チュートリアル・徳井義実さんがシロップのCATに就任

第1弾として連載小説『徳井義実の「猫と女」』掲載スタート

ペットテックスタートアップのシロップは4月23日(火)、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(とくいよしみ)さんをシロップのCAT(Chief adoption, TOKUI)としてお迎えしたことをご報告いたします。今後、徳井さんにはシロップのミッションである「人が動物と共に生きる社会をつくる」の実現に向け、ペットライフメディア「ペトこと」や保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)での情報発信やサービス開発に取り組んでまいります。

左から、チュートリアルの徳井義実さん、シロップ代表の大久保泰介。中央は大久保の愛犬で社員犬のコルク

徳井さんは子どもの頃から犬や猫と暮らしている動物好きです。現在はアメリカンショートヘアのミコライオと、アビシニアンのエルドレッドと暮らしています。徳井さんの愛猫たちとの出会いや動物への想いについては、「ペトこと」に掲載中のインタビュー記事をご覧ください。
https://petokoto.com/articles/1869
 

ミコライオ(左)とエルドレッド

今回、ペトことのインタビュー記事にご協力いただいたご縁から、CAT就任をご快諾いただきました(CATは「Chief Adoption, TOKUI」の略です)。英語「adopt」(アダプト)は保護犬・保護猫に関して使う際、「里親になる」という意味になります。1匹でも多くの犬や猫を幸せにするため日本に保護犬猫から迎える文化をつくり、犬や猫と暮らす方々のペットライフをより豊かにするため、共同での情報発信やサービス開発に取り組んでまいります。

第1弾の取り組みとして、4月24日(水)より読者参加型の連載小説『徳井義実の「猫と女」』を「ペトこと」にて掲載予定です。
 


■徳井義実さんのコメント
これまで動物番組などでペットの素晴らしさを伝えてきましたが、ペットとの暮らしは楽しいことばかりではありません。一面だけを伝えていることに対する違和感や、もっと動物たちに恩返しがしたいという想いを持ち始めていました。そういうタイミングで代表の大久保さんからお声がけいただきました。ペトことさんの取材はすごく印象に残っていて、スタッフの皆さんと考え方に共感する部分があるなと思っていました。これはもう「やれ」ということなのかなと思って、一緒にやらせていただくことにしました。シロップさんの想いや取り組みを、多くの人に伝えていくことが自分にできることかなと考えています。

■シロップ代表取締役社長 大久保泰介のコメント
私たちと暮らす犬や猫たちは商品ではありませんし、逆に人間と同じでもありません。そのバランスが難しいと思うのですが、徳井さんとは考え方が似ていると思いました。シロップはペトことでもOMUSUBIでも、明るく楽しく伝えることを大切にしています。例えば、殺処分問題はどうしても悲しい伝え方になってしまいがちですが、シロップは「幸せな子を増やす」というポジティブな意識で問題解決につなげていきたいと考えています。今回、徳井さんとの素晴らしいご縁を頂くことができました。ただ発信力としてご一緒するのではなく、お笑い芸人としての「人々を笑顔にする力」、斬新なアイデア発想をお借りして、私たちのミッションである「人が動物と共に生きる社会をつくる」の実現に向けて前進することができればと考えています。

■シロップとは(会社概要)
シロップは「人が動物と共に生きる社会をつくる」をミッションに掲げ、2015年3月に創業したペット関連サービスを展開するペットテックスタートアップです。飼い主さまとペットの暮らしを豊かにするペットライフメディア「ペトこと」のほか、保護犬・保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)などのサービスを運営しています。
■メディア掲載
■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社シロップ 広報担当
https://syrup.co.jp/#contract

■提供サービス
ペットライフメディア「ペトこと」
https://petokoto.com/


保護犬・保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)
https://omusubi-pet.com/

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シロップ >
  3. チュートリアル・徳井義実さんがシロップのCATに就任