東芝エネルギーシステムズ、モルディブ共和国向けマイクログリッドシステムの受注

東芝エネルギーシステムズ株式会社は、モルディブ共和国のアドゥ環礁向けのマイクログリッドシステムを西澤株式会社から受注しました。同システムを、モルディブ上下水道電力会社に納入し、2020年に運転を開始する計画です。
当社は、モルディブ共和国(以下、モルディブ)のアドゥ環礁向けのマイクログリッドシステムを西澤株式会社から受注しました。同システムを、モルディブ上下水道電力会社(以下、FENAKA)に納入し、2020年に運転を開始する計画です。

地球温暖化による海面上昇の危機に直面しているモルディブでは、主にディーゼル発電機により電力が供給されていますが、同国の電力向け燃料費の負担軽減及び低炭素社会の構築のため、二酸化炭素排出削減のため太陽光発電設備の導入を推進しています。本システムの設置場所となるアドゥ市のヒタドゥ島でも、2017年に太陽光発電設備が導入されましたが、電力系統が独立しており、より効率的な太陽光発電の運用のためには系統の安定化が必要であることから、太陽光発電による出力変動対策として本システムが導入されることとなりました。

今回受注したマイクログリッドシステムは、μEMS(マイクログリッド用エネルギー・マネジメントシステム)と蓄電池システム(1MW)により構成され、T.T. Network Infrastructure Japan 株式会社注が、実現可能性調査により経済合理性を確認した事を踏まえて今回の案件に提案しました。μEMSは、気象予報に基づき太陽光発電システムの発電量と電力需要を予測し、ディーゼル発電所の最適な運転計画を作成して電力系統を運用します。あわせて太陽光発電システムの出力変動を蓄電池により最適に制御することで、ディーゼル発電機の使用燃料削減により二酸化炭素排出削減に貢献します。蓄電池システムには、長寿命で安全性が高い東芝グループ製リチウムイオン二次電池「SCiBTM」を適用します。

なお、本案件は、アジア開発銀行が欧州投資銀行及びイスラム開発銀行と協調して無償資金及び融資を供与し、モルディブの約160島に太陽光発電とディーゼル発電のハイブリッド・システムを導入するプロジェクトの一環であり、日本の環境省が優れた低炭素技術の普及を推進するためにアジア開発銀行に設置している二国間クレジット制度日本基金(JF JCM)を活用した第一号案件となります。

当社は、電力会社向けの電力需給を調整する中央給電指令所システムにおいて国内トップクラスの納入実績を誇っています。これまでに蓄積した技術とノウハウを活かし、国内では、沖縄電力向け宮古島メガソーラ実証実験場にマイクログリッドシステムを導入し、ディーゼル発電機の効率運用および再生エネルギー導入率向上に貢献しました。海外においても、米国ニューメキシコ州における日米スマートグリッド実証向けにマイクログリッドシステムを納入するなどの実績を有しています。
 
今後、離島やオフグリッド地域などの小規模電力系統において、系統の安定化により再生エネルギー導入比率を高め、二酸化炭素排出削減を実現するマイクログリッドシステムのニーズが高まると予想されています。当社は今後も、事業活動を通じてそれらのニーズに対応するとともに低炭素社会の実現に向けて取り組んで行きます。

注 東芝エネルギーシステムズ株式会社および東京電力ホールディングス株式会社の合弁会社

システムのイメージ

システムのイメージシステムのイメージ

東芝エネルギーシステムズの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.toshiba-energy.com/index_j.htm
東芝エネルギーシステムズの電力流通事業の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.toshiba-energy.com/transmission/index_j.htm
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東芝エネルギーシステムズ株式会社 >
  3. 東芝エネルギーシステムズ、モルディブ共和国向けマイクログリッドシステムの受注