」がOffice365 / Outlookカレンダーとの連携を開始、Teams会議URLを自動発行