世界初!訪日外国人向けAIチャットボット「Bebot」 、リゾート列車「伊豆クレイル」車内・停車駅である熱海などJR8駅へ導入開始

~世界最先端の人工知能活用で、多言語観光案内~

 株式会社ビースポーク (本社:東京都渋谷区、代表取締役: 綱川 明美) は、2019年3月28日より、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」のサービス提供を、JR東日本が運行するリゾート列車「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」(運行区間:小田原駅〜伊豆急下田駅)および停車駅である熱海など8駅にて開始します。​リゾート列車へのAIチャットボットサービスの導入は、これが世界初の事例です。

「Bebot」は、2016 年に世界で初めて訪日外国人向けコンシェルジュ業務を、AI によって対応を可能にしたスマートフォン用チャットボットサービスです。 「ガイドブックを超える体験」をコンセプトに、世界トップレベルの開発者や研究者により開発されました。「Bebot」があれば、施設に関する細かな問合せ、周辺の観光スポット、外国人ゲストの質問やリクエストに対して、人間スタッフに代わり、英語で24時間 365 日リアルタイムに対応することが可能です。コンシェルジュ業務の一部を AI で自動化することにより、導入施設の生産性を向上させつつ、利用者の満足度向上を目指します。利用者によるアプリなどのダウンロードは一切不要、ご自身のスマートフォンのブラウザ 画面を通じて「Bebot」を利用することができます。

「伊豆クレイル」を利用する訪日外国人は、本サービスを利用して「伊豆クレイル」の運行・サービスに関する情報や沿線の観光スポットといった旅行中に役立つ情報を、スマートフォンひとつでいつでも手軽に英語で取得することが可能となります。また、本サービスの導入により多言語対応のハードルが軽減され、列車内および駅窓口等の案内業務負荷緩和と、訪日外国人の利用率・満足度の向上が期待されます。
 

 

■「Bebot」に聞くことのできる質問例
・セット料理の内容は?
・喫煙所は?
・お土産はどこで買える?
・大きい荷物の預け場所は?
・伊豆の穴場は?
・下田で遊ぶなら?

■ 「Bebot」利用可能箇所
1. リゾート列車「伊豆クレイル」
2. 上記列車停車駅のうち8駅
    JR東日本線 3駅:小田原駅、熱海駅、伊東駅
    伊豆急行線 5駅:伊豆高原駅、伊豆熱川駅、伊豆稲取駅、河津駅、伊豆急下田駅


■ 「Bebot」利用開始方法
1. 指定のQRコードを、スマートフォンのカメラで読み取る
2.「Bebot」のチャットページが立ち上がったことを確認する
3. AIとのチャットサービスが開始される

■IZU CRAILE(伊豆クレイル)とは
「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」は、自然豊かな景色の中で、伊豆の食材を使用したオリジナル料理やお酒をゆっくりと味わいながら、たくさんの会話を気軽にお楽しみいただく、クールでエレガントなリゾート列車です。車両は4両編成(座席車3両・カウンターを備えたラウンジ車1両)で、2016年7月16日より、小田原駅~伊豆急下田駅間を運転しています。
車内の料理を監修するのは、人気のフランス家庭料理レストラン「モルソー」の秋元さくらオーナーシェフ。「美しく・楽しく・親しみやすく」をモットーに、伊豆の食材を使った四季折々のメニューをご提供します(1号車・3号車のみ)。

■「Bebot」導入実績
・成田国際空港
・東京ステーションシティ(JR東日本 東京駅)
・ホテルニューオータニ
・ロイヤルパークホテルズ
ほか多数の宿泊施設

■「Bebot」導入によるメリット
・単純な問い合わせ対応自動化による、窓口業務の軽減
・言語が通じないことで発生するご意見の激減
・施設単位のカスタマイズにより、利用客の細かいニーズへの対応
・利用者のチャット履歴から潜在ニーズの発見

■会社概要
商号   : 株式会社ビースポーク
代表者  : 代表取締役 綱川 明美
所在地  : 東京都渋谷区
設立   : 2015年10月
事業内容 : インバウンド向けAIソリューション
会社URL: https://www.be-spoke.io/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビースポーク >
  3. 世界初!訪日外国人向けAIチャットボット「Bebot」 、リゾート列車「伊豆クレイル」車内・停車駅である熱海などJR8駅へ導入開始